YouTubeでもチェック&チャンネル登録!

現人類の運命を変えた事件 ~5500万年前の地球温暖化~

現人類の運命を変えた事件 ~5500万年前の地球温暖化~地球
現人類の運命を変えた事件 ~5500万年前の地球温暖化~

 

わたしたち人類の祖先は、約20万年前に生まれ、古代文明については諸説ありますが、約5500年前に人類最古の文明といわれるシュメール文明がはじまりました。

しかし、米国の天文学者アダム・フランク教授と気象学者ゲイヴィン・シュミット博士が発表した論文には、5500万年も前の地球に現人類と同等の文明が繁栄していたと示唆する内容が掲載されました。

今回のLALALAミステリーは、フランク教授が主張する5500万年前の文明とその当時、地球に起こっていた出来事をご紹介します。

 

LALALAちゃんねる!の動画で見る


 

スポンサードリンク

 

人類が未来に残す痕跡

地質学の時代区分では、人類が地球環境に大きな影響を与えるようになった近年を人新生と呼びますが、フランク教授は、人新生が未来に残す痕跡は何かと考えました。

まず、思いつくのは建築物や機械製品ですが、残念ながらそれらが数百万年後に残っている確証はありません。

教授がたどり着いたのは、化石燃料を燃やした際に生成される放射性炭素でした。

化石燃料を燃やすと二酸化炭素が大気中に放出され、それが大量になると、顕著な気温上昇や放射性炭素量の増加が見られます。

わたしたちの生活は、短期間にこの放射性炭素を増加させ、大量の二酸化炭素の放出を続けています。

そのため、地球温暖化が危ぶまれているのですが、こうした現象が人新生以前にもあるとすれば、化石燃料を使用した文明が存在したという1つの証拠になるという説をフランク教授らは発表しました。

驚くべきことに、5500万年前に放射性炭素が増加した時代がありました。

それまで寒冷していた地球で急激に温暖化が起き、気温は現在より15度も高くなり、南極の気温は21度まで上がりました。

この時、放射性炭素の比率が現在と近かったことも判明しているといいます。

暁新世と始新生という二つの地質学的時代の境界で起きたことから、暁新世‐始新生温暖化極大と呼ばれ、長年、その原因は謎とされてきました。

 

人類以前の文明

教授らの説が正しいとすると、人類が誕生する遥か昔、現代に似た文明が存在したことになりますが、この文明をを生んだ生命体は、一体誰なのでしょうか。

教授らは、そのことについては言及していませんが、ただ、哺乳類が誕生したのは、6000万年前以降とされており、もしかすると、哺乳類だったかもしれませんし、地球に飛来した宇宙人だったかもしれませんし、わたしたちが思いもよらないまったく別の地球由来の生命体だったかもしれません。

残念ながら、教授の説を実証する方法は、現代の科学技術には存在しませんが、この話題を考えると歴史ロマンが尽きません。

 

スポンサードリンク

 

5500万年前に起きた奇跡

暁新世‐始新生温暖化極大は、新生代に発生した温暖化現象の中では史上最大規模のもので、地球全体の平均気温が5℃~9℃上昇し、全球的に熱帯気候や亜熱帯気候が拡大し、海でも大きな変化が起こり、海水は酸性化されました。

そのため、海底に暮らしていた底生有孔虫群集の20%~40%が絶滅することになりました。

底生有孔虫群集は、白亜紀から地球を支配していた生物で現代もその生き残りが生き続けていますが、5500万年前にその20%~40%が絶滅することになったのは衝撃的な事件だったに違いありません。

それと引き換えに暁新世‐始新生温暖化極大は、霊長類の進化史に大きな影響を与えました。

また、当時のユーラシア大陸と北米大陸は、ベーリング地峡で繋がっていましたが、寒冷していたこの地域が、暁新世始新生温

暖化極大により温暖化されたことで、ベーリング陸橋にも亜熱帯の樹木が生育するようになりました。

そのため、動物の移動が可能となり、哺乳類の中でも肉歯目や齧歯目の動物たちがこの時代にアジアから北米へ進出したといわれています。

 

最古の霊長類

霊長類の進化は、6500万年前にはじまったと考えられており、この時、現代の霊長類に近いプレシアダピス類というグループが生まれています。

その後、プレシアダピス類が絶滅し、暁新世‐始新生温暖化極大の頃に現代の霊長類の祖先であるアダピス類とオモミス類が誕生しました。

アダピス類からは、キツネザル類・ロリス類が進化し、オモミス類からメガネザル類と真猿類が進化したと考えられており、このうちの真猿類からヒトと猿が進化したと考えられています。

霊長類が暁新世‐始新生温暖化極大の影響を受けなかったら、もしかしたらわたしたち、現人類は存在しなかったかもしれません。

 

スポンサードリンク

 

温暖化の終息

暁新世‐始新生温暖化極大は、一説には2万年の温暖化が続いたあと、1万年をかけて光合成により終息に向かったといわれています。

このことから、現在進行中とされている地球温暖化も やがて回復する時を向かえ、暴走温室効果には至らないと示唆されています。

 

人類以前の文明説

長年、謎とされてきた暁新世‐始新生温暖化極大を起こした二酸化炭素の大量増加の原因として、有力視されているものは、

① 北大西洋海底で火山活動が活発化し、海底の堆積物中にメタンハイドレートが融解した、メタンハイドレート説。

② 火山活動説。

洪水玄武岩という現象の起源となった、火山活動にともなって放出された二酸化炭素が原因であるという説。

③ のちに、ヒマラヤ山脈を形成する地域の海底に堆積していた有機物が酸化したとする、 海底有機物の酸化説。

④ 暁新世の中期から後期に埋没した泥炭が火災で燃焼し、二酸化炭素を発生させたとする、陸上有機物の酸化説。

⑤ 炭素12を多く含む、彗星が地球に衝突し二酸化炭素が増加したとする説。

⑥ そして、ここにフランク教授らが説いた、5500万年前の超古代文明が化石燃料を燃やしたという、人類以前の文明説が加わります。

 

スポンサードリンク

 

文明の興亡

5500万年前の地球温暖化の影響を受け、当時の霊長類は進化を遂げました。

この進化の遥かのちに 人類が生まれることになったのです。

つまり、5500万年前の地球温暖化が火山活動によるものではなく、フランク教授の説のように人類以前の文明によるものであったのなら、5500万年前に存在した謎の文明が、わたしたちがこの宇宙に生まれるきっかけを作り出したことになります。

人類でもなかったと考えられる、5500万年前の未知の生命体が、わたしたちの時代を地球の歴史に刻んだといっても過言ではないと思えます。

これは、素敵なお話ではありませんか?

地球という、46億年の壮大な時間の中で、わたしたち人類もほかの生命や自然現象と等しく、繋がっていることが感じ取れるのではないでしょうか。

また、5500万年前の地球温暖化は、2万年続いたといわれ、その要因である二酸化炭素は、光合成という自然の力により、1万年をかけて終息したといわれています。

これには、地球の大きな可能性を感じずにはいられません。

仮に、現代のわたしたちが地球を温暖化し、いずれわたしたちの文明が滅んだとしても、数千年から1万年後にはこの温暖化もおさまり、その数千数百万年後には、わたしたちの文明の影響を受けた別の生命体が、この地球で新たな歴史を刻んでいく。

地球という壮大な時間の中で、命は引き継がれていく。

そう思うと、時を超えた希望を感じずにはいられません。

 

いかがでしたか?
5500万年前に起きた大規模な地球温暖化によって、現在の豊かな地球環境と生態系があることがわかりましたが、その奇跡がなぜ起きたのか、それはいまだ解明されていません。ですが、近年、5500万年前のメガネザルの化石が中国で発見されたそうです。いずれ、5500万年前の謎が解明される時を、期待して待ちましょう。

 

参考 : afpbb, The Atlantic,  Metro,など

 

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました