YouTubeでもチェック&チャンネル登録!

隠蔽された巨大樹の謎 ~古代には巨人も存在していた?~

隠蔽された巨大樹の謎 ~古代には巨人も存在していた?~地球
隠蔽された巨大樹の謎 ~古代には巨人も存在していた?~

 

北欧神話に登場する巨大樹ユグドラシルは、世界を体現するものであるといわれており、世界樹ともよばれています。

多種族の最終戦争ラグナロクによって世界が崩壊したのち、ホッドミーミルの森だけが焼け残り、炎から逃れた二人の人間が、そこで暮らし始めるという話もありますが、ホッドミーミルとはユグドラシルの別名とされています。

また、世界樹と呼ばれるのはユグドラシルだけではありません。

マヤ文明では60メートルもの高さになるセイバが世界樹と考えられていたり、さらにキリスト教にも知恵の木、生命の木、セフィロトの木などが登場します。

日本でも巨大樹には、しめ縄が張られ特別なものとして扱われています。

このように古来から人間は巨大樹を神聖で特別なものとしてきたことがわかりますが、太古の昔の地球上には、本当に天まで届くほどの巨大樹が多く存在していたのではないかと考えられています。

もしそれが事実だとすれば、現在の私たちが知っている森や木は、それらと比べれば小枝や草のようなものといえます。

 

LALALAちゃんねる!の動画で見る


 

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク

 

参考 : usatoday, screenrant, wikipedia, など

 

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました