ブログ記事をYouTubeでらららが配信しています!

太陽なんか小さい? ~宇宙にある巨大な星トップ10~

太陽なんか小さい? ~宇宙にある巨大な星トップ10~ 惑星
太陽なんか小さい? ~宇宙にある巨大な星トップ10~

今でも多くの謎を持ったミステリアスな宇宙は、人間の興味をひいてやみません。私たちにとって、太陽はとても大きい存在です。しかし、宇宙には、太陽よりも大きい星が、たくさんあるのです。

今回は、今までの研究で分かっていることを参考に、宇宙の数ある星の中でも、特に大きい星を、1位から順に、ランキング形式でお送りします。

 

LALALAちゃんねる!の動画で見る

宇宙一のサイズ【たて座 UY星】

栄えある1位は、たて座UY星です。なんと、太陽の約1708倍!変光の周期は、約740日ということが、わかっています。

しかし、この星もまだまだ調査中で、実は大きさ質量の推定値は正確じゃないとか。
今後もさらなる調査に期待ですね!

スポンサーリンク

重力がほぼない!?【はくちょう座 V1489星】

太陽の約1650倍と、超ビッグサイズ。約55年前の1965年に見つかっている星です。重力は地球の2900分の1と、かなり少ない状態です。

そのため、表面からはかなり多くの物質が、放出されています。

北海道では全く見えない【WOH G64】

太陽の約1540倍から、約1730倍はあると考えられている星です。星座としては、かじき座の一部分です。日本で見られる場所は決まっており、かじき座の全体像を見られるのは、沖ノ鳥島くらいです。

大マゼラン雲という銀河に、位置しています。

スポンサーリンク

北極星の近くで見つけやすい【ケフェウス座 RW星】

ケフェウス座RW星は、太陽の1535倍と、かなりのビッグサイズ。ケフェウス座には、他にもいくつもの巨大な星がありますが、その中でもRW星がひときわ目を引きます。

ケフェウス座は、北極星の近くに位置しており、秋にはよく見えます。

これからの研究に期待【ウェスタールンド 1-26】

太陽の約1530倍と考えられていますが、実は、まだまだサイズも不正確。ご紹介したように、太陽の1530倍のサイズとも、もしくは2544倍のサイズとも、いわれているのです。

かなり大きいことはわかっているのですが、まだまだ研究途中ですね。表面温度に関しては、超巨星にしては、かなり低めの3000Kだそうです。

スポンサーリンク

時には宇宙一【いて座 VX星】

いて座VX星は、基本的には、太陽の1520倍です。しかし、いて座VX星は、観測のタイミングによって、かなり大きさが変化します。

時には、1350倍、そして時には1940倍と、宇宙で最大サイズになることもあります。いて座は夏に見える星座ですので、ぜひ、宵の頃に、南の空を見上げてみましょう。

みんなが見上げる天の川に【ケフェウス座 V354星】

第7位になると、太陽の1500倍を超え、ケフェウス座は約1520倍となります。実は、この星は天の川の一部なのです。赤く光る、とても大きく存在感のある星です。

しかし、光度などはまだ不明瞭で、さらなる調査が必要です。

スポンサーリンク

大きいのに見えない【いて座 KW星】

太陽の1460倍で、太陽と比べてもかなりのビッグサイズです。「これだけ大きいのなら、空を見上げたら見えるんじゃないのか?」と思いますが、実は、約7800光年離れた場所にあるので、肉眼で見ることはできません。

高度は太陽の17万6千倍から、36万倍あるといわれている星です。

密度が小さい【おおいぬ座 VY星】

サイズとしては、太陽の約1420倍の大きさです。見た目は大きいのですが、中身はほぼガスなので、とっても軽いです。あまりにも軽いので、爆発してブラックホールになるものだと考えられています。

今回ご紹介する、トップ10の星の中では、特に輝きが強い星です。

スポンサーリンク

赤く輝く【ガーネット・スター】

ガーネット・スターは、太陽の約1420倍です。星座の中では、ケフェウス座に属します。10位の時点で、太陽の1000倍以上だなんて、宇宙は広いのですね。

ガーネットというだけあり、とても強い光を放つ、赤く輝く星です。双眼鏡でも見られる数少ない星で、一般人でも楽しめます。

 

いかがでしたか?
宇宙にはたくさんの星があり、こんなにも大きな星が、どこかに存在しているのです。
これからも研究が進むでしょうし、さらに大きな星が見つかるかもしれませんね。
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました