ブログ記事をYouTubeでらららが配信しています!

ブロック宇宙論 ~時間は流れてなく未来は既に決定している~

ブロック宇宙論 ~時間は流れてなく未来は既に決定している~ 宇宙
ブロック宇宙論 ~時間は流れてなく未来は既に決定している~

 

時間は、一瞬一瞬流れていきます。過去に戻ることは出来ず、未来を見ることも出来ません。SFではメジャーなタイムトラベルは、実現不可能だからこそワクワクするのでしょう。

そんな中「時間は止まっている」という見解もあります。「時間旅行も可能」と考える学者もいます。もし本当であれば、どんなに楽しいことでしょう。今回は、時間について考察してみます。

 

LALALAちゃんねる!の動画で見る
スポンサーリンク

時間に対する3つの考え方

みなさん、日常的に時計やカレンダーを確認していますよね。時間は、直接的には目に見えないものです。人類は仮として名称を与え、時を刻むものを作りました。「昨日は忙しかった。」「今は18時。」「明日は会議だ。」と、振り返ったり予定を立てたりします。時間は取り戻せないので、現在が大事と考えます。

一般的に、時の流れには逆らえないと考えられています。しかし、異なる考えを持つ方もいます。大きく分けて、3つの主義があります。それぞれ特徴がありますので、確認していきましょう。

ひとつめが、「現在主義や三次元主義」です。人類の多くが信じている、現在だけが実在するという考えです。過去は消え去り、未来もまだ作られていないという見解です。縦・横の平面に、奥行きが足されているのが三次元です。普段生きている空間そのものなので、分かりやすいですよね。

ふたつめが、「成長ブロック宇宙論」です。現在主義とは異なり、過去から現在まで存在しているという理論です。未来はまだありません。「こうなるだろう。」と、人間が予想しているだけの状態です。

最後は、「ブロック宇宙論」です。現在・過去・未来がすでにある、という姿勢です。現在主義で捉えている私達にとって、すべてが同時に存在しているなんて理解できませんよね。「ブロック宇宙論」について、詳しくはのちほど解説します。

「ブロック宇宙論」では すべてが存在する

さきほど軽く説明した「ブロック宇宙論」。時間を考えるのなら、必ず押さえておきたい理論です。通常、時間の流れは、過去・現在・未来が順番にあると考えられています。未来から現在や過去に戻ることはできません。

しかし、「ブロック宇宙論」では、宇宙は4次元時空のブロックとして捉えられます。過去も現在も未来もすべてが存在しているという思想です。シドニー大学哲学科のクリスティ・ミラー准教授はこう言います。「長さ・高さ・幅から成り立つ空間次元に、時間を加えたものだ。」と。立方体を想像してみてください。辺の端にあるのが、世界の始まりであるビックバン。反対の端には終わりであるビッククランチが存在しているとします。宇宙のすべてがブロック内にあるというのです。

突拍子もない考え方ですよね。ですが、実は「ブロック宇宙論」はアインシュタインの相対性理論とも深く関わっています。相対性理論では、時間と空間が絡み合った「時空連続体」があります。さらに定式化したミンコフスキー空間(時空)では、時間を空間的に表現できます。ブロック宇宙論はこの影響を強く受けています。相対性理論が宇宙の真理であるならば、派生した「ブロック宇宙論」も核心に近いのかもしれません。

スポンサーリンク

さらに発展した「スポットライト理論」

「ブロック宇宙論」を肯定する学者も多数います。「時間は流れているわけではない。むしろ止まっている。」マサチューセッツ工科大学の哲学助教授、ブラッド・スコウ博士は、そう提唱しています。過去・現在・未来は同じステージ上にあるという考えが「スポットライト理論」です。

「スポットライト理論」では、舞台のように役者はすでに揃っているのです。次々とスポットライトが移動して、出来事を見せていきます。光が当てられていなくても、同じ舞台の中では脇役や背景が準備しています。この状態を「(時空間の)一時的な散在」と呼びます。一度影になれば、もう触れることは出来ません。

「スポットライト理論」上では、時間は動いていないことになります。「ブロック理論」を肯定していますから、世の理である相対性理論にも反していません。これは、時間の真理に近づいているのでしょうか。

時間は脳が生み出す幻想?

「寝坊してしまった!」そんなときは焦りますよね。「時間が戻ればいいのに。」と願いますが、そううまく行きません。時は矢のように一定方向にしか進めず、過去には戻れない。それが当たり前です。しかし、「時間など存在しない。」そう主張する物理学者もいます。

英物理学者ジュリアン・バーバー博士も、時間を否定しています。「現在主義」の観点からこのように説明します。「あなたが先週存在したという唯一の証拠は、あなたの記憶です。ところで、記憶は現在の脳のニューロン構造が生み出します。」つまり過去は、今、脳が作り出しているのです。記憶は過去のものではなく、今を生きている私達のものということになります。ですから、時間という概念はなく自分自身が中心という考えですね。

また、米マサチューセッツ工科大学のマックス・テグマーク教授も言及しています。「ブロック宇宙論」の立場から、「時間は人間が生み出した幻想」であるというのです。映画『インターステラー』に登場する4次元立方体と同じく、自由に行き来できると考えています。「ブロック宇宙論」では昨日も今日も明日も決まっていて、時間は人間が勝手に作り出しただけだという見解です。

スポンサーリンク

タイムトラベルは可能!

時間が幻だとしたら、自由に行き来できるのでしょうか。俗に言う「タイムトラベル」です。状況やアイテムによっては、「タイムリープ」・「タイムマシン」、「タイムトンネル」とも呼ばれます。自分のいる時間・場所さえも飛び越えていきます。

サイエンスフィクションでは定番ですね。最も有名なのは『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のデロリアンではないでしょうか。ほかにも漫画『ドラえもん』、名作『時をかける少女』など、数々の作品に出てきます。最近だと『君の名は。』も、時空を超えるストーリーです。このタイムトラベルを空想ではなく、実現しようと企む科学者もいます。

米コネチカット大学のロン・マレット氏もその一人。彼には「時間を旅行したい」という夢があります。幼い頃に父を亡くした体験から、「過去に戻って会いたい。もしかしたら救えるかもしれない。」と思っています。2003年にはタイムマシンのアイデアを米特許局に申請し、出願も認められているのです。実験は続けられ、「世界で最初にタイムマシンをつくるのにより近い人物」として、紹介されています。

物理学者のスティーヴン・ホーキング博士も、可能性を示唆しています。「物理法則の知識を生かして、時間を旅することが可能になる。」と言及しています。最も有力視しているのは「超高速移動」です。ざっくり言うと、高いところから落ちたり、気絶したりするときに、スローモーションを感じたことはありませんか。その瞬間は通常より速いスピードで体が動き、時間の感覚がおかしくなっています。つまりは高速より早く移動できれば、時間をも超えられると考えています。

両者に共通するのは、論理上は可能としている点、また「技術の開発が追いついていない」と考えている点です。今の所、施設や装備を作り上げるための知識がありません。加えて、作動させるための大量エネルギーや準備するための資金も必要です。タイムトラベルは不可能ではありませんが、今すぐに完成するという訳では無さそうです。

 

いかがでしたか?
時間について、さまざまな学者の意見を確認しました。普段感じている時の流れは、自分の脳で作り上げた概念かもしれません。もしブロック宇宙論のように、現在・過去・未来が存在しているとしたら。もしスポットライト理論で、現在に焦点を当てているだけだとしたら。タイムトラベルはきっと出来る、そう感じませんか。時を加工することができたなら人類のさらなる発展につながるでしょう。
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました