ブログ記事をYouTubeでらららが配信しています!

2019-10

宇宙

解明される天の川銀河の謎 ~銀河の縁から中心部まで~

空気が澄んだ夏の夜空を見上げると綺麗な星空が目に入ります。その中で一際目立つのは、数多の星が集まってできた天の川です。天の川は天の川銀河と呼ばれる銀河の一部で、私たちが住んでいる地球も天の川銀河に属しています。身近でありながら遙か遠く離れた星の集まりである天の川銀河についてお話します。
惑星

金星のかつての姿とは? ~地球と似た惑星だった過去~

太陽系の惑星の1つ「金星」は、太陽系惑星の中でも特に地球に似ている惑星であることから「地球の姉妹惑星」と呼ばれることもあります。しかし、その実態は人間が住むにはかなり過酷な環境で「本当に地球と似ているのか?」と思うほどです。この疑いを晴らすかのように、2019年9月20日にとある研究が発表されました。
未分類

極秘UFO調査計画 ~プロジェクトブルーブックの不可解な事案~

冷戦時代に突入した1947年、莫大な量の目撃記録のあったUFOが、米国の脅威かどうかを判断するなどの目的から、米政府とCIAの極秘計画「プロジェクト・ブルーブック」が発足しました。元米空軍ラッペルトの指揮下、政府に寄せられた1万件以上の事件が調査され、「未確認飛行物体 UFO」という言葉が誕生しました。
地球

南海トラフ地震の被害想定 ~予言や不吉な前兆~

現代の日本で最も恐れられている災害の1つが、南海トラフ地震です。30年以内に高確率で発生すると予測されており、人的被害だけでなく経済的打撃も免れません。今回は、南海トラフの場所や地震による被害想定額と発生確率、また不吉な前兆などをまとめました。
惑星

エンケラドゥスに生命!? ~土星の衛星に希望の光が見えた~

長年、私たち人間が疑問に思っていた地球外生命体の存在に、一歩近づいた研究結果が、2019年10月に発表されました。地球外生命体がいる可能性が高い場所として研究対象となっていたのが、土星の衛星「エンケラドゥス」です。このエンケラドゥスが、どのような衛星なのかについてご紹介します。
UFO 異星人

エリア51に関する10の新事実 ~CIAが隠し通した最高機密~

エリア51に関する詳細な情報は長い間軍事機密とされ人々の関心を集めてきました。上空の巨大な飛行禁止区域も含め約60年もの間、一般人が立ち入ることができませんでした。その本当の目的について数々の陰謀論が囁かれてきました。
惑星

不規則な光を放つタビーの星 〜溶ける惑星との関係〜 

皆さんは、「タビーの星」についてご存知ですか? タビーの星とは正式名称「KIC 8462852」白鳥座の方角にある連星、連なった複数の星のことを指します。今回は、タビーの星、および未発見の天体「プルーネット」についてお話ししたいと思います。
惑星

最果ての惑星「海王星」~発見から170年が経った今~

太陽から最も遠い海王星は、今から170年前に見つかりました。名称に海という字が入っているにふさわしく、見た目はとてもきれいな青です 。今回はどうして海王星が青く見えるのかなども含めて、数々の真実についてご紹介します。

異次元の入口!? ~ポータルを証明する10の事例~

異次元に通じる玄関『ポータル』の存在を示唆する事例があります。このような事例は、UFO研究者や超常現象の研究家などが頻繁に調査しており、欧州原子核研究機構 CERNプロジェクト自体がその存在について研究しているともいわれています。
科学

奇妙な科学の物語 ~SFのような爆発的進歩~

近年、科学技術は凄まじい勢いで進化し、SF作品に出てくるような発明が次々と現実のものになっています。これまではただのオカルトだと思われてきたような現象が、科学的に実証されることも多くなってきました。 この世界には、私たちの想像が及ばない秘密が隠されているのかもしれません。
惑星

未発見の「第9惑星」その正体はブラックホールだった!?

長い年月をかけて世界中の国同士が、競い合うように宇宙に関する研究を進めてきました。そんな中、2017年10月に「宇宙は存在するはずがない」という驚きの結論を発表した機関があります。それは"欧州原子核研究機構"通称CERNです。
危機

人類存亡の危機だった!? ~実際にあった危険な科学実験10~

科学の発展のためには、理論が正しいかどうかの実験が不可欠です。そのため今でも毎秒 世界のどこかで実験が行われています。そのほとんどが安全性を確保した実験ですが、これまで行われた実験の中には安全とは言えない恐ろしい実験もありました。今回は、そのような恐ろしい科学実験をご紹介いたします。
タイトルとURLをコピーしました