YouTubeでもチェック&チャンネル登録!

人類を司る“神”がいる可能性は高い? 10の科学的証拠とは

人類を司る“神”がいる可能性は高い? 10の科学的証拠とはUFO 異星人
人類を司る“神”がいる可能性は高い? 10の科学的証拠とは

 

私たちの命や宇宙全体をコントロールしている存在がいるといえば、どれ程の人が信じるでしょうか?

あらゆるSF作品のテーマとして定番となってきている、人類よりも”高次元”な存在に思いを馳せる研究者も多いのが事実です。

その裏付けとして、実際にそう言った存在を示唆するような常識外れの研究が存在します。

今回は、その10個の“証拠”に注目してみましょう。

 

LALALAちゃんねる!の動画で見る
スポンサードリンク

 

宇宙は本来存在しないはずだった?

とある研究によると、宇宙は1秒以上存在できないはずだったというのです。

例えば、宇宙の始まりの現象として知られる“ビッグバン”についても、等量の物質と反物質を作り出し、互いに打ち消しあうはずであるのに、わずかに物質の量が多いまま現在の宇宙が存在しています。

この件をきちんと説明することはできていないのです。

地球上の生命が存在できる可能性も、恐ろしく低い計算になります。

銀河は物質、暗黒物質、暗黒エネルギーの割合が適切でないかぎり、存在できませんでした。

地球から太陽の距離も同様です。

さらに木星ほどのサイズの惑星が小惑星を引き寄せていなければ、地球の表面は大変なことになっていたといいます。

議論されるのは、「意図的な介在がなくてもこうしたことは起こり得ただろうか?」という点でしょう。

スポンサードリンク

 

生命の種が存在する!?

フランシスという研究家による“パンスペルミア説”によれば、生命の起源自体が高次の存在によって地球に送り込まれ、いたるところに存在しているといいます。

初期の説では特に、生命は小惑星や彗星に乗ってやってきたとすら具体的に説かれていました。

2013年7月、実際に別の宇宙生物学者が“生命の種”を発見したと発表しており、イギリスあたりの上空に飛ばした気象観測バルーンから、髪の毛の太さほどの金属球が回収されたといいます。

そのチタンとバナジウムの殻の中にはなんと、粘着質な生物のような液体が入っていたとされていますが、この主張に対しては懐疑的な声が多いのが実情です。

 

生物学的アプローチ!?

人類の組成は22,000個の遺伝子、つまり3%のヒトゲノムで構成されています。

残りの97%はジャンクDNAとされており、もし生命が人類よりも高次の存在によって作られたのであれば、そこに暗号化されたメッセージや設計に関するタグを忍ばせているかもしれません。

実際に2013年には、2名のカザフスタンの科学者が、ジャンクDNAの中から自然に生じたはずのない記号言語の配列を発見したと主張しています。

スポンサードリンク

 

宇宙の限界が鍵となる!?

2003年、哲学者であるボストロムは「宇宙はコンピューターシミュレーションである」という仮説を提唱しています。

これは名のある実業家や天体物理学者も賛同している説だといいます。

これが真実であれば、それを作り上げた高次の存在が欠かせません。

また、構造上どのコンピューターにも限界があることを考慮すると、必然的に宇宙も有限なはずであると予測できます。

一部の研究者は、これを逆手に取って、初めに「宇宙の限界」を見つけることが、世界がコンピューターシミュレーションであるかどうかを示す鍵になると信じています。

これを検証するため、宇宙シミュレーターを設置した研究者団は宇宙線に着目しました。

これは太陽系の外からやってくる原子の欠片で、そのエネルギーは有限であり時間とともに劣化します。

これが地球に到達したとき、どの原子も最大10電子ボルトの似たようなエネルギー量を有しており、同時にあらゆる宇宙線がほぼ同じ発信源から放たれたことを示しています。

この研究結果からは、「宇宙はコンピューター論」が極めて事実に近そうであることが見て取れます。

 

生命の拡散

2015年、ハーバード大学系列の研究が、「生命は他の惑星で発生した生命が群れをなして、星から星へと移動して広まった可能性がある」と発表しました。

このシミュレーションは生命が疫病のように広まったことを示唆しています。

地球に生命を運んだものとして、小惑星と知的生命体の2つの可能性があり、そのどちらであっても銀河にはいたるところに生命が存在する、という示唆が伺えます。

 

物理定数

理論物理学者ジョン・D・バロウは、「どれほど高度に発達した文明であっても、自然法則について完全な知識はないだろう」という考えのもと、宇宙がシミュレーションであるかどうかは、そこに”エラー”があるかどうかを探せば良いという立場を取っています。

想定されるのは、例えば光の速度のような、時間にかかわらず普遍のはずのものにおけるエラーでしょう。

物理定数が不変であるか誰も確かなことは言えませんが、この宇宙が存在するためには決定的なものであることは間違いなさそうです。

中には、物理定数は生命が存在できるように宇宙が巧妙に調整されていることを示す証拠だとすら主張する者がいるほどです。

スポンサードリンク

 

ゲーデルの神の存在証明

1940年代、物理学者ゲーデルは”数学的な証明”で神の存在を明らかにしようとしたようです。

これは中世の神学者の、次のような議論に基づいています。

 

① 神という偉大な存在があり、それは、それ以上大きなものがないような存在である。
② 神は精神の概念として存在する。
③ その他の条件が等しい場合、精神と現実のどちらにも存在するものは、精神のみに存在するものよりも優れている。
④ 神が精神にのみ存在するのであれば、神以上に偉大な存在を想像することが可能である。
⑤ しかし神よりも偉大なものは想像できないので、これは議論 ①と矛盾する。
⑥ ゆえに神は”存在”する。

 

様相論理と並行宇宙論を利用して、ゲーデルは全知全能の存在が並行宇宙の1つに存在するのであれば、それは存在すると論じました。

2013年、2人の数学者がゲーデルの方程式を検討し、正しいことが確認されたものの、神の存在の証明に直結するわけではありません。

あくまで様相論理上、全知全能の神が存在することが証明されたに過ぎないのです。

 

人類が生きているのはテレビゲームの中と一緒!?

テレビゲームでは画面の外にあるものは存在しない構造です。

プレイヤーの視界に入っている部分だけが描かれるこの原理は、現実もこれと似ており、私たちがある切り口を見るまでは特定の側面しか存在しないことを示唆しているというのです。

この不可思議な現象は量子力学が説くもので、原子を構成する物体は波か粒子の形をとることが関係しています。

両方であることは滅多になく、光と電子と同じような質量を持つ物体にだけその例があります。

こうした物体は観察されていないとき、両方の状態にありますが、測定されると波か個体のいずれをとるか”決める”ことになります。

つまりゲームの中に表現されている世界となんら変わらないのです。

スポンサードリンク

 

ホログラフィック原理

1997年、理論物理学者マルダセナは次のように唱えています。

「宇宙は二次元のホログラムであり、それを私たちは三次元と認識している」

このホログラム宇宙を創るのは、重力子という小さな紐の振動で、これが正しければ、量子論とアインシュタインの重力の理論の矛盾を解消することができるのです。

一部の研究からは二次元宇宙があり得ることが示されており、日本の研究者は三次元世界のブラックホールの内部エネルギー、事象の地平線などの特性、そして重力のない二次元世界を持って計算し、一致することを証明しています。

また別のモデルは、時空が平らでさえあれば、宇宙は二次元であることを示しています。

 

宇宙の中の暗号

理論物理学者シルベスターによれば、世界がシミュレーションであることを示す有力な証拠が存在するといいます。

超対称代数を用いて研究に取り組んでいたとき、数学者ハミングが「二重、自己相対ですらある二元線形エラー修正型の符号」によって作られたコードを発見しました。

シルベスターはこの基本コードが宇宙の制御に関連するのではないかと勘ぐっています。

「思いもよらないつながりは、こうしたコードが自然の中に偏在しているかもしれず、現実のエッセンスに組み込まれている可能性すら示唆します。

もしそうなら、映画「マトリックス」で描かれた人間がコンピューターネットワークの仮装現実の産物であるという設定も完全には否定できないのです」

 

いかがでしたか?
あらゆる学者たちが各方面から宇宙の真髄に切り込んでいるだけでなく、実際にこれだけ“人類を司る存在”への肯定的な結論が出ていることは驚きに値するのではないでしょうか?現代のSF映画が実態に近い作品として放映される日も遠くはないかもしれません。

参考 : listverse, など

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました