ブログ記事をYouTubeでらららが配信しています!

異星人文明と銀河間条約の締結 ~プランクエネルギーを操る異星人の脅威~

異星人文明と銀河間条約の締結 ~プランクエネルギーを操る異星人の脅威~UFO 異星人
異星人文明と銀河間条約の締結 ~プランクエネルギーを操る異星人の脅威~

私たち人間が発明した恐ろしい兵器の1つに、「核兵器」があります。

しかし、宇宙規模でみれば、それどころではなく恐ろしいものがあるかもしれません。

必ずしも兵器でなくとも、なんの前触れもなく地球を滅ぼしてしまう可能性があるかもしれません。

今回は、ハーバード大学の名高い理論物理学者であるローブ氏が述べた、そのような最悪の事態を回避するための“興味深い意見”をもとに、地球外文明が持つかもしれない“技術的脅威“に迫ります。

 

LALALAちゃんねる!の動画で見る
スポンサードリンク

 

高度な地球外文明が“超高性能加速器”を開発したら?

ローブ氏は、地球外文明を持つ惑星と、銀河間条約を締結する必要が出てくるであろうとアメリカの科学誌で述べています。

その背景には、高度な地球外文明による高度な発明が関係しているようです。

一般的に、原子核や素粒子を研究するためには、「加速器」で粒子を光速近くまで加速・衝突させ、その挙動を調べます。

もしも粒子を衝突させることで、プランク単位系で表される「プランクエネルギー」を発生させられる高性能な加速器があるとすれば、どうなるでしょうか?

それは簡単なことではありません。

既に存在する技術で実現しようと思えば、全長“1万光年”もの加速器が必要になってしまいます。

しかし、超高度な技術を有する地球外文明であれば、彼らの惑星系に収まるくらいにまで小型化することで、実用レベルのものを開発できるかもしれません。

スポンサードリンク

 

宇宙に危機をもたらすダークエネルギーの衝撃波

ローブ氏によると、粒子がプランクエネルギーで衝突すると、真空に局地的な低エネルギー状態のトンネルが出現するのだといいます。

宇宙は真空ですが、それは完全な無ということではなく、ある程度のダークエネルギーで満たされていると考えられています。

ダークエネルギーとは、宇宙全体に浸透し、宇宙の拡張を加速していると考えられる仮説上のエネルギーのことです。

そのダークエネルギーが内部で燃え、体積が増えることによるエネルギーが表面張力を突破すれば、“巨大な泡”が出現します。

それは爆薬が衝撃波を伴いながら爆発的に燃焼するのとそっくりだといいます。

仮に全てのダークエネルギーが熱に変換されれば、地球の始まりの“ビッグバン”の名残よりも10倍熱く、エネルギー密度は1万倍高いため、通過するや否や見事に焼き払われるでしょう。

 

地球外文明と銀河間条約「プランク加速器条約」の締結が必要?

仮にそういった衝撃波が地球へ向けて放出されたとすれば、何が起こるのでしょうか?

それは光速で突然飛来するため、事前に警告を受けることができない点が絶望的と言えるでしょう。

そんな災難を防ぐためにローブ氏が提案したのが、1963年の核実験禁止条約をモデルとした銀河間条約「プランク加速器条約」でした。

宇宙のどこかにあるかもしれない高度文明が危険な加速器実験を行うことを規制できれば、悲惨な結果を未然に防げるという考えです。

スポンサードリンク

 

銀河に存在する36の高度な地球外文明?!

そもそも、この宇宙には私たち以外にも知的生命が存在するのでしょうか?

これは人類が宇宙に目を向けるようになって以来、ずっと問い続けられてきた疑問と言えるでしょう。

有史以来、説明することができない不可思議な現象はいくつも確認されてきましたが、宇宙人の存在を明確に告げている証拠はまだ見つかっていません。

一方、ある研究チームによれば、私たちが暮らす天の川には現時点で36の地球外文明があってもおかしく無いといいます。

明確な証拠がなくとも、統計学的な確率に基づけばそう推定することができるのだといいます。

 

50億年後の地球に似た惑星で知的生命が誕生する予定?!

イギリスの研究チームは、次のような仮定に基づいて宇宙規模での進化を考察しました。

まず、惑星では地球と似たようなプロセスで生命が誕生・発達すると仮定されます。

そこから、地球に似た惑星であれば50億年も経過すれば、知的生命が誕生すると予測できます。

また誕生した種が発達する地球環境を再現するためには、潤沢な金属がある環境が必要になります。

実は私たち人類は、太陽に金属が存在していることによってかなり金属に恵まれた環境で発達してきたのです。

スポンサードリンク

 

電波を放出する文明が100年間存続する?!

私たちの地球文明は過去100年程度の間に人工衛星やテレビ等によって電波を発信してきたため、同等の技術を持つ文明もまた少なくとも100年程度は存続するのだと仮定しましょう。

このように知的生命が誕生する条件を仮定した上で、それらを満たす惑星が天の川に何個あるか推定すると、現時点で36の知的文明が存在していたとしてもおかしく無いといいます。

しかし、この推定が正しかったとしても、地球外文明と交信する難易度は高いでしょう。

なぜなら文明同士の平均的な距離は1万7000光年もあると考えられるからです。

私たちがそうした電波を検出できるようになる前に、地球外の文明が滅んでしまっているという可能性もあり、その場合には天の川にいる知的生命は人類だけということになります。

 

知的生命体の存在を統計学で検証する方法

原始の生命は、地球が誕生して3億年後に登場したと考えられています。

そして私たちの直接の祖先である新人類が登場したのは20万年前のことです。

さて、もしも地球の歴史をもう一度最初から始めてみたとしたら、私たちは同じように誕生したのでしょうか?

進化の速度も同じなのでしょうか?

あるいは、地球と全く同じ環境の惑星があれば、そこでも知的生命体は誕生したのでしょうか?

アメリカ・コロンビア大学で天文学の研究に従事するキッピング助教授は、統計学の手法を利用し知的生命体の誕生を4つのパターン分類しています。

スポンサードリンク

 

知的生命誕生の条件に関する4つのパターンとは?

かつて、イギリスの天文学者ホイル博士は、生命が誕生する確率について、「不要物置き場の上をハリケーンが通過し去った時、奇跡的に旅客機が出来上がっているような確率」と述べていました。

それだけごく稀な現象であるということでしょう。

一方で、地球誕生から程なくして生命体が誕生していることから、それほど特異なことではなく、ありふれた現象なのだと考える説も存在します。

では、進化の速度についてはどうでしょうか。

生命の進化が非常に緩やかなものであるとするならば、私たちのような知的生命が誕生するよりもかなり前もって生命が誕生している必要があります。

そうでないと、進化の末に知性が獲得されるよりも前に地球が滅びてしまう可能性があるからです。

このようなことを考えると、地球のような惑星における知的生命の誕生を4つのパターンに整理することができるといいます。

1つ目から順に、「生命は一般的な現象だが、進化はゆっくりとしており、知的生命は稀少である」というパターン、「生命は稀少な現象だが、進化は急速であるため、一般に知的生物に進化する」パターン、「生命は一般的で、しかも大抵は知的生命に進化する」パターン、そして「生命は稀少で、知的生命はさらに稀少である」というパターンが挙げられています。

 

過去の経験と新しいデータから不確かな事象を予測

キッピング氏らは、それを「ベイズ推定」という統計学的な手法で、どのパターンが現実的かを調べてみました。

ベイズ推定とは、過去の経験と新しいデータから不確かな事象を予測する方法です。

例えばベイズ推定とは、箱を2つ置き、それぞれ合計個数のみ揃えて味と個数の内訳がバラバラになるように飴を入れます。

そこでランダムに箱を選び、適当に飴を取り出したときの飴の味を頼りに、箱1から飴を取り出した確率を割り出す方法です。

キッピング氏らは、この箱を知的生命誕生のパターンに、飴を地球の化石記録に置き換え、どのパターンと思われるかを調べてみたのです。

スポンサードリンク

 

統計学的には「生命の誕生する」確率の方が高い

ここから得られた結果としては、生命の誕生が一般的であるケースの方がそうでないケースの確率よりも9倍高いという考察が得られました。

もちろん、これは確かさを保証するものではなく、ただ地球という唯一の事例に基づく統計学的な計算結果に過ぎませんが、それでもどちらかに賭けるとするならば、宇宙に生命が満ち溢れている可能性に賭けた方が勝率は上がるのです。

地球外生命の捜索を諦める理由はないとキッピング氏は語っています。

 

いかがでしたか?地球外文明の捜索を続け、事実が見えてくるということは同時に私たち自身の運命を見通せてしまう可能性もあるでしょう。皮肉にも、「未知を解明する好奇心」と「人類滅亡の知らせ」は背中合わせなのかもしれません。
スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました