YouTubeでもチェック&チャンネル登録!

人類の危機 避難先は火星!? ~火星移住計画は人類滅亡を予見していた~

人類の危機 避難先は火星!? ~火星移住計画は人類滅亡を予見していた~未来
人類の危機 避難先は火星!? ~火星移住計画は人類滅亡を予見していた~

 

1968年、叙事詩的SF映画『2001年宇宙の旅』が公開され、SF映画の金字塔となりました。

それから33年後、正にその2001年に米国の大富豪、デニス・チトー氏が必要経費を全額負担することで、民間人として初の宇宙旅行を成功させ、 国際宇宙ステーションへ8日間滞在しました。

それから20年後、民間人としては10人目、日本人民間人としては初の宇宙旅行を前澤友作氏が実現させました。

2028年には米国の宇宙旅行産業が140億ドル(約1.5兆円)になるとの予測もあります。

中でも最も有力とされているのは、米国のイーロン・マスク氏が創設したスペースX社です。

彼は、民間人をISSに滞在させる旅行サービスをすでに成功させ、2023年には月へのツアーを用意しています。

連邦機関であるNASAが2024年に月面有人着陸を、2028年に月面基地建設を予定する中、マスク氏は2026年には、火星への有人飛行を成功させると公言し、最終目標は「人類の火星移住」だと、スペースX社を設立する以前の2016年に明言していたといいます。

果たして彼は、人類を火星に移住させることができるのでしょうか。

彼にならできるかもしれない理由を、都市伝説を交えながらご紹介していきます。

 

LALALAちゃんねる!の動画で見る

 

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク

 

参考 : theguardian, arstechnica, など

 

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました