ブログ記事をYouTubeでらららが配信しています!

地球に降り立つ超ミニサイズの宇宙人 ~現代の宇宙研究~

地球に降り立つ超ミニサイズの宇宙人 ~現代の宇宙研究~UFO 異星人
地球に降り立つ超ミニサイズの宇宙人 ~現代の宇宙研究~

 

宇宙人はどんな姿をしていると思いますか?また、宇宙人の大きさはどのくらいなのでしょうか?

NASAのリーダー的存在である科学者は、地球上に超ミニサイズの宇宙人が降り立っているかもしれないことを発言し、一部の界隈から注目を集めました。

今回は、地球に降り立っているかもしれない超ミニサイズの宇宙人についてご紹介致します。

 

LALALAちゃんねる!の動画で見る
スポンサードリンク

 

想像し得なかった超ミニサイズの宇宙人

長年NASAに所属する研究者として活躍を果たしていたシルバノ・コロンバーノ教授は、高い知能を保有している宇宙人が私たちの暮らす地球に降り立っているかもしれないことを2018年に公開した論文に記載しています。

宇宙人というと、肥大した頭と巨大な黒目が特徴のグレイタイプの宇宙人を想像する人が多いのではないでしょうか?

しかし、シルバノ・コロンバーノ教授が記した論文の宇宙人は、そのようなグレイタイプの宇宙人ではありません。地球に降り立っているのは、高い知能を保有している超ミニサイズの宇宙人なのだそうです。

 

非科学的な宇宙人とUFOの存在

NASAは長期間にわたって、SETIという宇宙人や未確認生物などの 地球外生命体を発見するための計画に多額のお金をつぎ込んでいます。

シルバノ・コロンバーノ教授は、NASAが多額のお金をつぎ込んでいるSETI計画をきっかけに論文を記し始めました。

シルバノ・コロンバーノ教授が記した論文には、世界中のあちこちで散見される宇宙人やUFOの目撃データは存在の証明ができない非科学的なものですが、かといってむやみやたらに否認されるものではないという内容の文章が記載されています。

シルバノ・コロンバーノ教授は、世の中の科学者たちは科学的に証明できないからといって宇宙人やエイリアンなどの地球外生命体の存在を否認するのではなく、それらの存在が地球に降り立っているかもしれないことについて少しでも考えるべきだと述べています。

スポンサードリンク

 

炭素いらずの体をしている宇宙人とは? 

地球上で暮らすあらゆる生き物の体は、炭素があってこそ成り立つものです。しかし、地球上に降り立っている宇宙人は、炭素がなくても成り立つ体をしている可能性があることが明らかになりました。

この推測が事実であれば、宇宙人やエイリアンなどの地球外生命体の姿形や体の構造は、地球上に存在している生き物とはかけ離れたものであるのかもしれません。

シルバノ・コロンバーノ教授は、「人類が発見するか、人類が発見されるかのいずれかの現象が起こるであろう地球外生命体は地球上に存在する生き物とは大きな違いがあり、炭素いらずで成り立つ体をしているかもしれません」とのコメントをのこしています。

 

高い知能を保有している宇宙人

宇宙人やエイリアンなどの地球外生命体の体が炭素いらずで成り立つのであれば、地球上に来訪してきた異種族を研究するときに、これまでとは大きく違った地球外生命体が研究対象に抜擢されるかもしれないといわれています。

シルバノ・コロンバーノ教授は「人類を含めた地球上の生き物の寿命は、制約にはなりません。また、宇宙人やエイリアンなどの地球外生命体は、超ミニサイズで高度な知能を保有している確率が高いです」と発言しました。

シルバノ・コロンバーノ教授によると、宇宙人やエイリアンといった地球外生命体は 私たちが考えるよりも超ミニサイズで、人類には成し遂げることのできないテクノロジーを使って 宇宙を旅しているのだそうです。

シルバノ・コロンバーノ教授は、「超ミニサイズの地球外生命体が保有している高い知能とテクノロジーを見つけることができれば、この推測にも納得がいきます」と語っています。

 

いかがでしたか?
いつの間にか地球に降り立っているかもしれない超ミニサイズの宇宙人についてご紹介しました。宇宙人やエイリアンが超ミニサイズなのであれば、私たちが知らない間に地球上降り立っている可能性も充分にあります。また、シルバノ・コロンバーノ教授は、現代の宇宙研究に携わる科学者たちに疑念を抱いている人物です。人類が超ミニサイズの地球外生命体を発見し、現代の宇宙研究に携わる科学者たちの考えが変われば、宇宙や地球外生命体に対する理解はもっと深まることになるかもしれません。
スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました