YouTubeでもチェック&チャンネル登録!

ロズウェルで起きたUFO墜落事件 ~宇宙人と交流した看護師とは~

ロズウェルで起きたUFO墜落事件 ~宇宙人と交流した看護師とは~UFO 異星人
ロズウェルで起きたUFO墜落事件 ~宇宙人と交流した看護師とは~

 

ロズウェルで起きたUFO墜落事件 ~テレパシーで宇宙人と交流した看護師とは~

近年、新型コロナウイルスによる感染症のパンデミックの影響により、アメリカでは窓から夜空を見上げる人が増えました。

それにより、2020年からアメリカ全体でのUFOの目撃情報が、大幅に増えるという事態が起きました。

NSAやCIAなどのアメリカ政府機関は、ロケット開発や宇宙の探査などの さまざまな宇宙の最先端技術の研究に取り組んでいますが、宇宙人と交信ができた事例はあるのでしょうか?

今回は、1947年起きた「ロズウェルUFO墜落事件」の詳細を、おさらいも兼ねて、ご紹介致します。

 

LALALAちゃんねる!の動画で見る

スポンサードリンク

 

ロズウェルUFO墜落事件とは?

1947年7月、アメリカのニューメキシコ州のロズウェル付近で、墜落したUFOや宇宙人を米軍が回収した事件が「ロズウェルUFO墜落事件」です。

米軍関係者以外にも、UFOの目撃情報は数多くありました。

また、墜落したUFOに搭乗していた宇宙人が救助され、米軍に保護されていたという報告も多々ありました。

しかし、米軍当局はこうした目撃情報や報告は一切認めませんでした。

でも実際には、元米陸軍大佐のフィリップ・J・コルソを代表とする米軍関係者などからの情報により、米軍が生きていた宇宙人を保護していた事実が伝えられています。

スポンサードリンク

 

アメリカ空軍の従軍看護師の証言とは?

マチルダ・マッケルロイは、当時23歳でアメリカ空軍の従軍看護師として勤務していました。

彼女の証言によると、ロズウェル事件で生き残った宇宙人とテレパシーでコミュニケーションを図っていたそうです。

生き残った宇宙人の名前は「エアール」と言いました。

「自分たちがどこから、何の目的で地球に来たのか?」を話してくれました。

エアールはマチルダ以外の人とは全くコンタクトを取らず、米軍基地内でエアールと交流できたのは唯一マチルダだけだったと伝えられています。

マチルダに宿ったIS―BEが、ヒマラヤの基地建設時にエアールと一緒に赴いたIS―BEだったのです。

 

宇宙人・エアールの見た目とは?

宇宙人・エアールは、子どものような小さい体をしており、性別は女性のように見えました。

エアールの体は生物ではなく、高次元の存在によって合成素材で作られた「人形」のようなものだったのです。

宇宙人の体には話すための口がなく、テレパシーでコミュニケーションを取るのが特徴です。

さらに金属製で作られているように見えるUFOも、実はエアールと同じ合成素材でできていました。

それに加えて、エアールもUFOも高次の存在によって、コントロールされていることも分かりました。

スポンサードリンク

 

初めはうまくコミュニケーションを取れなかった

エアールとマチルダのコミュニケーション手段はテレパシーでした。

エアールが伝えてくる画像、感情や印象は、マチルダはすぐに認識することができました。

しかし、言葉についてははっきり理解することが難しく、表現するのは難しかったそうです。

インタビューをスムーズに行うために、マチルダはエアールにマンツーマンで英語を教えました。

その結果、お互いにより正確に考えを伝えることができるようになったのです。

 

エアールの正体と歴史について

エアールは「ドメインという文明・種族に属しており、80兆年前に宇宙飛行技術を確立した。」と話しました。

さらに「銀河系中心部とその先に通じている、侵略経路のための基地を構築し、約1万年前から太陽系で活動している。」と付け加えました。

エアール自身は、ヒマラヤにある基地の構成員の将校であり、パイロットとエンジニアを兼務しているそうです。

その基地は、私たちには見えないように山頂のホログラムが映し出されている仕組みになっています。

そして、ドメインは約1万年もの間、太陽系に隣接する領域に存在する竜や蛇の紋章を持つ一族での旧帝国軍との戦いに勝利しました。

スポンサードリンク

 

宇宙人から見た私たち地球の役割と地球人の正体とは?

エアールによると、地球は宇宙人たちの刑務所のような役割をしている場所です。

IS―BE(イズビー)とは、不死、精神やスピリッツを指す言葉です。

私たち地球人もかつては、さまざまな才能を持った地球外のIS―BEだったそうです。

旧帝国が定めたルールに反したIS―BEは、牢獄である地球に送り込まれました。

その時さまざまな記憶は、旧帝国の消去システムによって消去されてしまいます。

アフリカ、ポルトガル、モンゴルなどに設置され、現在も稼働を続けているそうです。

私たちの死後、また別の体で生き返る時にスピリッツの記憶が消去されます。

地球のIS―BEとしてその記憶の一部を取り戻した人物が、アイザック・ニュートンやニコラ・テスラだというのです。

 

いかがでしたか?
宇宙人は気の遠くなるような長い時をかけて、何度も地球に足を運んでいるという衝撃の事実が分かりました。エアールが伝えてくれたように、あなたのIS―BEも突然動き出すことがあるかもしれません。もし、あなたが自分がテレパシーで宇宙人とコミュニケーションをとれるとしたら、何を話したいと思いますか?
スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました