ブログ記事をYouTubeでらららが配信しています!

未来の人類はSFさながら!? ~人類の進化と宇宙人の関係~

未来の人類はSFさながら!? ~人類の進化と宇宙人の関係~人体
未来の人類はSFさながら!? ~人類の進化と宇宙人の関係~

生物は環境適応により、徐々に進化し姿を変えるものであることはピンとくる方も多いのではないでしょうか?では、未来の人類はどんな姿になっているのでしょうか。

実はこれまでにも、私たちの身体は長い歳月の中で変化してきていることが最新の研究で報告されています。

今回は、人類の知られざる進化と、そこに関わる“宇宙人”にまで注目していきます。

 

LALALAちゃんねる!の動画で見る
スポンサードリンク

 

大型動物の狩猟で脳が大きくなった!?

イギリスの名門、ケンブリッジ大学とドイツのテュービンゲン大学が率いる学際的な研究者チームが最近発表した研究は、人類の“身体サイズ”と“気候変動”の関係を探る興味深いものでした。

研究チームは世界中で見つかったホモ属の300を超える“化石の身体”と“脳のサイズの測定値”を収集することで各化石が生きていた当時に経験した気候を特定しました。

過去100万年にも及ぶ世界の地域気候の再構築モデルをシミュレーションすることで導かれたということです。

データ分析によれば、人間の平均的な身体の大きさが過去100万年で大幅に変動しており、相対的により寒い地域でより大きな身体に進化してきたことが明らかになりました。

身体のサイズが大きいほど、低気温に対する緩衝材として機能すると考えられます。

表面積に比べて質量が大きい場合、物体から失われる熱が少なくなるため、寒い地域で身体が大きくなるのです。

スポンサードリンク

 

人類の祖先にみる進化の傾向

人類の祖先であるホモサピエンスは約30万年前にアフリカ大陸で出現しましたが、その前からホモ属はずっと長く存在していました。

ホモ属は「ネアンデルタール人」や、「ホモ・ハビリス」、「ホモ・エレクトス」などの他の絶滅した関連種も含まれています。

ホモ属の進化の明確な特徴は、身体と脳のサイズが増加する傾向でしょう。

ホモ・ハビリスなど初期の種と比較して、現代人の体重は50%重く、脳は当初の300%のサイズになっています。

「現存する人類のうち、温暖な気候の人々は相対的に小さくなり、寒い気候の人々は大きくなる傾向があるという事実が明確です。

同じ気候の影響が過去100万年以上に及び働いていることがわかりました」とアンドレア・マニカ教授は語ります。

 

今後の人間の脳は拡大か?縮小か?

一方で研究チームはホモ属の脳の大きさに対する環境要因の影響も調べましたが、相関関係は比較的弱かったようです。

ホモ属が生態学的により安定した地域に住んでいた時に脳のサイズは大きくなる傾向がありました。

考古学的データと組み合わせた結果は、これらの生息地に住む人々が大きな動物を食糧として狩っていたことが示唆しています。大型動物の狩猟はより複雑な作業であり、脳の進化が促進されたかもしれないのです。

研究チームの一員であるウィル博士は、次のように主張しています。

「様々な要因が脳と身体のサイズを変えることがわかりました。それらは同じ進化の影響下にあるわけではありません。

環境は私たちの脳のサイズよりも身体のサイズにはるかに大きな影響を与えます」

この研究はまた、環境要因ではないものが気候よりも大きな脳を動かすためにより重要であり、その主要な候補としては日々複雑化する社会生活、より多様な食事、そしてより洗練された技術を開発するための“認知課題”であることを示唆しています。

研究チームは人類の身体と脳のサイズが“今も進化し続けている“という良い証拠があるといいます。

確かに平均して身体の大きい人々はより寒い気候に住んでいるため、平均身長など今後も変動があるかもしれません。

しかし一方で人類の脳の大きさは“約1万1650年前以来”縮小しているように見えるという見方もあります。

今後も複雑なタスクをコンピュータやAIに“外注”するなどしてテクノロジーへ依存が強まると、今後脳がさらに縮小していく可能性があるというのです。

スポンサードリンク

 

頭の大きな人型の生命体といえば?

頭が大きな人型の生命体といえば、頭に浮かぶのが一種の宇宙人であるという人も多いのではないでしょうか?

宇宙人の種族“グレイ”は頭の大きな宇宙人として知られ、未来人であると言われてきましたが、科学的には未来の人類の脳は小さくなる可能性もあるというわけです。

ただし、人類の身体が縮小するよりも脳が縮小する方が遅かった場合、人類の姿がグレイのようになる可能性もあるでしょう。

一方で、今後の地球でこれまでの人類が体験したことのない環境の変化や大規模な出来事によってはやはり脳が大きく進化する可能性もあるのでしょう。

そしてグレイが本当に未来人だとすれば、今後の人類には何か恐るべき前代未聞の体験が待っていることを示唆していると言えそうです。

 

宇宙人が未来の人類なら、オカルトの謎が解決する!?

仮に宇宙人が未来人だった場合、これまでオカルトだと騒がれてきた様々な話が解決する可能性があるのです。

例えば、古代や中世に見られる壁画や絵画に映る宇宙人やUFOなどです。

イエス・キリストの復活伝説にもUFOの話が付けられる事がありますが、UFO=タイムマシンだった場合はその謎も解決する事になります。

その場合、神話や昔話、童話などに見られた謎の光だとか怪物の話だとか怪奇現象もそれが答えだったと証明出来そうです。

加えて、ネッシーやビッグフット、モケーレ・ムベンベなどの未確認の生物についても、古生物の生き残りなのではないかと疑われていますが、UFOが彼らの世界に持ち去るのに失敗した古生物とも考えられるでしょう。

スポンサードリンク

 

人類の未来の鍵を握るYoutube!?

今から5年ほど前に、アメリカでYoutubeを賑わせた動画をご存知でしょうか?

その動画は1964年に田舎の森で捕獲されたEBE -3と呼ばれる白いエイリアンに対する尋問インタビューでした。

アメリカ空軍基地の極秘プロジェクトで保管されていた極秘ファイルの映像資料だと言われています。

インタビュー映像に映るエイリアンは自分の事を英語で「私は地球外知的生命体ではなく、ホモ・サピエンスから枝分かれして進化した種族の一種であり、あなた達の末裔だ」と語った事で全米のYoutubeで話題になりました。

 

EBE-3とは何なのか?

アメリカでは、未確認の地球外生命体を“EBE”と略して呼ぶそうで、3の前には1や2がいたようです。

EBE-2は“J.ロッド”とも呼ばれ、秘密裏に行われていた研究施設の敷地でUFOの技術提供を行っていた“機械整備士の宇宙人”だという噂があるようですが、この存在も最近は否定する声の方が多く存在します。

J.ロッドはエイリアンにしては珍しく、地球の生活を行っている内にワイシャツとジーンズを身にまとうようになったと言われている特徴もあります。

また、他の宇宙人と異なりアメリカ人に協力的だったようで、UFOや自身の世界の科学技術の提供・協力などを惜しみなく行ったとも言われています。

今回話題になったEBE-3は1964年にアメリカの郊外の森の中でアメリカ空軍に捕獲されたとされています。

スポンサードリンク

 

EBE-3が本物だった場合の世界やアメリカにとっての“不都合”とは!?

仮にEBE-3が本物だった場合はアメリカや世界にとって、宇宙人の存在以上に厄介な存在になるようです。

その理由は単純な“宇宙人”よりも“未来人”の方が現在を生きる人類にとって有意義な情報と知識量を持っているに違いないため、人類の歴史にとてつもない影響を及ぼす可能性があるからでしょう。

SF小説やハリウッド映画に頻繁に出てくるタイムトラベル関係の映画には「タイムパラドックス」というテーマがあるのを見たことがある人も多いのではないでしょうか?

未来の人物が過去の人物に過干渉する事でその後の歴史や世界に多大な影響を与えて、本来存在するはずだったものが無くなったり矛盾を生じさせる現象です。

タイムトラベルやタイムマシンの概念自体は19世紀には既に存在しているので、1964年のアメリカがEBE-3の存在を封印する理由もよく分かります。

 

EBE-3のインタビュー映像

一番衝撃的だったのは、宇宙人だと思われていた存在が自ら「地球人の子孫である」とカミングアウトした事でしょう。

その姿に進化するまでにいかほどの歳月がかかるのかは分かりませんが、ホモ・サピエンス以前の類人猿は約50万年前に出現していることを考慮すると、万単位の時間はかかるのかもしれません。

 

いかがでしたか?人類の進化の果ての姿として、昨今世界を賑わす“宇宙人“がヒントとなり得る点、そして人類の身体のサイズが今も変化し続けている点を考慮すると、妙にリアルに見えてくるSF作品が増えることでしょう。私たちの子孫は、現代では想像もしない姿になっているのかもしれません。
スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました