ブログ記事をYouTubeでらららが配信しています!

南極大陸 ~巨大な重力異常と16世紀前の謎の地図~

南極大陸 ~巨大な重力異常と16世紀前の謎の地図~ 地球
南極大陸 ~巨大な重力異常と16世紀前の謎の地図~

 

南極大陸には、いまだ多くの明らかになっていない謎があります。ここでは、そのような「南極の謎」の中から、特に興味深いものを紹介していきます。「南極大陸」 それは人類を惹きつけてやまない未踏の地、この大陸は「極寒の地」という認識だけで語るには、相応しくないのです。

 

ここでは、南極大陸の様々な謎や伝説、不可解な事象などをご紹介いたします。

 

LALALAちゃんねる!の動画で見る

謎の航海地図

 

トプカプ宮殿博物館(イスタンブール)から、1929年に「ピーリー・レイース地図」というものが見つけ出されました。この地図が作られたのは1513年だと見られています。

 

しかし、左半分(大西洋がメイン)しか残っておらず、右半分(インド洋がメインだと思われます)はなくなっています。残った部分には、南アメリカから伸びる陸地、南北アメリカの東海岸、アフリカ大陸北部、イベリア半島などが載っています。また、動物や付近を移動する船などが、南アフリカから伸びる陸地に載っています。

 

さて、「1773年に南極大陸の存在が初めて確認された」という説が有力です。しかし、1513年に作られたこの地図になぜか南極大陸が載っているのです。ただ、この地図には、今よりもかなり東に進んだところに南極大陸が載っています。また、氷や雪も今ほどありません。

 

しかし、海岸線は一致しましたので、「当時の南極大陸である」と判断することが可能です。ここで考えるべきなのは「1513年から1773年の間に、南極大陸が大きく移動したり天候などが劇的に変わったりしたのか」ということです。「紀元前4000年くらいに南極大陸から最後に氷が消滅した」と見られています。

 

しかし、「ピーリー・レイース地図は、氷に海岸線が覆われる前に作られた」とアメリカ空軍偵察技術隊は認識しています。これに関して、歴史のプロフェッショナルであるチャールズさんは、「ピーリー・レイース地図は、実はまだ見ぬ海洋国家が元になっているのではないか」と述べています。

 

「詳しい情報が今に残ったという意味ですね」と語っています。チャールズさんは「現在では把握されていない人達が地図を仕上げ、フェニキア文明やミノス(古代世界の有名な船乗り)がそれを引き継いだのではないか」と言っています。

 

しかし、「黎明期の人間の文明に影響を及ぼした宇宙人が関係しているのでは?」とSF小説家のエーリッヒさんは述べています。「宇宙から撮ったからこそ、地図としてのクオリティーが高いのだ」とエーリッヒさんは語っています。「カイロの上空からカメラを垂直に構えて、その周りの8000kmを撮った」という見解です。

 

しかし、地球は球体ですから、このような撮影方法だと中心から距離があればあるほど、下に沈んだような捉え方になります。実際、ピーリー・レイース地図の南米の辺りの図面はそのようになっているとのことです。

 

謎の生命体が南極の氷の下部にいる?

 

「西南極氷床」という南極の氷の一部分の奥底には湖が存在します。地球のあらゆる場所の中で一番苦しい環境であるとされていますが、そこで暮らす生物が存在するとされています。氷河の下部にある「マーセル湖」から、ある極生態学者がサンプルを採ったところ、10000ほどの細菌性細胞が1mlのサンプルに住んでいることが分かりました。

 

通常の地上の湖であれば、細菌性細胞がその100倍前後は住んでいるものです。それでも、日光が当たらない氷の下部の水に、これほどの細菌性細胞が住んでいるというのは驚くべきことです。細菌がこれほどに生きているのですから、緩歩動物くらいであれば住んでいてもおかしくないのではないかと言われています。

 

マーセル湖 調査作戦

 

2018年の12月半ばくらいからマーセル湖の調査が始まりました。氷をお湯とドリルで突破して下部に突き進んでいきます。約1㎞のところまで来ると、マイナス0.6度の水が存在していました。

 

そこで水のサンプルを確保し、さらには湖面から15mのところに存在していた堆積物のコアも確保しました。堆積物のコアは約5mぶんで、サンプルの水は60Lほど確保できたようです。

 

ちなみに、これは西南極氷床で採ったものとしては最も深い位置のものだとされています。また、無人潜水艦を用いて湖底の動画や画像を獲得することもできました。

 

これらのデータを精査することで、氷が南極に存在していなかった最後のタイミングである数万年前までの、西南極氷床の動静に関する新しい事実が発覚するのではないかと言われています。

 

南極の氷の下部はどのような環境?

 

「約400の湖が南極の氷の下部に存在しており、南極大陸の近くの凍結した岩石と厚い氷の中に存在する水の中で、特有の生態系ができあがっている」というのがプリスク氏の見解です。「南極は湖や川がそこかしこに存在する巨大な湿原のようなものである」と語る専門家もいます。

 

「水量はそれほどないが、アマゾンくらいのレベルの範囲の川もある」という見解もあります。世界の真水の70パーセント前後がここに存在するとされていますので、そこに生物がいないほうが不自然だとも言われています。

 

ちなみに、ウィランズ湖というマーセル湖のそばにある地下湖にも多くの細菌がいることが判明しています。

 

南極と火星は似ている?

 

「火星の凍結した表面の下部」は南極の下部と似たような環境なのではないかと言われています。「氷河の下の状態、特にたくさんの細菌性集団がそこに住んでいるということが判明したことが、間接的に火星に住む生物を探る上でのヒントになるかもしれない」という見解もあります。

 

例えば「マーズ2020ミッション」という、コア採取を地表の浅いところで行うプランをNASAが立てていますが、これには南極調査のノウハウが関わってくるとされています。

 

南極には謎の巨大物体もある

 

「謎の巨大物体」が南極大陸の下部にあることが確認されました。サイズとしては深さ約0.85㎞、直径約2.4㎞です。「ウィルクスランド」という南極のエリアの凍結した大地の下部にその巨大物体があることが人工衛星によって判明しています。

 

「チクシュループ天体」という遥か昔に恐竜を絶滅させたと言われている小惑星があるのですが、その2倍を超えるサイズの小惑星の跡なのではないかという見解が存在します。この予想が本当なのであれば「ペルム紀(約2.5億年前)の大規模な絶滅は、この小惑星によって発生したのではないか」と考えることができます。

 

その絶滅においては、地上の脊椎動物の約7割、そして海洋生物のうちの95パーセント以上が滅んだと言われています。「やはり小惑星が地球にぶつかってきたのだろう」と予想している専門家もいますが、その裏付けがあるわけではありません。現在もこのことに関してネット上でも色々な説が誕生していますし、議論も行われています。

 

「地球空洞論」という予想の中で出てくる「地下世界への侵入口」なのではないかという見方もありますし、UFO基地なのではないかという予想もあります。一般的には「現代の専門家であっても、この物体について厳密に解き明かすことはできないだろう」と見られています。

 

また、南極については最近になって色々な都市伝説が出てくるようになりました。「南極大陸の不思議を解き明かすための調査を米国の海軍が行った」という説もありますし「第二次世界大戦のときに飛行機の発着場としてナチスが作った」という見方も存在します。

 

実際に19461947年に「ハイジャンプ作戦」という大々的な南極調査が米国海軍によって行われています。オカルトファンの中には「ハイジャンプ作戦は、地球の内部の神秘の世界への行き方を探るためのものだったのではないか」と言っている人も少なくありません。

 

ですが、最初に南極の重力異常を発見した専門家たちは、「小惑星が落ちてきた証である」と語っています。「このウィルクスランドにおける小惑星の墜落は、メキシコで恐竜を滅ぼしたときに比べて大幅にすさまじいものであり、その頃の地球に壊滅的なダメージを及ぼしたに違いない」と地質学の専門家であるラルフさんは述べています。

 

これによって発生したありとあらゆる環境の変動により、環境はとても酷いものになってしまい、それによってもたくさんの生物が滅んだのではないかとも言われています。

 

いかがでしたか?
南極大陸の調査を行っている国の中には、発覚した情報を、一部隠しているところもあるのではないか?と見られています。しかし、情報を集めやすくなっている世の中ですから、いずれ 私達一般人でも南極の真実を理解できる日がくるかもしれません。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました