YouTubeでもチェック&チャンネル登録!

ゾロアスター教の終末預言 ~最古の預言者が見た世界の終わり~

ゾロアスター教の終末預言 ~最古の預言者が見た世界の終わり~地球
ゾロアスター教の終末預言 ~最古の預言者が見た世界の終わり~

 

ゾロアスター教という宗教の名前を聞いたことがありますか?

イスラム教より前に、現在のイランを中心に広まり、人類初の世界宗教だと伝えられています。

誕生から現在までの間に、他の多くの宗教に大きな影響を与えたとも言われています。

この宗教の成立年代には諸説あり、紀元前1200年頃だった説、紀元前7世紀頃だった説が有力ではありますが、まだ明確にはなっていません。

この宗教と世界の終わりには、どんな繋がりが存在するのでしょうか?

 

LALALAちゃんねる!の動画で見る


スポンサードリンク

 

ゾロアスター教の始まり

古代ペルシア人の聖人であったゾロアスターが開祖したと言われています。

その当時、イラン高原には古代アーリア人が暮らしており、複数の神を信仰する「原イラン多神教」を信仰していました。

これを基にして、智恵ある神を意味する「アフラ・マズダー」を信仰の対象としたのが、ゾロアスター教の始まりだったのです。

 

信仰の規模はどのぐらい?

ゾロアスター教は、紀元前6世紀のアケメネス朝ペルシアにおいて、一説によると 王家や国家の中枢を司るペルシア人の大半が信仰する宗教として広く信仰されていたようです。

しかしその一方で、サーサーン朝が成立する3世紀頃まで、アーリア人たちが信仰する複数の宗教の1つであるという位置づけでしかなかったという逆説も存在します。

7世紀になると、中近東の大部分を支配していたイランの3つの帝国の国教になるぐらい勢力を拡大し、この宗教の権威はかなり偉大であったことがうかがえます。

さらに、ユダヤ教、イスラム教、キリスト教、仏教にまでゾロアスター教の教義が取り入れられ、さらに他の宗教に至るまで影響力を及ぼしたのも分かります。

 

スポンサードリンク

 

ゾロアスター教の教義とは?

ゾロアスター教は一神教で、「アフラ・マズダー」を最高神としています。

「アフラ・マズダー」の象徴は火であり、人々は火を崇拝しました。

別名拝火教とも呼ばれ、ゾロアスター教の中の世界は、始まりから終わりまでが12000年と考えられています。

この宗教には、最高神「アフラ・マズダー」に対して、悪い神である「アンラ・マンユ」も存在します。

善と悪の神はいつも対立しており、それぞれ七の神で構成されているとされています。

一神教と言うと、神1人だけを信仰するのが普通ですが、ゾロアスター教の場合にはそれ以外の神も複数登場します。

つまり、善悪の神が登場するゾロアスター教の教義は、「善悪二元論」になるというわけなのです。

 

善悪二元論の考え方を知る!

ゾロアスター教における善悪二元論には、善の神と悪の神の2人が登場します。

善の神の代表がアフラ・マズダーで、喜びや幸せ、快楽などのプラスのものを全て創り出したとされています。

それに対して、悪の神の代表がアンラ・マンユで、苦痛や憎しみなどの感情をはじめとするマイナスのものを創ったとされています。

ゾロアスター教の始まりから終わりまでが12000年なので、その間、善悪の神々が争い続けているとされています。

その期間を、4分の1である3000年ごとに分けて考えていました。

人生で苦しく辛い出来事が続くのは、争いの中で悪の神が優勢の時であり、その反対に善い神が優勢の時には、楽しく幸せの日々が続くとされていました。

また、3つに区切られた時代をそれぞれ「創造の時代」、「混合の時代」、「分離の時代」としていました。

 

スポンサードリンク

 

3つに区切られた時代とは?

ゾロアスター教の最高神アフラ・マズダーが創ったとされる「創造の時代」は、世界がプラスのエネルギーに溢れている完璧な時代を指しました。

そこに悪の神であるアンラ・マンユが攻めてきたので、「混合の時代」に突入することになりました。

現在、私たちが生きている時代は「混合の時代」だと言われています。

この時代は、善悪の闘争時代であり、全人類はこの戦いに巻き込まれていくそうです。

 

ゾロアスター教における最後の審判とは?

ゾロアスター教では人間は死ぬと、死後の審判を受けることになると言います。

まず、死んでから3日は自分の遺体の周辺を彷徨い、これまでの生きてきた時の行いについて回想するそうです。

4日目に生前の行いが良かった場合には、美しい女性が迎えに来て、心地よい風と共にエルブルズ山の頂上に導かれていくそうです。

それに対して、生前の行いが悪かった場合、恐ろしい魔女が迎えに来て、悪臭と心地悪さに包まれた風と共にエルブルズ山へと連れていかれるそうです。

この死者を迎えに来る女性は、自分の分身のような存在だと言われています。

 

スポンサードリンク

 

最後の審判で決まることとは?

死者が向かったエルブルズ山にはラシュヌ、スラオシャ、ミスラという3人の神がいて、最後の審判を下します。

ここでは、生前の行いを天秤にかけて計量されます。

生前の善い行いと悪い行いが同じであった場合には、中間の冥界であるハミスタガーンに向かうことになります。

中間の冥界は苦痛も快楽もない、本当の意味での中間を感じる場所なのだそうです。

この審判で、ここに行かなかった人たちは、エルブルズ山と天の世界とを結ぶチンワト橋に連れていかれます。

この橋は、渡る人によって形が変わるという珍しい橋です。

例えば、生前に善い行いをしていた場合、橋の幅が広くなり天の世界へと渡ることができます。

しかし、生前に悪い行いをしていた場合、橋の幅が最後まで渡れないように細くなってしまい、地獄に落ちることになるのです。

 

ゾロアスター教の天国構成とは?

ゾロアスター教の天国と地獄は、4つの階層に分かれています。

まず、天の世界である天国の最下層には、生前に善い心や思想を持っていた人が行く善思界があります。

次に、その上の層には、善い言葉を持っていた人が行く善語界があります。

そしてさらに上の層には、生前に善い行いをし、自分の役目や役割を終えた人が行く善行界があります。

これらの3つをゾロアスター教では、善思・善語・善行を合わせて三徳と呼んでいます。

善行界の最上部にあるのが完全な天国で、そこにはアフラ・マズダーが住んでいて、この宗教の教えを守っている人々が美しく穏やかに暮らしているのだと言います。

 

スポンサードリンク

 

ゾロアスター教の地獄の構成とは?

天国同様に、地獄も4つの階層に分かれています。

「悪思界」、「悪語界」、「悪行界」が上から順番並んでおり、最下層には「嘘の家」と呼ばれる場所にアンラ・マンユが住んでいるとされています。

地獄では、さまざまな苦行を強いられると言います。

例えば、毒虫に刺される、獣に襲われる、汚物を食べさせられるなど、屈辱以外の何ものでもありません。

 

最後の審判と終末論

ゾロアスター教では、死後の世界は有限なのです。

最終的には救世主「サオシュヤント」が現れ、善が悪に勝ち、戦いが終結するそうです。

この人が登場すると、全てのものが亡くなった元の場所に戻り、完全な姿で復活すると言われています。

復活した人々は改めて審判を受け、天国と地獄へ振り分けられるのです。

これが、最後の審判と呼ばれるものです。

今までの地獄とは違い、送られた人は3日間しか罰を受けません。

そして、4日目には善と悪による最後の戦いが行われ、善の勢力が地下のマグマを溢れさせることにより、地表が焼き尽くされます。

善人も悪人も全てが焼き尽くされ、浄化されてしまうと言うのです。

マグマは地獄にまで到達し、全てを焼き尽くし、最終的には悪は消滅し、善人だけが不死の存在とて復活するそうです。

これが最後の審判の後の世界であり、ゾロアスター教では面白いことにシナリオが初めから決まっているのです。

これは、ゾロアスター教の誕生から約3000年で起こると言われているのです。

 

いかがでしたか
紀元前7世紀に、ゾロアスター教が誕生した説が真実であれば、あと約300年ぐらいで最後の審判が起こる計算になります。本当に最後の審判が起こるかは分かりませんが、世の中の悪がなくなり、善しか残らなくなったらどんな世界が待っているのでしょうか?その世界を想像するだけでもかなり面白いですし、興味深いですね。
スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました