YouTubeでもチェック&チャンネル登録!

近代におけるエイリアン探索 ~10の研究と試み~

近代におけるエイリアン探索 ~10の研究と試み~UFO 異星人
近代におけるエイリアン探索 ~10の研究と試み~

NASAの予測では、太陽系外で生命体を発見するのは そう遠い未来の話ではないとされているのをご存じですか?

かなり夢のある話ですが、それがどの星で、どの様な形の生命体なのか、そして 例え生命体が発見されたとしても、果たして人類とコンタクトがとれるのか等々 疑問は尽きません。

今回はそれら不確定要素にロマンを感じ、地球外生命体を探して まい進する人類の最新の地球外生命体探索事情をご紹介します。

LALALAちゃんねる!の動画で見る
スポンサードリンク

NASAは『20年以内にエイリアンが発見される』と予測していた

過去 米国メリーランド州バルチモアにある 宇宙望遠鏡科学研究所 (STScI) の理事長を務めた マット・マウンテン氏は『世界が目覚める瞬間を想像して下さい。

人類が味わってきた長い孤独が終わる瞬間を。世界を永遠に変える大発見の瞬間が、もうすぐそこまできているのです』と発言し世間を沸かせました。

NASAの科学者らも彼と同様、技術の進歩によって今後20年以内に銀河系の中で生命体を発見できるだろうと予測しています。2009年にはケプラー宇宙望遠鏡も打ち上げられ、太陽系外の多くの惑星を発見することに成功しています。

この実験で収集されたデータに基づき NASAの科学者たちが出した予想では、我々の住む銀河系だけでも なんと一億個の惑星に生命が 住む可能性があるといいます。

知的生命体か否か

2018年に打ち上げられた ウェップ宇宙望遠鏡は太陽系外惑星の大気中に含まれる 生命の痕跡を調べることができるそうです。

それは 例えば水の分子、酸素や二酸化炭素なのですが、これらの 所謂『生命体が生存しているサイン』が発見されたとしても、それらが知的なのかどうかは 誰にも予想できません。

つまり、SF映画やドラマなどで登場する様な高度な文明を持ち 人類と意思疎通ができるレベルの生命体ではなく、アメーバの様な単細胞の有機体であるかもしれないという事です。

スポンサードリンク

理性と想像力の狭間

人間の先入観や 想像力の欠如でエイリアン研究に制限がかかっているという指摘もあります。

これは 我々が現生人類を”標準”として考え、エイリアンも人間同様 炭素でできた生命体であるだろうという前提で考えている事への指摘です。

これについて 宇宙科学研究所(SSI)のキャロリン・ポルコ氏は『科学者は全て根拠に基づいて検証します。全く突拍子もないことを考えたり、思いついたりはできないのです。』とコメント。

確かに突拍子もない思い付きを根拠もなく主張するのはトンデモ説であり科学ではありませんから、論理的かつ柔軟に地球外生命体の存在について思考するのは難しいところです。

NASAの次の目標は木星の衛星『エウロパ』

NASAは2020年代に”木星の月”といわれる エウロパを探索する計画を立てているのだそうです。

この衛星の地表で有機体が活動することが可能かどうかを探り、将来はロケットの発着可能な場所を探すことが 重要任務の一つとされています。

また、NASAの主任研究員エレン・ストファン博士は『エウロパの厚い氷の下には 生命体が存在する可能性もある』としています。

というのも、エウロパの南極には 氷に割れ目があり、そこから水しぶきが上がっているというのです。

更にエウロパの地表はオレンジ色で粘性のある”何か”に覆われており、これもいったい何なのか、専門家たちの注目を集めています。

スポンサードリンク

太陽系外惑星での生命体探索が可能に

つい最近まで、太陽系外で生命体を探すのは技術的に難しい面がありました。

しかし テキサス大学の物理学者達曰く、『電波放射を解明することで 太陽系外惑星を周回する月を発見できるようになった』ため、『生命が存在する可能性のある星が一気に増えた』のだといいます。

火星には生命の痕跡があり、将来また生命が誕生するかもしれない

現在の火星は極寒の世界でとても有機体が誕生することはできない状態だと言われています。

しかしNASAの探査機オポチュニティー・ローバーは、40億年前には火星には水や泥が存在した痕跡を発見しています。

更に 2億1000万年前には 火星で3番目に高いとされる火山「アルシア・モンス」が広大な氷河の下で噴火し、この火山の熱により下層の氷河が融解したため、氷河の中に湖があったとされています。

この湖は 長期間存在していたため、微生物が発生するには十分な時間があったと考えられているのです。
因みに地球にいる アメーバの様な単純な微生物の内のいくつかは、現在の火星でも生存可能とされています。

例えば 水素と二酸化炭素を使ってメタンを生成する メタン細菌などは、酸素や有機的養分・太陽光を必要としないため、理論上 火星の様な凍結・融解を繰り返す程 極端な温度変化のある所でも生き延びることが 可能なのだといいます。

スポンサードリンク

汚染によって知的生命体を発見できる?

これまでは 地球外生命体を探すとなると、酸素や二酸化炭素、メタンのある 太陽系外惑星に絞って調査されてきました。

しかし 科学者の中には『知的生命体を探すなら、工業的な汚染を探すべきだ』と考える人も 少なからず存在します。

もしも 過去にでも文明が存在していたのだとすれば、その痕跡が汚染として残っているのではないか という考えですね。

しかし 現行のウェップ宇宙望遠鏡では 白色矮星(死んだ星の残骸)を 周回する惑星の汚染物質しか発見することができないとされており、実際に”現在進行形”の汚染を発見・調査するには 更なる技術の発展が必要とされています。

母なる海

通常知的生命体が存在するかを見極めるためには、その星の居住可能領域にある大気を スパコンで解析したモデルを使用しますが、最近の研究では『巨大な液体の塊である海の影響も計算に組み込むべきだ』と言われているといいます。

東アングリア大学のデビッド・スティーブンス氏によると『海洋は気象をコントロールできるはかり知れない能力を持っている』のだそうです。

『海があるおかげで、太陽の熱の変化による季節ごとの惑星表面の温度の変化がゆっくりと現れる事になります。

そして温度変化が急激な時も、それを生命体が許容できる範囲にまで調節してくれるのが海なのです。』と言っています。生命の源は海である、とはよく聞く話です。

スポンサードリンク

軌道上の傾きが生命生存可能領域に影響する?

実は太陽系外惑星の中には、軌道上で傾きが変動するものがあるそうです。

そうなると 周りの惑星との関係が 地球の様な固定惑星とは変わってくるため、これまで 生命は存在しえないとされてきた位置の惑星にも その可能性が出てくるのだそうです。

というのも 傾きが変動するタイプの惑星は 恒星からの熱がより広範囲に分配されるため、地球の様に回転が固定されている惑星よりも 地表に水がある可能性が高いのだといいます。

地球外生命体との交流は危険である可能性も

NASAは積極的に地球外生命体を探しており、地球外知的生命探査(SETI)プロジェクトにおいても 野心的に活動しているのは周知の事実です。

しかし、この活動が良いアイディアかどうかは 専門家内でも意見が分かれています。『人類はまだその段階にない』というのです。

かの スティーブン・ホーキンス博士も このことについては『エイリアンが人類より発達した文明を持っていれば、まず間違いなく 我々を支配しようとしてくるだろう』と警告していました。

また、NASAとSETIが 倫理的な境界を超えているという指摘もあります。神経心理学者である ガブリエル・G・デ・ラ・トーレは『地球という一つの惑星全体を代表して、そんな決定をする権利が 彼らにあるのでしょうか?』

『もしもこれらの機関が送ったメッセージを ”誰か”が 受け取った先に 何が待っているのかは誰にもわからないのです。』と問いかけます。

氏は 更に大学生を対象として行った調査の結果も踏まえて、現代においても 殆どの人間の視点は宗教的信仰によって 影響を受けている点を指摘、一般大衆は 地球外知的生命体との接触についての 知識と準備が不足しているとの見解を示しています。

いかがでしたか?
日進月歩で人類の宇宙進出が進んでいる事はとても喜ばしいです。でも、確かに何人かの専門家も指摘している様に、将来出会う予定の宇宙人が 友好的であるとは限りません。宇宙でのロマンを追いかけ続けることが、人類全体を危機にさらしているかもしれない… それでも 人類は宇宙人捜索を続けるべきなのでしょうか…。皆さんはどう思いますか?

参考 : listverse, など
https://lalalach.com/1100/
スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました