YouTubeでもチェック&チャンネル登録!

秘密結社 歴史に刻まれた9つ ~世界を揺るがしたその行末~

秘密結社 歴史に刻まれた9つ ~世界を揺るがしたその行末~雑学
秘密結社 歴史に刻まれた9つ ~世界を揺るがしたその行末~

 

「秘密結社」と聞いて1番に何を思い浮かべるでしょうか?

ごく一部の権力者の集いや、社会に意見すべく集まったデモクラシー的な集まりでしょうか?

中にはその活動の過激さゆえに、文字通り “世界を変えて”しまった秘密結社も存在することをご存知でしょうか?

今回は、そんな「秘密」でありながらも、世界的に「有名」になってしまった団体をご紹介しましょう。

 

LALALAちゃんねる!の動画で見る
スポンサードリンク

黄金の夜明け団

1887年イギリスで設立された魔術結社があります。

そのメンバーの中には、有名なオカルティストや、タロットの製作者、アイルランドの劇作家など1890年代には数百名の会員がおり、男性のみならず女性も受け入れられていました。

19世紀のロンドンでは魔術結社としてもっとも強い力を誇り、欧州の新宗教「ウィッカ」にも影響したとされていますが、やがて分派に分裂し、衰退に至ったと言われています。

スポンサードリンク

 

義和団

清朝の終盤に起きた動乱「義和団の乱」で知られる秘密結社です。メンバーの多くは山東省の農民でした。

メンバーはボクシングを彷彿とさせる武術を駆使し、「義和拳」とも呼ばれています。

義和団の乱の背景には、長年にわたる干ばつや洪水、そして地域の慣習を無視して布教活動を進めるキリスト教宣教師への反発がありました。

1890年代後半、ついに義和団が宣教師や国内の信者を標的にすると、清王朝がこれを支持し、義和団はついに北京の外国人街を包囲するに至りました。

ここで日本、アメリカ、ロシアなど8か国が鎮圧のために軍隊を派遣しており、アヘン戦争や日清戦争によって既に衰退の一途を辿っていた清王朝はさらに打撃を受け、1912年には崩壊しました。

 

トゥーレ協会(ドイツ)

トゥーレ協会は、急進的な反ユダヤ主義と暴力的右翼ナショナリズムを是とする秘密結社で、国家社会主義ドイツ労働者党です。いわゆるナチスの母体の1つとされています。

その設立は1918年、西部戦線で負傷し除隊した元ドイツ兵と、自称貴族のある男が発起人でした。”トゥーレ”の名の由来は、1700年代〜1800年代に活躍した作家ゲーテの作中に出てくる伝説の地を指します。

表向きの活動目的は古代ゲルマンを研究することでしたが、裏では反ワイマール共和国的扇動や反ユダヤ主義的プロパガンダを広めていました。

しかし、協会は短命に終わります。発起人の2人はそれぞれ謀議の罪で処刑されたり、仲間を売った疑いをかけられたりとそれぞれ失脚し、協会は1925年頃に解散したとされています。

しかしそのメンバーの中に、ナチスの前身であるドイツ労働者党の関係者がいたのです。これによりナチスの母体の1つとされるのです。

スポンサードリンク

 

セブン・ソサエティ

「セブン・ソサイエティ」はバージニア大学の秘密結社で、設立された経緯は不明ですが、「7」のシンボルが大学年鑑に初めて掲載されたのは、1905年のことでした。

生前のメンバーは極秘とされていますが、実際には葬儀の際に旗が掲げられることで、事実を知ることができます。

この秘密結社は、手の込んだ慈善活動をすることで有名です。たとえば1947年、卒業式の演説中、突然爆発が起きたかと思うと、177,777.77ドルと記載された小切手が浮かんでくるというサプライズが記録されています。

また2008年には、7が描かれた旗を掲げるスカイダイバーによって、14,777.77ドルの寄付金が届けられたとも言われています。

なお、現在セブン・ソサエティと連絡をとる唯一の方法は、大学のドーム状の校舎にあるトーマス・ジェファーソン像宛に手紙を投函することだそうです。

 

レパード・ソサエティ

西アフリカにある国、シエラレオネに起源がある「動物崇拝カルト」をご存知でしょうか?

19世紀から20世紀にかけて起きた一連の猟奇的な殺人事件への関与が疑われている集団です。

1920年代と40年代にコンゴ東部で多発した殺人事件に関連していたとされており、容疑者だったメンバー数人が死刑となり、40年代にはメンバー77人が死刑となっています。

その実態についてはほとんど知られていないため、人種差別や植民地支配の恐怖から生まれた都市伝説と事実を区別するのは困難です。

彼らはヒョウの皮を身にまとうなど武装し、超自然的なパワーを手に入れるために人を殺しては、その血肉を食らったという話も出回る一方、地域の力関係の維持、地元民の正義の執行、植民地政府への反抗なども、彼らの蛮行の背景として考えられているようです。

スポンサードリンク

 

モリー・マグワイアズ

モリー・マグワイアズも地主に対抗するために1840年代に組織されたアイルランドの秘密結社です。

メンバーは、女装や黒化粧などして、素顔を隠していました。その10年後には分派も結成されています。

彼らは1860~70年代にかけて、劣悪な労働環境に対する抗議や、南北戦争への徴兵から身を守るために、鉱山会社の関係者24名を暗殺したとされています。

しかし、その活動がレディング鉄道の利益まで揺るがすようになると、鉄道会社はモリー・マグワイアズにスパイを送り込み、2年半後には裁判が行われ、トップに君臨していたジョン・キーホーその他20人が絞首刑となりました。

歴史家によると、この裁判は著しく不公平かつ懐疑的なもので、検察のほとんどが鉄道会社や鉱山会社の関係者で、陪審員に秘密結社に都合の良い人物はいなかったといいます。

ジョン・キーホーは絞首刑から101年後、ペンシルベニア州知事によって恩赦されました。

 

黒手組

1911年にセルビアの軍人によって地域の統一を目指し結成され、正式名称は「統一か死か」という意味を持ちます。

その目的のためにテロや政治家の殺害などを行なっていますが、特に重要なのは、第一次世界大戦の発端となったオーストリア皇太子暗殺への関与で、武器の提供・密輸の疑いがかけられました。

彼らが皇太子暗殺を企てた理由については諸説あります。

1つは1908年にオーストリア=ハンガリー帝国がボスニア・ヘルツェゴビナを併合し、これが彼らの目的である統一国家実現の障害とみなされたという説です。

他には、セルビア首相と対立していた黒手組のリーダー、ディミトリエヴィチが、首相の失脚を狙ったという説も存在します。

いずれにせよ、1917年に全幹部が反逆罪で処刑され、グループはその力を失いました。

スポンサードリンク

 

アフリカン・アメリカン・ミステリーズ

この秘密結社に関するほとんどの情報は、設立者とされるウィリアム・ランバートが地元紙に語った内容です。

ランバートは、デトロイトで成功した黒人経営者で、主に黒人の平等な権利を求めて運動を行なっていた人物です。

別の秘密結社「地下鉄道」を通じて、1500人以上の黒人奴隷の逃亡を手助けしたとも言われています。

メンバーは、秘密の合言葉や手信号を教えられ、自分たちの身を守った。またメンバーの中には「地下鉄道」の関係者もいたようです。

ランバートによれば、メンバーは100万人近くに上り、1年間に1,600人もの黒人奴隷をカナダに逃亡させたといいます。

 

薔薇十字団

17世紀にドイツで出版された友愛組織です。15世紀終わり頃にローゼンクロイツという人物によって設立されたと記されています。

ローゼンクロイツは、エルサレムへの巡礼におもむき、そこで古代の神秘的知識を得て、薔薇十字団を組織したといいます。

その全貌を記した薔薇十字文書の内容は、摩訶不思議です。たとえば、1616年に出版された第三の文書では、開祖ローゼンクロイツが幻の城へ旅して、鳥の死体の灰から作られた2つの存在の結婚を目撃したことなどが記されています。

そんな文書の数々はヨーロッパ社会にセンセーションを巻き起こし、「薔薇十字の啓蒙」と知られるようになりました。

イギリスの思想家フランシス・イェイツによると、これらは宗教・神秘主義・科学の考え方が統合されており、新しい世界観を生み出しているそうで、フリーメイソンや黄金の夜明け団といった秘密結社にも影響を与えたとされています。

 

いかがでしたか?
秘密結社は数々あっても、やはり活動の規模が大きくなるほど存続は困難なようですが、まだまだ表に出てきていないもののほうが多いことでしょう。もしかしたら、あなたの周りにも実は秘密結社が存在するのかもしれません。

参考 : mentalfloss, など

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました