YouTubeでもチェック&チャンネル登録!

宇宙人を探さずに発見する画期的な戦略 ~ダイソン球理~

宇宙人を探さずに発見する画期的な戦略 〜ダイソン球理論〜UFO 異星人
宇宙人を探さずに発見する画期的な戦略 〜ダイソン球理論〜

地球以外にも知的生命体は存在するのでしょうか?この議論については、直近の10年程の間に肯定的な見解が広まってきました。

それは、宇宙技術の発達によって、地球に似た惑星が想像よりも現実的である可能性が明らかになってきたからです。

オックスフォード大学の研究者は、まず宇宙人そのものを探すのではなく、恒星のエネルギーによって稼働する巨大なスーパーコンピューターがある「ダイソン球」を探すべきだと主張しています。

今回は、ダイソン球をはじめとした「地球外生命発見のための戦略」に迫りましょう。

LALALAちゃんねる!の動画で見る
スポンサードリンク

SETI研究の貢献者による、地球外生命発見の戦略?!

このような地球外生命の発見を目的とする研究分野のことを「SETI(地球外知的生命体探査)」といいます。

SETI関連の研究者は、物理学や天文学をバックボーンとしていることが多く、ゆえにコンピューター神経科学で学位を取得した異色の経歴を持つオックスフォード大学人類未来研究所のサンドバーグ博士ですが、SETI研究の土台形成に貢献したことで知られる人物です。

その経歴にふさわしく幅広い分野を研究対象とする彼ですが、SETIに関する業績としては仮説上の人工構造物についての理論が代表的です。

それは、「ダイソン球」と呼ばれる恒星を卵の殻のように覆ってしまうものです。

サンドバーグ博士によれば、知的生命を発見するために、このダイソン球を探すべきなのだといいます。

スポンサードリンク

ダイソン級とは?

1960年、物理学者のフリーマン・ダイソンは、高度な地球外文明ならば恒星を囲むような人工生物圏をつくり出すだろうとの理論を提唱しました。

現在の物理学によるならば、ある惑星系で最大のエネルギーはその恒星からもたらされます。従って、どこかの時点でそのエネルギーを利用するようになるのは必然だと考えられます。

そのためには、恒星を丸ごと包むような巨大構造物で、恒星のエネルギーを吸収すれば良いのです。

それがダイソン球で、都合のいいことにダイソン球は恒星によって熱されるため、赤外線で明るく輝くと考えられます。

そのため、地球から肉眼で見える遠方の星々のように、これを見つけ出すことができれば、地球外高度文明が存在するという証拠になるのです。

スーパーコンピューターとしてのダイソン球

サンドバーグ博士は1999年に、とある論文を発表しており、そこで提唱されているのが「恒星ほど大きなスーパーコンピューター」です。

私たちの文明が多少なりとも参考になるのだとすれば、文明が発達すればするほどコンピューターの演算能力はますます重要なものになるでしょう。

そして文明が発達した末にたどり着くのが、恒星のエネルギーによって稼働する「ダイソン球スーパーコンピューター」と、それによって誕生する「大規模な人工知能(AI)」です。

この見解はSETI関連研究で大きな影響力を持つようになり、本格的なダイソン球探しが行われるようになりました。

1960年代に提唱されたときには、単なる奇抜なアイデアという扱いを受けていたダイソン球ですが、最近では毎年複数の関連論文が発表されるようになっています。

スポンサードリンク

ダイソン球の発見が意味することとは?

仮にダイソン球を本当に発見できたとすれば、単純に地球外文明の電波を検出できた場合よりもずっと大きな意味があると言われています。

というのも、その存在が示していることは、「知的生命はそれを作れるほどの超文明にまで発達できる」ということを意味しているからです。

依然として地球外生命はまだ発見されておらず、高い確率でいるだろうと期待される候補惑星すら見つかっていません。

サンドバーグ博士によれば、実はこのこと自体が「知的生命はどこかの時点で滅亡してしまう」ということを示唆しているのかもしれないといいます。

だとすれば、今人類がやるべきことは絶滅のリスクをできるだけ下げるための努力なのかもしれません。

夏眠するダイソン球?!

ちなみにサンドバーグ博士は2017年にまた新たな論文を発表しています。それによれば、ダイソン球が作られても「夏眠」させられる可能性があるというのです。

私たちを照らす太陽は50億年ほどで燃え尽きると考えられていますが、宇宙には他にも多くの恒星があり、太陽寿命の数千倍以上の期間は星々が燃え続けると言われ、すなわち“夏”が続くと考えられます。

一般的にコンピューターは発熱すると作業の効率が低下しますが、それはダイソン球によるスーパーコンピューターもまた同じであると考えられます。

従って、その性能をフルに発揮したい場合には、星々が燃え尽きて宇宙が冷えてから稼働させた方が効率が良いため、時間という投資も安いものかもしれないとの考え方もあるようです。

スポンサードリンク

宇宙人はブラックホールからエネルギーを吸収している?!

地球外生命発見の手がかりはダイソン球だけではありません。

米コロンビア大学やその他に所属する科学者によれば、宇宙人はブラックホールからエネルギーを吸収している可能性があるようです。

この技術が事象の地平面の外側になんらかの痕跡を残していたとしてもおかしくはないと考えられ、それを検出できれば宇宙人の存在を証明できるかもしれないということです。

ブラックホールで物体を落とす?!

宇宙人のエネルギー源はブラックホールなのではないか?という説があります。同じことを人類もできるのでしょうか?

そのためのアイデアなら、すでにいくつか提唱されています。

最も有名なのは、ブラックホールに関する研究で昨年ノーベル物理学賞を受賞したロジャー・ペンローズのものでしょう。

1969年に発表された「ペンローズ過程」を見てみると、まず容れ物に物体を入れて、自転するブラックホールの「エルゴ球」と「事象の地平面」の間に落下させます。

それから方法はさておき容器だけを回収すると、物体の質量とブラックホールの減少した質量に相当するエネルギーを抽出することができると説明されているものです。

事象の地平面は、ブラックホールの重力が高まり、光すら脱出不能になる境界のことで、その周囲の時空は、ブラックホールの自転によってまるで渦のように引きずられており、これを「エルゴ球」と呼びます。

この空間の引きずりによって、エルゴ球に落ちた物体と容器は負のエネルギーを帯びるのです。

このとき物体だけを事象の地平面に落とし容器を回収すると、これによってブラックホールが失った運動エネルギーを享受することができるのだといいます。

スポンサードリンク

降着円盤の巨大なプラズマを利用

ペンローズの思考実験は物体で行われましたが、とある科学誌に掲載された研究では、ブラックホールの周囲をかこむ「降着円盤」の中で生じた巨大なプラズマで同じことができるのではないかという仮説のもと、考察されています。

そのプラズマには膨大な量の粒子が含まれているので、これでペンローズ過程を行えば膨大な量のエネルギーを取り出せるだろうという理論です。

恒星の表面では、強力な磁場線がもつれたり、解けたりを繰り返す「磁場再結合」という現象がよく観察されます。

ここでは膨大なエネルギーがプラズマ・フレアという形で放出されており、そうしたプラズマ・フレアは恒星へまた落下するか、あるいは宇宙へと脱出していきます。

一方今回の研究グループによると、ブラックホールの事象の地平面の外側でも磁場再結合が起きており、これによってプラズマが発生します。

それがエルゴ球に落下すると負のエネルギーが蓄積され、外へ脱出するプラズマには物体の容器のようにブラックホールのエネルギーが蓄積されます。

これを取り出せば、ブラックホールの無尽蔵のエネルギーを利用できるようになるのです。

過去の研究とは別の見解

1977年にもロジャー・ブランドフォードらによって発表された別の見解がありました。

自転するブラックホールのそばにある磁場は再結合されず、そのかわりに脱出するプラズマの角運動が増加するという説は、今回の研究とはまた異なる見解です。

一体どちらが正しいのか判明するには、今後の検証を待たざるを得ないでしょう。

いかがでしたか?地球外生命発見の手がかりとして、直接彼らを探そうとするのではなく間接的な方法で見つけようとする発想の転換も、近年の宇宙科学進歩の一翼を担っていると言えるでしょう。地球外生命のエネルギー源についても同様に、1日も早く全てが明らかになることに期待したいところです。
参考 : vice, journals, livescience, など
スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました