YouTubeでもチェック&チャンネル登録!

FBI最高の惑星間チャネラー ~ジョージ・キング博士とは~

FBI最高の惑星間チャネラー ~ジョージ・キング博士とは~UFO 異星人
FBI最高の惑星間チャネラー ~ジョージ・キング博士とは~

皆さんは、チャネラーという言葉を見聞きしたことがありますか?

チャネラーとは、チャネリングを行う人という意味で、このチャネリングという言葉は、1980年代にアメリカで使われるようになったものです。

チャネリングとは、宇宙人や神、死者など、常識を超えた存在との交信法や、交信により情報の伝達をすることを表しています。

今回は、そんなチャネリングを行うチャネラーの中でも、地球外の知的な存在からメッセージを受けた「惑星間チャネラー」と呼ばれている、故ジョージ・キング博士についてお伝えします。

 

LALALAちゃんねる!の動画で見る
スポンサードリンク

 

金星からやってきた知的生命体「エーテリウス」との遭遇

キング博士は、1919年にイギリスのシュロップシャー州に生まれ、1954年に初めて、地球外の知的生命体と遭遇してメッセージを受け取り、「エーテリウス・ソサエティ」という協会を設立しました。

「エーテリウス」とは、キング氏にメッセージを送った、高度に進化した地球外生命体の名前で、その名がつけられた協会は、「人類の高揚を助けるために献身的な人々で構成される、世界規模の精神的組織である」と自称しています。

この「エーテリウス」は金星からやってきた生命体であり、また、他の惑星の生命体も参加する惑星間議会の一端を担う存在でもあるということで、キング博士はこの惑星間議会の代弁者の一人として「エーテリウス」によって選ばれたと語っています。

この体験以来、彼は人類に宇宙からのメッセージを伝える活動に力を注ぐようになりました。

キング博士や協会のメンバーは、敬意を込めて、彼にメッセージを伝えたこの生命体を「マスター・エーテリウス」と呼んでいます。

キング博士は、1957年に観測された極端に明るい2つの彗星についても、その一方は彗星ではなく、金星から来た高度な知性を持つ生命体「エーテリウス」が操作するUFOであり、このUFOが地球を訪れた目的は、地球に ある種の精神的な目覚めをもたらすことだったと述べています。

スポンサードリンク

 

キング博士はどのようにして宇宙のマスターと交信したのか

キング博士は、毎日ヨガの修練に励むことによって、ラジャ、グナニ、クンダリーニなどを含む、さまざまなヨガのテクニックを習得し、それらが彼をサマディと呼ばれる高い意識状態に到達させたと言われています。

サマディとは、ヨガにおいては、瞑想の対象物の一点に意識を集中し、それを深めて対象物の中に没入した状態から、さらに瞑想者本人の自我意識が消滅するまでに至った、究極の瞑想状態を言います。

キング博士はこのヨガを、リラグゼーションや体力づくりなどのためではなく、精神的能力を習得し、最終離脱を成し遂げるために行っていました。

このようにして高い意識状態に達することにより、彼は他の精神的なエネルギー領域の存在と通信することが可能になり、宇宙マスターからのメッセージを受け取ることができるようになったと言います。

 

宇宙マスターが我々人類に伝えるメッセージとは

キング博士は、1950年代に、惑星間チャネラーとしてメッセージを伝えていましたが、その中には核兵器に関する懸念もありました。

実際に、アメリカが当時、月面において核兵器を爆発させる実験の計画を進めていて、それを実行に移した際、核弾頭を載せた兵器は月面に到達する前に、地球外の文明によって破壊されたというのです。

しかも、この試みは極秘で複数回行われたにもかかわらず、全ての核兵器が破壊されたとも言われています。

さらに、アメリカの空軍施設やミサイル発射施設、核弾頭の貯蔵施設などの上空でUFOが複数目撃されていたことも分かりました。

中でも、1967年3月には、核兵器を大量に保管していた、モンタナ州マルムストローム基地で、赤く光るUFOが正門のすぐ近くで目撃された直後、核ミサイルの発射システムが全てダウンしたと、関係者である空軍大尉、ロバート・サラス氏が証言しています。

このように、「エーテリウス」をはじめ地球外の文明は、地球の人類が向かっている方向を正して地球の調和を保つことや、人類がより高い意識レベルで行動することの必要性を説いていると、キング博士は主張しました。

彼はまた、地球の人類の利己主義や快楽主義、暴力、汚染、地球資源の枯渇などは、カルマ(業)のバランスが著しく崩れていることにより起こっていると信じ、瞑想や自己啓発により、自分自身に働きかけることが大切であると訴え、活動を続けていました。

スポンサードリンク

 

FBIも認めた「惑星間チャネラー」

キング氏は、「エーテリウス・ソサエティ」を設立後、43年にわたり、地球外の高度な生命体からのメッセージを伝えるという形で、地球のため、人類のために活動を続けてきました。

彼が宇宙マスターから受け取ったメッセージは、600以上にも及ぶと記録されています。

このことについて、アメリカFBIが、「ジョージ・キング氏は、宇宙の人々が持つテレパシーの最高の連絡先である」という表現をしています。

イギリス人のキング氏が、アメリカにおいても注目された大きな理由の一つとして、通常は物理的接触 またはテレパシーでの交流のいずれかを行ったとする接触者が多いのに対し、彼はその両方を行っているということがありました。

当時では信憑性にかけると思われていたような彼の発言も、さまざまな機密文書が公開されるようになった近年では、つじつまが合って説得力を増すようになり、改めて注目を集めています。

 

いかがでしたか?
他の惑星に住む高度な技術をもった知的生命体が、歴史の裏で人類を導き、保護してきたと、キング博士や協会のメンバーは考えていました。キリストやブッダなどといった宗教の指導者たちの中に、人類を正しい方向へと導くためにやってきた地球外の生命体が含まれていたというのも、あり得ない話ではないかもしれませんね。

参考 : WRSP , wikipedia, など

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました