ブログ記事をYouTubeでらららが配信しています!

2019-10

惑星

New 最果ての惑星「海王星」~発見から170年が経った今~

太陽から最も遠い海王星は、今から170年前に見つかりました。名称に海という字が入っているにふさわしく、見た目はとてもきれいな青です 。今回はどうして海王星が青く見えるのかなども含めて、数々の真実についてご紹介します。
科学

New 奇妙な科学の物語 ~SFのような爆発的進歩〜

近年、科学技術は凄まじい勢いで進化し、SF作品に出てくるような発明が次々と現実のものになっています。これまではただのオカルトだと思われてきたような現象が、科学的に実証されることも多くなってきました。 この世界には、私たちの想像が及ばない秘密が隠されているのかもしれません。
惑星

New 未発見の「第9惑星」その正体はブラックホールだった!?

長い年月をかけて世界中の国同士が、競い合うように宇宙に関する研究を進めてきました。そんな中、2017年10月に「宇宙は存在するはずがない」という驚きの結論を発表した機関があります。それは"欧州原子核研究機構"通称CERNです。
危機

New 人類存亡の危機だった!? ~実際にあった危険な科学実験10~

科学の発展のためには、理論が正しいかどうかの実験が不可欠です。そのため今でも毎秒 世界のどこかで実験が行われています。そのほとんどが安全性を確保した実験ですが、これまで行われた実験の中には安全とは言えない恐ろしい実験もありました。今回は、そのような恐ろしい科学実験をご紹介いたします。
未分類

New プロキシマB ~地球外生命体が存在する可能性~

2016年 欧州南天天文台(ESO)が、新たな太陽系外惑星を発見しプロキシマbと命名しました。この名称は主星であるプロキシマケンタウリに由来します。プロキシマbは、地球とよく似た惑星で「第2の地球」と呼ばれており、生命活動に必要なだけの水が存在する可能性が残されていることが分かりました。

宇宙は存在しない!? ~物理学が解き明かす謎~

長い年月をかけて世界中の国同士が、競い合うように宇宙に関する研究を進めてきました。そんな中で、2017年10月に「宇宙は存在するはずがない」という驚きの結論を発表した機関があります。それは"欧州原子核研究機構"通称CERNです。
未来

地球外生命体と接触した時 ~決められた10のルール~

そう遠くない未来、およそ20年後には、人類は異星人と接触するだろうと言われています。ここでは、宇宙飛行士が地球外生命体と接触した場合や、反対に彼らが地球との接点を持った場合などに適用される、規制や規則の数々を紹介します。
宇宙

新・月面着陸計画が発足!? ~アルテミス計画~

人々は長年 宇宙に惹きつけられてきました。そんな月に最初に着陸した地球人は、有名なアームストロングです。実はアームストロングは今から50年前に月に着陸しました。あれから50年経った今、新たな月面着陸計画が進められています。その名も「アルテミス計画」です。
歴史

ピラミッドが「エネルギー装置」とされる10の理由

エジプトのシンボルとされる「ギザの大ピラミッド」。 エジプト第4王朝のファラオであったクフ王の墓であるとされていますが、実は古代の「エネルギー装置」であるという説があります。
惑星

太陽系に地球外生命体が!? ~土星の衛星タイタンにて新たな研究~

「地球以外のどこかに生命体が存在したら面白いな」 この人類の想像は、多くの映画作品やマンガを生み出してきました。また、実際に地球外生命体の存在を確認すべく宇宙に関する研究が進められてきました。そして、新たな研究が始まろうとしています。舞台となるのは、土星の衛星「タイタン」です。
未来

100年後の人類 ~私たちの生活に起こる変化6選~

私たちが子供の頃と比べ、現代の技術進化はめまぐるしいです。子供の頃、車が空を飛んでいることを夢見ていた大人も多いのではないでしょうか? これから人類の生活に訪れる衝撃的な変化の中から、いくつか紹介致しましょう。
宇宙

月の裏側の謎にせまる ~人類初の探査機が発見した新事実~

月と地球は自転・公転が同期しており地球からは常に月の片面しか見えません。便宜上、見えている方を表、見えていない方を裏と呼んでいます。この「月の裏側」を見たことがある人類は、かの有名なアポロ8号に乗っていた乗組員だけです。今回は、人類初の「月の裏側の探査」が中国によって行われ、明らかになった最新の情報をお届けします。
タイトルとURLをコピーしました