YouTubeでもチェック&チャンネル登録!

2030年氷河期が到来する!? ~地球は温暖化ではなく寒冷化している~

2030年氷河期が到来する!? ~地球は温暖化ではなく寒冷化している~地球
2030年氷河期が到来する!? ~地球は温暖化ではなく寒冷化している~

 

2015年7月、イギリスの研究グループがある衝撃的な発表をしました。

それは「2030年に地球に氷河期が訪れる」というもので、しかもその確率は97%という極めて高い数値であり、世界中を驚かせました。

日本でも週刊ポストに取り上げられるなどして話題になりました。

この説は、太陽の力が弱まってきているという新たな危機を予感させるものでもありました。

 

LALALAちゃんねる!の動画で見る


 

スポンサードリンク

 

氷河期2030年到来説

この「氷河期2030年到来説」を発表したのは、ノーザンブリア大学教授バレンティーナ・ザーコバです。

ザーコバ教授いわく、彼が率いる研究チームの調査により、太陽の力が弱まっていることがわかったといいます。

太陽の南と北に分かれている二つの電磁波層がうまく同期しなかったため、太陽の活動停止が起こっており、エネルギーが弱まっているというのです。

その影響地球が寒冷化する可能性が高く、しかもこの寒冷化現象は2030年代にはさらに増大し、太陽の熱エネルギーは、2015年から比べて60%くらいまで低下すると予測しています。

これは1645年に起きた「マウンダー極小期」と状況が酷似しており、「ミニ氷河期」の到来を予感させる内容となっています。

太陽が活発に活動しているかどうかは、黒点の数により判断されます。

黒点とは太陽表面に見える黒い点のことで、 磁場の影響により、通常の太陽表面温度より低い部分が黒く見えているものです。

これが存在するということは太陽が活発に活動している証拠であると解釈されており、通常であれば4~5万個が観測されます。

太陽の黒点数は400年間に渡って計測されていますが、「マウンダー極小期」の30年間の記録では、約50個程度しか観測できなかったといい、異常な状態であったのは明確です。

このときに地球の平均気温は通常より約1.5度ほど下がったと考えられています。

海外ではイギリスのテムズ川、北ヨーロッパのバルト海などが凍結したといわれています。

日本で言えば、寛永の大飢饉、延宝の飢饉、天和の飢饉、元禄の飢饉などの時代が該当します。

これらのことからも、その被害は甚大なものだったということがわかります。

 

スポンサードリンク

 

「氷河期2030年到来説」が現実のものとなれば、「このマウンダー極小期」のときよりもさらに地球の気温が下がってしまうと予測されています。

アメリカとカナダに位置する五大湖(スペリオル湖、ミシガン湖、ヒューロン湖、エリー湖、オンタリオ湖)が凍結したり、北海道にも巨大な氷河が現れる可能性があるといいます。

想像できる被害としては、農作物の不作による食糧危機、交通機関の乱れ、流通の問題などが深刻になると考えられます。

しかも、過去の「マウンダー極小期」は約70年間という長期間に渡って続きました。

同じように長期間に渡ってミニ氷河期が続くのであれば、世界規模の大変な環境問題となるでしょう。

ザーコバ教授は、2030年にミニ氷河期がくる可能性は97%と断言しています。

そしてNASA(アメリカ航空宇宙局)も、ザーコバ教授の研究発表から約3ヶ月後の2015年10月に、地球が大規模な寒冷化に陥る可能性があると発表しました。

人工衛星からの解析データによると、南極の氷が増えているといいます。

その量は1992~2001年には1120億トン、2003~2008年には820億トンという膨大なもので、寒冷化の進行を証明しているといえます。

 

寒冷化? 温暖化?

しかし、ここで疑問になるのが、「近年の大きな環境問題となっていたはずの地球温暖化はどうなったのか?」ということではないでしょうか。

温室効果ガス内の二酸化炭素濃度の上昇により、地球の温度は寒冷化ではなく上がっており、南極や北極の氷はどんどんとけていっているというのが一般的な認識でしょう。

地球温暖化の問題についての情報や対策は、世界中の専門家たちで構成された国際的な政府間機構、IPCC(気候変動に関する政府間パネル)の影響力が非常に強いのが現状です。

IPCCが数年に一度発行する評価報告書は、世界中の環境対策を左右するほどの影響力をもっており、2007年の報告書では、このまま北極や南極の氷が溶け海の水が増え続ければ100年後には沈没する国も出てくるとされています。

しかし、その一方で、2009年ごろから「この温暖仮説は嘘だった」という議論が盛んになり、これを扱った書籍もたくさん発売されています。

南極の氷は減るどころか増えているのが現実だとして反論する人が多くなっており、専門家に限らず一般の人々のあいだでも温暖化について激しい賛否両論が繰り返されていますが、まだ確実な答えは出ていないといえます。

 

スポンサードリンク

 

寒冷化と太陽エネルギー低下

地球規模の環境対策となれば、当然巨額な資金が動くので、私利私欲の影が温暖化問題を動かしている可能性も考えられます。

温暖化の実態を把握するのはなかなか困難ですが、少なくとも、温暖化について一般に伝えられている情報が必ずしも真実ではないという可能性は十分にあると考えられます。

地球温暖化に対して私たちが日頃知り得る情報について、もちろんすべてが虚偽だとは言えませんが、真実として信じ込んでしまうのは危険かもしれません。

例えば、南極の氷が溶けて減ったことにより、ホッキョクグマが餌場を失っているという痛ましい話があります。

それによりホッキョクグマが絶滅の危機に瀕しているということ自体は事実であり、しっかりと考えていかなければいけない問題です。

しかし、南極の氷が溶けることにより氷河の全体量が減ったのではなく、逆に上回る勢いで氷が増えたということも専門家によって証明されています。

また、2030年に氷河期が到来するという説は確かに驚異的なものですが、そのことよりも「太陽の熱エネルギーが弱まっている」という事実のほうが気がかりにも感じられます。

太陽には活動周期がありますが、2015~2019年のサイクル24は、過去のデータと比較してワースト3位に入るほどの弱い太陽活動だったことがわかっています。

2020年頃から始まったサイクル25では、さらに太陽エネルギーは弱まっていくと考えられており、回復の兆しはすぐには見えないと言われています。

そして2030年のサイクル26では、地球上に被害が出るほどのミニ氷河期がついに訪れるというのです。

太陽の黒点消滅の詳しい原因はわかっていませんが、何かしらの重大な異常が太陽に起きているのだとすれば、ミニ氷河期は太陽崩壊の序章にすぎなかったという可能性もゼロではありません。

 

私たちの生活と太陽活動

太陽活動が弱いと言っても、私たちがそれを実感するのは難しいかもしれません。

しかし、太陽活動の低下は、実は意外なところにも影響を及ぼしています。
身近なところでは、パソコンやスマホの原因不明のフリーズや動作不良が、実はその影響によるものかもしれないともいわれています。

宇宙空間には宇宙線と呼ばれるエネルギーが飛び交っており、これは人体に影響を及ぼすほど外があるものではありませんが、コンピュータなどの精密機器の基盤に当たると不具合を起こします。

太陽活動が弱まることで、この宇宙線が太陽系内に入りやすくなっており、地球にも通常より多く降り注ぐことになります。

スマホやパソコンの不具合が覆いという場合などは、この宇宙線によるものだと考えられます。

氷河期2030年到来説は、地球温暖化説に対しての今までの常識を覆すような一面ももっていますが、それだけではなく、太陽についても目を向け直すきっかけになるといえます。

圧倒的な存在であり、永遠のエネルギーと思ってしまいがちな太陽ですが、それは絶対的なものではなく、いつかはなくなってしまう資源のひとつであるということを考えなければいけません。

太陽の恩恵がなければ私たち地球人の生存は絶望的ですが、現在の地球人のレベルでは、もし太陽が危機的状況にあっても救済できるような力はありません。

太陽の活動について考えることは、防災についての認識を高める結果に繋がります。

 

いかがでしたか?
「2030年氷河期到来説」は、オカルトファンだけでなく天体観測ファンからも注目されています。その行く末がどうなるのか、今後の太陽の動向が気になるところです。

 

参考 : news.sky, wired, など

 

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました