YouTubeでもチェック&チャンネル登録!

シャイニングワンとは? 〜人類を操る神のような宇宙人〜

シャイニングワンとは? 〜人類を操る神のような宇宙人〜UFO 異星人
シャイニングワンとは? 〜人類を操る神のような宇宙人〜

多くの人々がイメージする宇宙人といえば、肥大した眼球と頭部が特徴的ないわゆるグレイタイプの宇宙人でしょう。

グレイタイプの宇宙人は、日々進化するテクノロジーによって身体が衰えていった未来の人類の姿なのではないかという説もあります。

ところが、広大な宇宙の中には地球の誕生に深い関わりがあり、母なる大地である地球に生命を吹き込んだ宇宙人が存在する可能性があるのだそうです。

その宇宙人は「シャイニングワン」と名づけられており、まるで神のような存在であるといわれています。

今回は、人類を巧みにコントロールしようとしている神のような宇宙人についてご紹介いたします。

LALALAちゃんねる!の動画で見る
スポンサードリンク

人類の父であり生命の父でもあるシャイニングワン

ジャーナリスト業と作家業を兼業しているロバート・スタンレー氏は、1985年のある日、突如まばゆい光に覆われたシャイニングワンに出会い、「我々は人類の父である」とのメッセージを送られました。

その出来事があってからというもの、ロバート・スタンレー氏はシャイニングワンに関する研究に熱心に取り組むようになりました。

さらに、その後2度目の出会いを果たしたときにはシャイニングワンに疑問をぶつけ、その正体を明らかにすることもできたといいます。

その結果シャイニングワンという宇宙人は、人類の誕生と生命の誕生に深い関連性があるすべての生命の父であることが判明しました。

地球に収監されたフォールンワンという種族

シャイニングワンは、別次元の空間を自由に行き来できる能力を身につけているくらい高度なテクノロジーを保有しています。そして、母なる大地である地球を創った神のような存在であるといわれています。

ところが、シャイニングワンの中にはかつての地球に混乱をもたらし、人類をコントロールしようと試みる「フォールンワン」という種族がいるのだそうです。

フォールンワンという言葉には「堕ちた者」という意味が込められており、その名の通り何らかの罪を犯したことによって地球に収監されてしまった存在のようです。

スポンサードリンク

人類を裏で巧みにコントロールするフォールンワン

地球に収監された存在であるフォールンワンは、はるか遠い昔から人類の愚かさというものについて把握しており、人々が堕落する様子を見守っていた存在です。

そして、およそ何千年という長い期間の中、人類を裏で巧みにコントロールしていました。
フォールンワンは人類を盾にして身を潜め、シャイニングワンに己の存在を悟られないようにしています。

さらに、自らの代わりに残虐非道、傍若無人な所業の数々を人類にさせることによって、この世の中全体にかつてないほど恐ろしい様々な苦痛を生じさせようしているのだそうです。

人類の間で過激思想を持つ人々が現れたり、宗教的な争いがたびたび生じるのは、フォールンワンが人類を巧みにコントロールしているからだといいます。

スポンサードリンク

UFOはフォールンワンが考案したものだった?

フォールンワンは、はるか遠い昔、人類に様々な知恵と恩恵をもたらしてくれました。

時折、世界のどこかで円盤状の未確認飛行物体、つまりUFOが目撃されたという情報が広まることがありますが、それらのUFOの多くはフォールンワンの手によって考案されたものではないかと考えられています。

地球上に存在する政府と宗教団体は、はるか遠い昔からフォールンワンと深い関わりがあります。しかし、フォールンワンは人類を巧みにコントロールしている存在のため、本当のことを世間にさらけ出すことはできません。

その代わり、情報を撹乱するために間違った情報を世間に広めています。多くの人々は、情報を撹乱しコントロールするために流された情報によって、

何億光年もの距離がある惑星から宇宙人が訪ねてきて彼らが地球を支配しようとしていると思い込まされているのです。

いかがでしたか?
人類を巧みにコントロールしようとしている神のような宇宙人の存在についてご紹介しました。罪を犯したことによって堕ちた者となり、人類を巧みにコントロールするフォールンワンは、様々な悪行を人類に試させようとしています。その1つが、生物のハイブリッド実験です。倫理的な問題のあるハイブリッド実験は、厳格なルールに則って禁止されてはいるものの、それは表向きに定められたルールかもしれません。今後は、ヒトとロボットが組み合わさった生物が生成される予定とのことです。このように、様々な罪を重ねるフォールンワンですが、これからどのような悪行を犯していくのか見ものです。
スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました