ブログ記事をYouTubeでらららが配信しています!

身近なのに意外と知らない!?1日が24時間の理由

身近なのに意外と知らない!?1日が24時間の理由 雑学
身近なのに意外と知らない!?1日が24時間の理由

忙しい日々を過ごしていると、ついつい睡眠時間や、自由な時間がなくなってしまいます。「1日24時間とはいわず、25時間あったら・・・いや、26時間は欲しい!なんて考えた経験はないでしょうか。

 

確かに、1日が25時間あると、時間が増えた気がして嬉しいですよね。 どうして、1日は24時間しかないのでしょうか その歴史を見てみましょう。

 

LALALAちゃんねる!の動画で見る

1日は何故24時間なのか? 

 

いくつかの説がありますが、古代エジプト人が、最初に1日をいくつかの間隔に区切り始めたのが起源と言われています。文書に、古代エジプト人が1日をはかるために、日時計を使い始めたと、のこっています。

 

古代エジプト人が考案した日時計 

 

その日時計とは、地面に棒をさして、棒の影の方向・長さで時間を計算するというものです。その後、日時計は改良が重ねられ、T字の棒を地面にさして、その影の方向を、12にわける方法が編み出されました。では、どうして12に分けようと思ったのか?それは、エジプトでよく使われていた、十二進法からきたのではないかと考えられています。

 

つまり、12を基準に数えていた、というわけなのです。ちなみに、当時の分割された時間は、長くなったり短くなったりと、季節によって変化するものでした。夏と冬では、日中の長さは変わります。

 

そのため、当時はその変化も含めて、1時間、2時間と捉えていたようです。また、これは棒の影を基準に、1日を考えていたので、影の出来ない夜の時間は、計測できないものとされていました。 

スポンサーリンク

日中だけのものだった時計が、夜のものになった 

 

しかし、日が暮れたら時計がない、というのも中々不便ですよね。そのため、夜もなんとかして時計を用いて、時間をはかれないかという取り組みがされました。のような取り組みによって出てきたのが、星の動きを観察する方法、水を利用する方法などです。

 

正確に昼も夜も時間が計測できるようになり、ここから1日を24分割できるようになりました。しかし、世間に正確な時計が普及するのは、14世紀ごろと、かなり後だったようです。その理由ともなったのが、機械時計の出現です。それまでは、ずっと、季節によって違う1時間を過ごしていました。 

 

1分は何故60秒なのか? 

 

次は1が60秒の理由について、ご説明します。これも先ほどと同様、進法を利用したことが理由です。時間には十二進法でしたが、には六十進法が使われ、1分が60に分割されました。

 

六十進法は何から生まれたのかはわかりませんが、この60というのが、とても便利な数字なのです。60はいくつもの公約数を持つ、つまりは、1、2、3、4、5、6、10など、多くの数で割り切れるのです。 

スポンサーリンク

うるう秒 

 

皆さんもうるう年というのは、ご存知だと思います。それでは、うるう秒についてはご存知でしょうか?時計と、地球の自転に基づいた時間には、微妙なずれがあります。そのずれをなるべく解消するため、数年に1度、1秒を追加するのです。

 

23時59分60秒と、本来存在しないはずの1秒を追加して、調整をしています。ちなみに、このうるう秒を廃止しようとする運動もあります。うるう秒で調整する際には、手動で行うことになりますので、ミスなども起きやすくなります。

 

廃止しようとする声、継続しようとする声の、両方があるため、今後はうるう秒の存続が検討されることでしょう。 

 

いかがでしたか?
今では当たり前に使う時間の単位ですが、昔の人が試行錯誤して、生まれたものなので1日が25時間になることはなさそうですが、古代の知恵がたくさん詰まった、時間を大切に過ごしたいですね。 
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました