YouTubeでもチェック&チャンネル登録!

カタカムナ文明は実在したのか? ~六甲山中で栄えた超古代文明の謎~

カタカムナ文明は実在したのか? ~六甲山中で栄えた超古代文明の謎~UFO 異星人
カタカムナ文明は実在したのか? ~六甲山中で栄えた超古代文明の謎~

 

日本には古代文明の存在の可能性を示すものがあり、海底遺跡やピラミッドなど、時代のわからない謎の遺跡も数多く発見されています。

そうした超古代文明について書かれている書物はいくつかあり、そのひとつが、現在の兵庫県六甲山中に存在していた 超古代文明について書かれているカタカムナ文献です。

カタカムナ文献は、カタカムナ神社のご神体とされた書物とされており、独自の文字で書かれた古史古伝のひとつです。

ただし、カタカムナ神社は実在不明の神社であり、カタカムナ文献も実物が発見されているわけではなく、楢崎皐月氏が自らの手による写本を発表したことで存在が世に知られたものです。

果たしてカタカムナ文明とは本当に存在したのでしょうか?

カタカムナ文献が発見された経緯や その内容を紹介し、この超古代文明の謎について考えていきたいと思います。

 

LALALAちゃんねる!の動画で見る

 

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました