YouTubeでもチェック&チャンネル登録!

イエス・キリストの本当と嘘 ~歴代ベストセラー書籍、聖書の真実~

イエス・キリストの本当と嘘 ~歴代ベストセラー書籍、聖書の真実~雑学
イエス・キリストの本当と嘘 ~歴代ベストセラー書籍、聖書の真実~

 

特に信仰している意識はなくても、私たちの身の回りには宗教由来のものがたくさん存在します。

日本人にはあまり馴染みのないと思いがちなキリスト教の「聖書」ですが、日本でも今や結婚する人の半数以上が”キリスト教式”の結婚式を挙げ、信仰などそっちのけで毎年12月はクリスマスムードに包まれます。

実はキリスト教の聖書には面白いエピソードが書かれていることをご存知ですか?

今回は、クリスマスシーズンにちなんで「聖書」に注目し、私たちのイメージと異なるキリスト教の世界を見てみましょう。

 

LALALAちゃんねる!の

 

スポンサードリンク

 

イエス・キリストについての勘違い

実は聖書には、12月25日がイエスの誕生日とは一言も書かれておらず、正確な誕生日は判明していないのです。

ではなぜ12月25日が祝われるようになったのでしょうか?

もともとこの日は、ローマで最大の祭りの日だったことが関係しています。

キリスト教がローマの国教になった時、祭りのついでにイエスの生誕を祝うようになったと言われています。

従って教会では、クリスマスをイエス様の誕生日とは言わず、イエス様の降誕を記念する日という言い方をする所が多いのです。

 

イエスの苗字は”キリスト”か?

イエス・キリストと私たちは呼びますが、実は「キリスト」は苗字ではありません。

キリストの意味は「救世主」で、フルネームのように見えて、「救世主のイエス」という意味なのです。

イエスの時代、苗字という概念はなく、人々は当時、先頭に“出身地”などをつけて区別していたというので驚きです。

イエスも生誕地を取って、”ナザレのイエス”と呼ばれていたのでした。

 

スポンサードリンク

 

禁断の果実は本当にリンゴ?

旧約聖書に書かれているアダムとイヴについても聞いたことがある人は多いのではないでしょうか。

イヴは禁断の果実であるリンゴを2つ食べたので女性の象徴となる乳房ができ、アダムは1つ食べたので喉仏ができたという話で、英語では実際に喉仏のことをAdam’s appleといいます。

しかし、聖書には禁断の果実がリンゴとは書かれていません。

ではなぜリンゴと言われるようになったのでしょうか?

当時使われていたラテン語で、リンゴのことをマリュスと言い、このマリュスには邪悪という意味もありました。

この2つのキーワードを元に、禁断の果実がリンゴであるという説が定着しただけなのです。

実際リンゴ以外にも、ザクロやブドウ、イチジク、ナシなどの説があります。

 

イエスの実像

イエスを描いた絵画は多く、ほとんどが整った顔立ちです。

故に映画化されてもルックスの良い俳優が演じることが多いのですが、聖書には実はこのように書かれています。

「私たちが見とれるような姿でもなく、輝きもなく、私たちが慕うような見栄えもない」

どちらかといえばイケメンとは程遠かったのかもしれません。

 

スポンサードリンク

 

イエスの奇跡

聖書にはイエスの起こした数々の奇跡が書かれています。

友人の結婚式で水をワインに変えた、嵐の中で船の上から「静まれ」と命じ嵐を止めた、5つのパンと2匹の魚を増やして5千人に振舞った、18年間病気で腰の曲がっていた人の体をまっすぐにした、このように事例に事欠きません。

そんなイエスですが、「弟子の1人に裏切られ翌日処刑されることを予言する」という皮肉な未来まで予言し、的中させる奇跡も起こしています。

イエスは処刑される前夜、12人の弟子との夕食で「この中に私を裏切るものがいる」と予言し、ほとんどの弟子たちは信じませんでしたが、実際は弟子のユダが裏切る結末となりました。

 

最後の晩餐

最後の晩餐の後、イエスは3人の弟子を連れて近くの森に向かいこう言いました。

「私は明日処刑される。これから最後の祈りを捧げてくる。その間、ここで起きて待っていなさい」

そう言い残し、イエスは茂みの奥へ祈りに行きました。

イエスでさえ、死という現実の前に震え、本気で嫌がっていたのです。

こういう人間臭いイエスの様子も、聖書には書かれているのです。

そして祈りを終え弟子たちの元へ戻ると、弟子たちは寝てしまっていました。

今度は起きておくようにと言いつけ、再び祈りに向かうイエスでしたが、2度目の祈りを終え弟子たちの元へ戻ると、再び弟子たちは熟睡しており、こんな”茶番”を計3回繰り返した後、最後の夜は更けていったと言います。

 

イースターは何の日?

キリスト教徒にとって最も大切な日といえば、クリスマスだけではありません。

日本でも徐々に知られるようになった復活祭を意味するイースターをご存知でしょうか?

実はこのイースターこそが、イエスの起こした最大の奇跡を祝うお祭りなのです。

イエスが処刑された後に、復活した話は知っている人も多いと思います。

十字架にかけられ死んだはずのイエスでしたが、その3日後、嘆き悲しむ弟子たちの前に現れたと言われています。

この最大の奇跡ともいえる、「復活」が行われなければ、信者数20億人を誇る今のキリスト教は存在しません。

その復活を祝うイースターこそが最も大事な日なのです。

 

スポンサードリンク

 

平和の象徴=鳩

また、「平和の象徴」と呼ばれる鳩も、そう呼ばれるようになった背景は、聖書の有名な物語である「ノアの方舟」でした。

堕落した人間に怒り狂った神は 大洪水を起こす前に、真面目な人間ノアだけに伝えました。

ノアは巨大な舟を作り、そこに様々な種の動物を乗せ 船の中でひたすら洪水が収まるのを待ちました。

1ヶ月以上にも及ぶ嵐が止んだ後、ノアが空に放った鳩が戻ってくると、口にオリーブの若葉をくわえていました。

ノアはそのオリーブの葉を見て、洪水が引いて乾いた土地があることを知り、このエピソードから鳩とオリーブの葉は平和の象徴とされました。

国連の旗のシンボルには「オリーブの葉」、オリンピックの開会式や結婚式などのお祝いの式典に「鳩」が使われるようになったのもこれが背景です。

 

アイドルは聖書の言葉?

実は「アイドル」という言葉の歴史は、旧約聖書由来です。

聖書でいうアイドルとは、神を象った(かたどった)偶像を意味します。旧約聖書では、偶像を崇める偶像崇拝が禁じられているため、教会などでイエスの像に拝むあの情景が許されているのは、イエスはあくまで神ではなく「神の子」という背景によるものです。

そのため像や絵画になっていますが、神そのものを象ったものは存在しないのです。

そんな背景を知ってか知らずか、1950年代にはアメリカでプレスリーなどの登場に際し、「熱狂的な人気を集める一発屋の若者」という皮肉混じりの意味でアイドルという言葉が使われるようになりました。

日本ではさらに意味合いが薄まって「若い人気者」という比較的肯定的な意味だけが残っているのも興味深い点です。

 

スポンサードリンク

 

日本が週5勤務になったのは聖書が背景?

旧約聖書には、神は6日間かけて天地を創造し、7日目に休んだと書かれています。

当時7日目は土曜日で、このことからユダヤ教では土曜日が安息日として休日になりました。

日曜日が休日になったのは、イエスが復活した日が日曜日だったことが由来だそうです。

日本では江戸時代、「1」と「6」のつく日が休日でした。

つまり、4日働いて1日休みという今では羨ましいサイクルだったのです。

しかし、欧米との交易開始などで不便が生じるため、明治に入ると欧米式に日曜日を休日と定めたようです。

 

「目からウロコ」という表現も聖書から

その昔、キリスト教徒を迫害していたサウロという男がある日、神の怒りに触れ突然盲目となりました。

同じ頃、神に忠実だったアナニヤという男が、こんなお告げを受けます。

「アナニヤよ、サウロという名の者のところへ行き、目を治してやりなさい」

そこでアナニヤは、サウロの元へ行き神の言う通りにしたところ、なんとサウロの目からウロコのようなものが落ち、再び目が見えるようになりました。

そしてサウロは改心し、忠実な使徒になったと言います。

 

天使には羽がある?

最後に、クリスマスシーズンにもよく描写される「天使」のイメージとして、「羽の生えた赤ちゃん」などを想像する人も多いかと思います。

しかし、聖書には多く天使が登場するにも関わらず、実はどこにも”羽が生えている”ことは名言されていないのです。

 

いかがでしたか?
信仰の有無に関わらず私たちの生活に浸透していたキリスト教と聖書のエピソードですが、知らず知らずのうちに持っていたイメージにも実は思い込みが含まれていると思うと興味深いのではないでしょうか。今年は、少し違った角度からクリスマスを過ごしてみるのも面白いかもしれません。

 

参考 : listverse, wikipedia, など

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました