YouTubeでもチェック&チャンネル登録!

超古代に存在した未知の人類の謎 ~人類は一体どこから来たのか~

超古代に存在した未知の人類の謎 ~人類は一体どこから来たのか~人体
超古代に存在した未知の人類の謎 ~人類は一体どこから来たのか~

 

現代でこそ、普通に生き、普通に暮らしている私たち人類ですが、その誕生については、今でもまだわかっていないことが多々あります。

未だ解明されていない人類誕生の謎について、様々な検証が行われてきています。

近年、最新の情報技術を駆使した研究で、新しい事象が判明しています。

ここから類推されることとして、超古代には、未知の人類や、未確認生命体の存在が示唆されています。

今回はこの研究成果と現状につきご紹介します。

 

LALALAちゃんねる!の動画で見る

スポンサードリンク

二足歩行への進化と超新星爆発の関係性

他の生命体と比較し、人類の大きな特徴の一つに、二足歩行があります。

目線が高くなったことにより視野を広く取ることができ、危険察知能力が上がったとも言われていますが、四足から二足への進化の過程については、進化論で語られている以上のことは、判然としていません。

この謎に一つの新しい考え方が提示されています。恒星の寿命が尽きて生じる超新星爆発によって、大量の宇宙線が地球に降り注ぎ、それが落雷、森林火災と繋がっていき、結果として二足歩行を必要とさせた、というものです。

人類の祖と言われる類人猿は、基本的に木の上で暮らしていました。

しかしながら森林が焼失してしまっては、食糧確保のために草原に降り立つしかありません。

また長距離移動の必要性、危険を察知するための目線を高くする重要性といった観点から、生存のために二本の足で立つようになったのではないか、という説です。

歴史的に見てみても、昔の表現では隕石落下となるのでしょうが、こうした宇宙起源の大きな出来事は、地球の生態系に多大な影響を与えてきたと言われています。

多くの種を絶滅に導いたという負の面もありますが、生命の進化を促したという観点からは、大局で見れば前向きな話なのかもしれません。

 

スポンサードリンク

 

発掘された化石の調査研究により考察される人類誕生の地

世界各地では、継続的に化石の発掘が続けられていますが、近年、今までに類を見ないものが発見されました。

類人猿の化石ではあるものの、分析の結果、より「人間らしい」ことがわかっています。

樹木の上の生活が基本となっていることには変わりないですが、四足、二足両方で歩行していたようです。

骨格の形状から、今でいう人間やゴリラとはまた異なる二足歩行をしていたのではないか、とも推測されています。

更に、これらの化石が欧州のドイツで発見されたことも、古人類学的には重要です。

今までは、人類への進化はアフリカでなされてきたという説が主流でしたが、今回の事象により、ヨーロッパでも発生していたものと考えられます。

洗練された調査研究の技術による化石の詳細分析によって、長年語られてきた人類起源の諸説について、様々な新しい解釈が加えられていくというのは、大変興味深いですね。

 

数十億年前に存在の可能性が仄めかされる未知なる生命体

人類はどこでどのように生まれたのか、という観点では、更に遡る事数十億年前、未だ知られていない複雑な構造を持つ生命体が存在した、という説が提唱されました。

これもまた、最新の研究結果により、当時の地球環境が、斯様な声明を誕生させる土壌として整っていた可能性が高いことがわかったからです。

一説によると、約40億年前にバクテリアのような単純な生命体が誕生、約6500万年前に霊長類が生まれた、と言われていますが、霊長類より遥かに昔の約25億年前に、これに匹敵する生命が誕生していたとなると、地球史の定説を根本から覆すことになります。

進化の過程に鑑みると、突然の複雑性を持った命の生誕は不自然とも言えますが、この不自然さを説明する更に新たな説として、この生命体は地球外からやってきたのではないか、という考え方もあります。

 

スポンサードリンク

 

石器に見るアジアの人類史とアフリカにおける謎の人類種

今まで述べてきた以外にも、発掘された石器が高い認知能力を必要とする技法を取り入れたものだったため、定説よりかなり前の18万年前に、アジア地域に進化した人類が存在していたのではないか、という新設もあります。

また、アフリカのある遺跡から発見された化石の遺伝子情報の調査研究により、太古から線として現代に繋がっている、人類の系統についても新しい事実が判明しています。

この系統の明確化から、アフリカで未だに謎の人種と言われているものも、一つの種として存在ことが見て取れます。

 

いかがでしたか?
別記事では、意識が先か、生命が先か、というテーマを取り上げました。今回は生命ありきで、人類の誕生秘話が、ありとあらゆる角度から研究が重ねられてきていることをご紹介しました。高度な知力や言語能力、認識力をもって、生物界をリードする人類ですが、その歴史を辿ると、各種各様な議論が交わされています。そして人類を継ぐものとして、コンピュータ素子ではないか、などという珍説もあります。色々想像を巡らせてみるのも楽しいですね。
参考 : listverse, wikipedia, など
スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました