YouTubeでもチェック&チャンネル登録!

地球人類の進化の行方 ~ブルー・エイビアンズとレプティリアン~

地球人類の進化の行方 ~ブルー・エイビアンズとレプティリアン~UFO 異星人
地球人類の進化の行方 ~ブルー・エイビアンズとレプティリアン~

地球という惑星では、長らく「レプティリアン」と呼ばれるネガティブな宇宙人や「イルミナティ」という特権集団によって、搾取的な支配構造が維持されてきました。

しかし現在、レプティリアンやイルミナティの秘密が急激に暴かれ、支配者層の権力に陰りが見え始めています。

この一連の流れには、太陽系が直面している大きな環境変化、そして「ブルー・エイビアンズ」の支援が関係しているといいます。

今回は謎の支援者「ブルー・エイビアンズ」と、今後の地球の変化について紹介していきます。

LALALAちゃんねる!の動画で見る
スポンサードリンク

今、地球で起こっていること

そもそも今、地球、そして太陽系で何が起こっているのでしょうか?

前提として、太陽系は宇宙の中でも「強いエネルギー」が充満したエリアに突入しつつあるそうです。

その強大なエネルギーの影響により、地球は現在の第3密度から、より高次元の第4密度に移行している真っ最中なのだといいます。

密度が変わったところで、わたしたちには関係がないように感じますが、どうやらこの変化が地球人類に大きな影響を及ぼすようです。

第4密度というのは、より精神性の高い次元だといわれています。

一方、現在の地球人類の精神性は大変低いものです。

「他人を搾取して利益を得ることが当然」といった考え方が主流である現状では、第3密度までしか対応できません。

今後直面する強大なエネルギーによって、地球人類は「精神的に進化できる人」と「生き残れない人」に分かれてしまうようです。

ところが、レプティリアンやイルミナティによる支配が続いている現在の地球であれば、ほとんどの地球人類が死滅してしまうといいます。

このような地球人類の状況を打破するため、ブルー・エイビアンズとレプティリアンの間で取り引きが行われていたそうです。

スポンサードリンク

進化の支援者、ブルー・エイビアンズ

ブルー・エイビアンズは、青い鳥型の宇宙人であり、第6密度に存在しているとされています。

現在の地球人類が第3密度に存在していることを考えると、ブルー・エイビアンズたちは突出して高い精神性を持っているであろうことが窺えます。

ブルー・エイビアンズは、完全な「外からの来訪者」ではないそうです。

彼らは約25億年前までは、太陽系で文明を築いていたといいます。

今もその痕跡は残っているといわれていますが、太陽系の外縁にある「カイパーベルト」に存在しているため、人類には確認できていないのだそうです。

その後、長らく太陽系から離れていたブルー・エイビアンズですが、最近になって再び太陽系に戻ってきたといいます。

理由は、彼ら自身の進化のためです。

すでに高い文明と精神性を持つブルー・エイビアンズですが、さらなる進化を目指しているのですね。

しかも驚くべきことに、彼らの進化の条件には、「地球人類の進化の成功」が関わっているそうです。

ブルー・エイビアンズは、自分たちと地球人類にとってWin-Winの結果を得るために、地球人類の進化の支援をしてくれているのでしょう。

地球の旧支配者、レプティリアン

地球人類の進化を促したいブルー・エイビアンズが最初に行ったことこそ、旧来の地球の支配者である、レプティリアンとイルミナティの弱体化でした。

レプティリアンはヒト型爬虫類の宇宙人とされ、大変精神性の低い、低次元な存在だといわれています。

一方のイルミナティもまた、レプティリアンと関わりが深い組織とされています。

彼らは低次元な精神性の持ち主ゆえに、地球人類たちを搾取するという、冷酷な行為にもためらいがありません。

これまでの地球の歴史において、レプティリアンやイルミナティは自分たちの支配構造を維持するために、暗躍してきたとされています。

また、地球人類の精神性を成長させないために、宗教やマスメディアを駆使しているともいわれています。

地球人類が第3密度という低い次元にとどまり続けている理由の一端には、レプティリアンやイルミナティが関係しているようです。

スポンサードリンク

地球を巡る、宇宙人たちの取り引き

ブルー・エイビアンズとレプティリアンの取り引き、というとハリウッド映画ばりの派手なバトルシーンが思い浮かぶかもしれません。

しかし実際のところは、ブルー・エイビアンズ側がレプティリアンに少しプレッシャーを加えた程度だったようです。

というのも、ブルー・エイビアンズが何かをするまでもなく、今後の地球は「強大なエネルギーが降り注ぎ、第4密度へ進化する」ことが確定しているからです。

地球人類よりも低次元なレプティリアンたちにとって、このまま地球に居続けることは勝手に自滅することを意味します。

レプティリアンは自身の出身惑星へ戻ることを望み、ブルー・エイビアンズに帰還の邪魔しないように交渉した後、地球から去って行ったそうです。

いつ撤退したのか、具体的なデータは見つかっていませんが、2015年頃には取り引きが完了していたようです。

この情報が正しければ、レプティリアンの撤退からすでに5年近い年月が過ぎていると推測できます。

一方のイルミナティですが、現在はレプティリアンが残していった権益を巡って、派閥間で闘争が起こっているそうです。

イルミナティの秘密が暴露されたり、権力体制にさまざまな綻びが見えつつあるのは、こういった内部のいざこざが関係しているのでしょう。

スポンサードリンク

ブルー・エイビアンズの支援の終焉

ブルー・エイビアンズの意図通り、レプティリアンは地球から去り、イルミナティも衰退してきています。

地球人類は低次元な支配体制から脱却しつつあり、進化に必要なポジティブ性のバランスも徐々に回復し始めているといいます。

それでは、これから先はどのようなことが起こるのでしょうか?

ブルー・エイビアンズは地球人類に対して、今後はどのような支援をしてくれるのでしょう?

残念ながら、ブルー・エイビアンズの支援はここまでのようです。

というのも、「進化をするか、エネルギーに抗うか」という選択は、各個人が主体的に行うものであり、ブルー・エイビアンズたちにも介入できないのだそうです。

基本的に、高次元の宇宙人ほど「自由意志」を尊重するとされています。ブルー・エイビアンズもまた、その例に漏れないということでしょう。

地球人類の進化の行く末は、地球人類ひとりひとりに委ねられているのです。

地球人類のこれから

今後の流れとして、ますます強大なエネルギーが太陽系全体に降り注ぐことになります。

このエネルギーによって、人間の本性が一層あらわになっていくそうです。

「良い人」を演じることはもはや意味がなく、ネガティブな性格の持ち主は、必ず自分の本性に向き合わなくてはならなくなるようです。

特に、2023年~2024年には、巨大なエネルギーが地球に直撃すると予測されています。

それまでにネガティブな性格を見つめ直し、精神性を高めることができなかった人間は、残念ながらそのエネルギーに耐えきれなくなるそうです。

いかがでしたか?
現在見受けられている「支配者層の綻び」というのは、太陽系、そして地球全体で起こりつつある、大きな変化の前触れに過ぎません。そして、これからの変化はわたしたちひとりひとりの選択に委ねられています。
自分にとっていやな出来事が起こったときに「自省し、行動を改める」のか「環境や他人のせいにする」のか――その個人的な選択には、ブルー・エイビアンズであっても手助けすることはできないのです。
今一度、自分の行動を見返して自省する機会を、積極的に持つようにしていきたいですね。
スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました