YouTubeでもチェック&チャンネル登録!

マジェスティック12と宇宙の秘密 ~米国政府が握る極秘とは~

マジェスティック12と宇宙の秘密 ~米国政府が握る極秘とは~UFO 異星人
マジェスティック12と宇宙の秘密 ~米国政府が握る極秘とは~

 

1984年12月カルフォルニア州在住のTVプロデューサーに、アイゼンハワー大統領に宛てた8ページに及ぶ説明文書が突然送られてきました。

それはCIAの長官によって1952年に書かれ、就任前のアイゼンハワー氏にこの文書で「現職のトルーマン大統領は、墜落した地球外生命体の航空機を調査するため極秘のグループ・マジェスティック12を結成しています」と知らせる意図のものだったといいます。

さて、マジェスティック12とは何なのか、歴代の米国大統領は何を知り得るのか?

私たち一般人には容易に公開されない宇宙にまつわる隠された真相に迫ります。

 

LALALAちゃんねる!の動画で見る

 

スポンサードリンク

 

マジェスティック12の結成

1947年7月、アメリカ合衆国ニューメキシコ州ロズウェル付近でUFOが墜落しました。

その翌日には、陸上飛行場の軍人が”空飛ぶ円盤”を回収したことを地元の新聞紙が報道していますが、僅か数時間後に軍は前言を撤回、空飛ぶ円盤ではなく”気象観測用の気球”であったと言い直したのです。

トルーマン大統領でなくとも、1947年に米国大統領の座に君臨していれば誰でもおそらく、実態把握の専門家チームを立ち上げることでしょう。

そこで立ち上げられたのが”マジェスティック12”だったのです。

彼は、国家安全保障法、国家安全保障会議、CIAなどを同時に設置し、この脅威に対処しようと手を尽くしました。

政府の方針として一連の宇宙人問題を総括的に指揮する主要機関が必要だと確信したのです。

マジェスティック12の使命は、地球外生命体に対して米国政府はどう対処すべきか、どの情報を公開し、また隠すべきかの方針を定めることでした。

 

スポンサードリンク

 

マジェスティック12の文書

文書によれば、このグループのメンバーであり地球外生命体とのコミュニケーションを図っていた人々の中には、一流科学者、政府高官、軍の関係者などが含まれていたようです。

特に興味深いのは、ドナルド・メンゼル博士でしょうか。

彼はこの組織の内情について触れた3冊の本を書いています。

物理博士でありながら、彼はデータというものを無視して語っている点も注目に値します。

博士はUFO現象を暴くことで有名ですが、意図的に何もなかったと伝えることで世間を欺いていたとしか思えません。

ロバート・オッペンハイマー氏は、マンハッタン計画に携わった経歴からよく原子力の父と呼ばれます。

その彼が文書の中で、UFOの内装を調べた結果、原子力エンジンが使われていたのではないかと推察しており、この乗り物の一部が推進システムそのものだった可能性があります。

このため、原子炉が熱交換器の役割を果たし、エネルギーを後で利用するために貯めておけたのではないかというのです。

アメリカ政府は一流の科学者たちを使い、地球外生命体の乗り物を研究していたのだとすれば、一体どのように長期間にわたり

その事実を隠し続けられたのでしょうか。

 

組織トップの謎の死、そしてケネディ暗殺も関連?

1949年5月、初代国防長官であったフォレスタル氏がアメリカの海軍病院で死亡しているのが見つかりました。

死因は精神不安から病院の16階から飛び降りたとされ、自殺として処理されましたが、この結論に意義を唱える者も多くいました。

彼は宇宙人の存在を知り、その情報を一般公開しようとしたために抹殺されたという説が持ち上がったのです。

第二次世界大戦中に、ナチスドイツが地球外生命体の技術を取得したことをフォレスタル氏は把握していたと言われています。

この経緯こそ、トルーマン大統領が彼をマジェスティック12のリーダーに任命した理由でした。

フォレスタル氏の暗殺疑惑は謎のままですが、マジェスティック12の文書は、さらに高い地位にいた政府関係者の暗殺を示唆しています。

一度焼かれたと思われる”焦げた”文書が残っており、そこには「ケネディ大統領から私たちの活動について問い合わせがあった」という記述があります。

さらにこの文書で”マジェスティック12に興味を持った大統領”に対して「私たちは問い合わせに応えることはできません」と言う意図を強く意見する書き振りが確認されており、これが書かれたのが1963年だとすれば、ケネディ氏が暗殺されたのがその一ヶ月後であることと関連しないとは思えないのです。

焼かれた文書には、「ケネディがこのままやりたいことを続けたら”濡れる”ことになる」との記載がありました。

ここで言う”濡れる”とは、ソ連が”暗殺”つまり”血”の隠語として使っていたことと関連すると思われます。

文書が本物であるならば、隠したい情報を隠すためには暗殺も躊躇しなかったということなのでしょうか?

ワシントンD.C.で弁護士を務めていたキャディー氏はある夜、1972年ウォーターゲート事件の当事者であったハント氏にケネディ暗殺に関する質問をしました。

 

すると驚きの返事が戻ってきたといいます。

「ケネディは重大な秘密をソ連に漏らそうとしたので殺された」

そして、”重大な秘密”とは宇宙人の存在のことだと明らかにしていたそうです。

 

スポンサードリンク

 

月面基地と火星基地

ケネディ大統領の暗殺から6年経った1969年7月、アメリカ人飛行士アームストロング氏とオルドリン氏は、人類史上初めて月面に降り立ちました。

しかし人類よりも前に月に降り立っていた者がいると言われており、その時点で任務はすでに始まっていたと考えられます。

今からほんの7年前の2014年、ある文書が機密扱いから外されています。

それによると1959年に進められていた極秘計画では、1965年までに月面基地を作る予定だったことが記されています。

”水平線計画”とも訳せるその計画はまず、月面に基地を作り20人の宇宙飛行士に住んでもらうところからスタートします。

いずれはその基地に数百人が住めるようにし、月面の軍事基地を築くという計画でした。

水平線計画を考案したのは、フォンブラウン氏と言う人物でした。彼は、元ナチスのロケット技術者でその設計は今もなお役立てられています。

また、マジェスティック12の文書によれば、彼はニューメキシコ州ロズウェルで起こった墜落事故で、宇宙船のリバースエンジニアに携わったともいわれています。

そんな有能な彼にはもう1つ目標があったとされています。それは、「火星到達」というミッションです。

彼は1960年代当時、すでに火星に到達できると考えており、火星にはすでにアメリカやその他の国家の基地があるのを見たという者まで存在します。

 

NASAの極秘ファイル

マジェスティック12の文書が初めて流出してから約20年後、マッキノン氏というハッカーがアメリカ国防総省とNASAのコンピューターをハッキングの末、マジェスティック12の存在とそこで推進されていた極秘宇宙計画を裏付ける証拠を見つけたのです。

彼は、「地球外将校」という名のファイルを見つけ、宇宙人の将校ということではなく人間による宇宙艦隊のことだと推論しました。

将校の名前も船も名前もネットで検索しても出てこないことからただの船ではないと結論づけています。

興味深いことにそれらの船の名前は、以前マジェスティック12に関わっていたとされる人々と一致していたといいます。

かつて組織が存在し、リバースエンジニアが行われていたとすれば、その作業に携わっていたメンバーの名前にちなんで船を命名するというのは不自然ではありません。

マッキノン氏は、最も衝撃的なファイルはNASAのジョンソン宇宙センターのコンピューターに隠されていたと暴露しています。

未分類と書かれたフォルダの中で見つかったのは、高画質のNASAの衛星写真で、不思議な形の宇宙船を映しており、詳細は不明にしても”宇宙船”というものが既に存在していたことは間違いのないと言えるでしょう。

 

スポンサードリンク

 

宇宙を目指す人類

2010年、各分野で急成長中のインドも月への有人飛行計画への初挑戦を発表しました。

その他宇宙開発先進国でも非常に似通った計画の準備が進められています。火星への飛行についても、民間及び政府による計画が世界中で進められています。

これは第2の宇宙探査時代の到来と言えるでしょう。

様々な陰謀や歴史上の謎を多く生んできたと思われる、先進国と宇宙の秘密ですが、それが解明されるかどうかに関わらず、今後も各国は凌ぎを削って宇宙開発を続けることでしょう。

 

いかがでしたか?
マジェスティック12と呼ばれる政府組織の存在と、歴代の米国大統領が握り、巻き込まれてきた宇宙の秘密が全て明かされる日は来るのでしょうか?その答えは、私たち人類が宇宙探索の上で次のステージへと大きく躍進した時にこそ、明らかになるのでしょう。

 

参考 : cs.mcgill.ca, wikipedia, など

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました