YouTubeでもチェック&チャンネル登録!

タコは宇宙から来た生命体?遺伝子研究で分かった事実

タコは宇宙から来た生命体?遺伝子研究で分かった事実雑学
私たちの知っている生物の中でも、一際目を引くルックスであるタコですが、最近の研究で、宇宙から地球にやってきたかもしれないことがわかりました。

このタコですが、世界では食べる国は意外と少なく、消費トップの国は日本なのです実際に、私たちの身の回りを見渡してみると、スーパーの鮮魚コーナーはもちろん、総菜コーナーではから揚げや磯部風の天ぷらなどがあったりします。

珍味コーナーではタコわさびなんかも売られていますよね。縁日や身近なおやつでもたこ焼きは人気です。

このように、タコは私たち日本人の食文化で切っても切り離せないものなのです。

このような背景から、タコを見てもなんとも思わないかもしれませんが、一度生きたタコをマジマジと眺めてみてください。

実際にタコを見てみると、その姿は異様に感じるでしょう。

日本人は宗教上の掟などもないことから、普通に食べますし、街中でも可愛く描かれていたりすることから、悪いイメージを持っている人は少ないでしょう。

ですが、海外の人では、デビルフィッシュと呼ばれたりするように、意味嫌われた存在になっている国もあるのです。

例えば、昔、火星人といえばタコのようなデザインになっていたり、クトゥルフ神話で登場する異形の神が、タコをモチーフに描かれていたりしています。

欧米諸国では、このように超自然的な存在としてイメージされたりしているのです。

そのような背景の中、20185月に、多国籍の科学者33名により、タコやイカのような多くの触腕を持つ頭足類動物の起源は宇宙にあるとする説が、学術誌である【Progress in Biophysics and Molecular Bio】に発表されました。

学術誌に掲載される論文ですので、『宇宙からの飛来説』には、しっかりとした科学的根拠があるのです。

この根拠となるタコの特徴についてご紹介します。

 

LALALAちゃんねる!の動画で見る

 

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました