YouTubeでもチェック&チャンネル登録!

真訳1999年7の月 ~ノストラダムスの予言は外れていなかった~

真訳1999年7の月 ~ノストラダムスの予言は外れていなかった~未来
真訳1999年7の月 ~ノストラダムスの予言は外れていなかった~

 

1973年に日本で発売された『ノストラダムスの大予言』は、当時250万部を超えるベストセラーになりました。

特に話題となったのは、「1999年7の月 空から恐怖の大王が降ってきて人類は滅亡する」という予言でした。

この予言を読んだ人々は、文字どおり1999年7月に隕石か、何かが空から降ってきて人類が滅亡するのではないかと考えました。

26年後の1999年。日本では、再び『ノストラダムスの大予言』が話題となり、テレビでもその特集が組まれました。

1973年と違っていたことは、1993年に北朝鮮がはじめてミサイル発射実験を行い、1998年にテポドン1号を発射していたことから、「恐怖の大王」は隕石ではなく、北朝鮮による核ミサイル攻撃なのではないかと特集されたことでした。

人々は予言された7月が来るのを固唾を呑んで待ちました。しかし、1999年7月、日本でも世界でも「恐怖の大王」を確認することはできませんでした。

人々は、「予言は外れた。」「ノストラダムスの予言は当たらない。」と考え、ノストラダムスに関する出版物の人気がなくなりました。

しかし、近年、「1999年7の月」の予言は、外れていなかったとされる説が話題になっています。

今回は、その真説と2022年に起こるであろうノストラダムスの予言をご紹介します。

 

LALALAちゃんねる!の動画で見る


 

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク

 

参考 : history, wikipedia, など

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました