ブログ記事をYouTubeでらららが配信しています!

人類はアヌンナキに作られた ~古代の宇宙人はニビルから来た!?~

人類はアヌンナキに作られた ~古代の宇宙人はニビルから来た!?~UFO 異星人
人類はアヌンナキに作られた ~古代の宇宙人はニビルから来た!?~

「アヌンナキ」を聞いたことはありますか?

アヌンナキは、“人類を誕生させた宇宙人”とも言われている宇宙人です。

私たち人類についてはダーウィンの進化論が有名ですが、人類を作り出したのが宇宙人などということは有り得るのでしょうか?

今回は、アヌンナキとは一体何なのか、また、アナンヌキと“日本人の関係”にまで着目し、詳しく解説していきます。

 

LALALAちゃんねる!の動画で見る
スポンサードリンク

宇宙人「アヌンナキ」は人類の起源?

人類の起源が宇宙人だというとんでもない理論ですが、信憑性はあるのでしょうか?

人類の進化論で有名なダーウィン自身は、「進化論に一番当てはまらないのが人類である」と言い放っています。

人類の進化はとても不思議なもので、結局何を根拠に考えても説明がつきません。

一般的によく知られている「人類は類人猿から進化した」という説も、ダーウィンの共同研究者であった研究者が否定しています。

では、私たち人類は一体どこから“発生”し、いつ人類の歴史が始まったのでしょうか?

そこで、人類の起源として宇宙人「アヌンナキ」の説が登場するのです。

アヌンナキとは、“ニビル”という惑星からやって来たとされる宇宙人です。

アヌンナキは、人類が誕生するはるか昔から、優れた技術や文明を持っていたと考えられています。

見た目は人類と大して変わりませんが、身長が3~10mとかなりのサイズです。

アヌンナキが地球にやって来たのは、紀元前45万年頃だそうです。

そして、二ビル星の公転は3600年周期であるのに対し、地球の公転は1年周期です。

つまり、地球でいう3,600年が二ビル星の1年となり、人類の想像を超えたゆっくりとした時間が流れていることがわかります。

スポンサードリンク

 

「アヌンナキ」という言葉の意味

日本人にとって聞き覚えのない響きである「アヌンナキ」、これはどのような意味を持つのでしょうか。

実は「アヌ」の意味は“空・宇宙”である、「キ」は“地球”とされ、アヌンナキとは「空から舞い降りた人々」という意味になるようです。

“アヌンナキ”という言葉はシュメールで語り継がれてきた神話にも登場しています。

 

アヌンナキはシュメール神話では「神」

シュメール文明はご存知の方が多いでしょう。

メソポタミア地方南部、チグリス・ユーフラテス川流域で紀元前3800年頃に突如出現し、高い技術を強みに発展を遂げた文明です。

そのシュメール人が作ったのが「シュメール神話」です。

その神話の中に「アヌンナキ」が登場しますが、これは偉大なる神々を意味する“アヌンナ“と、小さな神々を意味する”イギギ“が基になっています。

そして、シュメール神話での最高神が”アヌ“であることから、「アヌンナキ」という言葉は全体を通して「神の総称」であることがお分かりいただけると思います。

しかも、シュメール神話では“アヌンナキの男性の精子”と“猿人の卵子”をもとに、シュメール人を作ったとまで明確に記載してあります。

このプロジェクトを成功させるまで、“数万年”かかったとも言われています。

これはまるで今でいう遺伝子操作や人工授精のようなことを太古に行っていたことになります。

スポンサードリンク

 

ニビル星人・アヌンナキが地球に来た目的は「金」!?

アヌンナキの母星とされている二ビル星は、天文学的には仮説上の存在であり「惑星X」と呼ばれています。

大きさは地球の4~5倍で、質量は20~25倍、密度は約100倍とされている大きな惑星であることが知られています。

実際には発見されていませんが、太陽系9番目の惑星である可能性が一部で話題になっています。

二ビル星は紀元前45万年ごろ、害を及ぼす宇宙線から星を守っていた大気圏層に亀裂が入ってしまったことで危険にさらされ、絶滅寸前まで追い込まれました。

それは、自ら核戦争を行っていたためだと考えられています。

彼らは星を守るために、黄金から作られた“シールド”を張って亀裂を修復していたのです。

絶滅の危機から逃れたアヌンナキでしたが、必要とされた黄金は十分には足りていませんでした。

そこでアヌンナキは黄金を多く有している地球にたどり着いたと考えられます。

つまり、黄金の採掘のために地球に住み着き、“労働者”として人類を作り出したというのです。

 

アヌンナキが教えた、高度な知識と技術

アヌンナキは、人類たちに高度な知識と技術を与えました。

それは、文字から始まり、高度な文学、美しい建造物のための建築、難解な天文学や数学などの学問などがあります。

他にも、国を治めるための法律や行政的な知識も人類に授けたようです。

現代の人類の科学のレベルにも匹敵する宇宙への知識から、“白内障の治療”まで習得していました。

さらに、天体望遠鏡もない時代に、天王星・海王星・冥王星を知っていたのですから驚きです。

文明が起こる以前には、その形跡が残るのが一般的ですが、シュメール文明においては何の予兆もなく高度文明が出現したことが疑問視されてきました

これはアヌンナキが、母星である二ビル星で培ったものを地球でそっくりそのまま実行していたからなのでしょう。

スポンサードリンク

 

日本人や日本神話とも関係がある!?

意外なことに、シュメール神話は、日本人や日本で語り継がれる神話との関係が多く見られます。

日本神話の「天孫降臨」は、アヌンナキが人類を想像した話と非常によく似ています。

天からやってきた神々は日本列島を創造し、建国します。

その神は、まるでアヌンナキそっくりなのです。

その他にも、天皇家の宝として有名な「三種の神器」もシュメールに存在しています。

日本の三種の神器は「草薙剣(くさなぎのつるぎ)」「八咫鏡(やたのかがみ)」「八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)」ですが、シュメールの場合にも「剣」「鏡」「月型の首飾り」があり、日本の三種の神器とほぼ同じであることがわかります。

日本と遠く離れた地で語られていた神話と、日本神話にはこれほどの類似点があるのです。

他にも、皇室のシンボルマークがシュメール王朝の王族のシンボルマークに似ている件など、日本とシュメールの類似点は挙げると枚挙にいとまがない程なのです。

そんなシュメール人は紀元前に突然消えてしまったと記録されています。

しかし、その一部が日本に渡ったともいわれています。私たち日本人の中にもシュメール人の血が流れているかもしれません。

 

地球はたった8人のアヌンナキが24万年にわたり支配していた!?

古代文明はやはり宇宙人によって支配されていたのでしょうか?

そう思わざるを得ない驚愕の事実が発覚しました。

なんと、シュメール文明の公式王名簿に、8人の宇宙人が24万1200年にわたり世界を支配していたという衝撃の記録が見つかったのです。

「シュメール王名表」とは、古代メソポタミアにおける王朝の王を列挙した正真正銘の公式のものです。

しかし、常識では考えられない記述も散見されます。

例えば、シュメール王名表に記載されている初代の王アルリムは、ギルガメッシュ王よりも“数十万年”遡った時代に存在したとされ、在位期間はなんと2万8800年と記載されています。

言うまでもなく人類には不可能ですが、それではこの王は何者だったのでしょうか?

8人の王で24万年以上も統治したというようなことが本当にあったのでしょうか?

専門家たちに聞くと、このリストは、そもそも事実のみの記録ではなく歴史以前の神話上の王も含めてしまっている、といいます。

しかし、王が天から降りてきた背景はどこからくるのでしょうか?

スポンサードリンク

 

古代シュメール王も宇宙人だった!?

天から降りてきた8人の王が実在した歴史上の人物だとすれば、やはりシュメールの神話において文明を興したと言われている「アヌンナキ」が関係していると考えられるのではないでしょうか。

シュメール文明と地球外生命体との関係は以前より指摘されており、ほんの最近にもイラクの運輸大臣が「シュメール人はUFOで惑星間飛行をしていた」と公の場で発言しているのです。

また、「古代宇宙飛行士説」を提唱するUFO研究家のツォカロス氏も過去に、「シュメール文明には進化の痕跡が無いため、高度な知的文明が技術を伝えた可能性が高い」とインタビューで答えています。

 

いかがでしたか?シュメールの8人の王について、神話であると断言することも出来ない今、どうしてもアヌンナキ説が濃厚になっていきます。これだけ進歩し研究が進んだ現代ですらアヌンナキが人類の祖先である説を否定しきれない限り、根強く人々の関心を集める続けることでしょう。
参考 : ancient-code, twoeggz, wikipedia, など
スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました