ブログ記事をYouTubeでらららが配信しています!

死後が解明されるのはいつ? ~死後の世界を信じるものは救われる~

死後が解明されるのはいつ? ~死後の世界を信じるものは救われる~雑学
死後が解明されるのはいつ? ~死後の世界を信じるものは救われる~

 

人間に死が訪れるとき、心臓の停止に伴って血流や呼吸も停止し、最終的に脳の活動も停止していきます。
この瞬間が、臨床的な観点からの生と死の境目とされています。

また、哲学的な観点から生と死の境目を見た場合、蘇生することが可能か否かがその境目といわれています。
およそ半世紀前までであれば、その2つの境目に大きな差違はありませんでした。

しかしながら、心肺蘇生法が登場したことにより、心臓が停止し臨床的に死者になった者が、蘇生して生者に戻ることができるようになりました。

このことは、医療現場においては革命を起こしましたが、死そのものの意味を揺るがすことになりました。
また、人に死が訪れたその先には死後の世界が待っていると言われています。

今回は、実際に死後の世界を体験した方の証言や、その世界を信じることにより何が起こるのかについて、ご紹介していきます。

 

LALALAちゃんねる!の動画で見る
スポンサードリンク

 

死のタイムラグ

死者から生者に戻ることがない世界では、肉体に死が訪れると意識も消滅するということに疑いをもつ余地はありませんでした。

しかしながら、現代では肉体に死が訪れた後、脳細胞が劣化して蘇生が不可能になるまでに数日以上の時間経過が必要であるということが証明されています。

その結果、肉体は死んでいるが、脳はまだ死んでいないという状態が発生しているのかもしれません。

 

細胞レベルの死についての研究

アメリカ合衆国ニューヨーク大学のランゴーン医療センターで医師を務めるサム・パーニア氏は、死についての最も興味深い点は、人自体に死が訪れた後に、体内の各細胞が独自に死へのプロセスを歩み始めることであると述べています。

彼の話によれば、死後に身体の一部が機能している訳ではないが、細胞レベルにおける生から死への切り替えは一般的に考えられているよりも緩やかに進んでいくということです。

つまり、細胞の死は、心停止と比較してずっと柔軟で緩やかなものなのです。

アメリカ合衆国ワシントン大学の教授であるピーター・ノーブル氏は、ゼブラフィッシュとマウスを用いた実験により、死後においても1,063個もの遺伝子の活動が続いていることを2017年に発見しました。

さらに驚くべきことは、その一部は最大4日間も活発な活動を行い、死後24時間経過した後のサンプル調査によれば、遺伝子の転写が増加していたということです。

スポンサードリンク

 

死と睡眠

そのような遺伝子のうち、発生遺伝子が占める割合はかなりのものであるという事実は、素晴らしいことである反面、私たちの心をかき乱す可能性を提起しています。

どういうことかというと、人が死亡した直後から、その身体の細胞は胎児であった頃の状態に戻っている可能性があるということです。

ピーター・ノーブル氏の研究は、人は死亡した後、身体の各部分が異なる速度で死に向かっていくことを示していますが、どういう理由により、細胞によって死に至る速度が異なるのかは、いまだ解明されていません。

2016年には、4名の終末医療の患者の生命維持装置を外して経過を観察するという研究が行われました。その研究結果によれば、死亡診断がなされてから10分未満の間、通常深い睡眠時に検出されるデルタ波バーストが持続したことが1名で確認されました。

つまり、睡眠と死は相当の共通点を持っている可能性があるということです。

 

臨死体験者がみた死後の世界

サム・パーニア氏の研究では、臨死体験をした人々の証言の中に、まばゆい光や手招きをする人影、肉体的な苦痛からの解放や穏やかな全体的印象などといった共通点が確認されています。

それらの証言の多くは、主観的なものであり、幻覚に起因するものであるという可能性は否定できません。

しかしながら、手術や交通事故によって臨死体験をした人が、上空から俯瞰的に自分自身を見下ろしていたと証言することについては、幻覚では説明がつきません。

上空から見下ろしていたという手術を行う医師の状況と、医師本人へ確認した手術当時の状況が一致することがあるのです。

どうして、死んでいる人間がその状況を説明できるのかは解明できていませんし、同じ状況でも生者として蘇生する人と、そうでない人がいる理由も説明する事はできません。

しかしながら、このことは身体的な死が訪れでも、意識が消滅するまでにはいくらかの時間的余裕がある可能性を示しているように思えてなりません。

スポンサードリンク

 

死後の原子化体験

臨死体験者の証言の中には、自分が一つの原子になったという興味深いものもあります。

人間が原子になった場合、世界をどのように感じ、何を考えるのでしょうか?

その原子になった体験談を語るのは、イレーヌという女性です。彼女は、重大な交通事故に巻き込まれ、心配停止状態に陥り臨死体験を経験しました。

臨死体験中は、なにもない海中を漂う一つの原子であったと彼女は臨死体験研究財団へ報告しています。

 

イレーヌの報告

イレーヌの報告は次のとおりです。

 

私は気がつくと漆黒の闇に包まれており、なにも見えず、なにも聞こえませんでした。

もちろん、死んだことについても気づいていませんでした。

また、自分が存在しているという考えもありませんでした。

まるで、眠っているようでしたが、自分を自覚できる意識はあり、漆黒の闇の中で自身の周囲全てを認識していました。

私は、自分の存在全体が単一原子であり、周りの全ての原子へ接続されており、自分は周囲の一部であるように感じました。

そして、感じる感情は穏やかさのみであり、自分が全ての一部であることに満足を覚えていました。

この時イレーヌが感じた、自分は原子という存在ではあるが、それは全体の一部であり、全体と密接に接続されているという感覚は、言ってみれば宇宙意識のようなものなのかもしれません。

スポンサードリンク

 

死後の世界を信じること

現在の人類の技術では、近い将来に死後の世界について解明される可能性はないと思われます。

しかしながら、一部の研究結果では、個人にとって死後の世界を信じることが有益になる可能性が示唆されています。

その研究では、人々は死後の世界を信じることによって将来への希望を持つことができ、ポジティブな感情とともに、日々の生活を送ることができるとされています。

死後の世界を信じることは、2つの効果をもたらす可能性があると、イギリスオープン大学で宗教学講師を務める、スザンヌ・ニューカム氏は述べています。

まず、1つ目の効果は生物医学的な観点のものです。

死後の世界を信じることにより、人々にもたらされるポジティブな感情は、身体の自然治癒力を高め、病気や怪我からの回復を助ける可能性があるといいます。もう1つの効果は、より精神的なものです。

1つ目の生物医学的な効果がなかった場合においても、死後の世界に焦点を当てることにより、身体的苦痛から意識をきり離すことが可能になり、苦しみと上手くつきあっていくことができるようになるということです。

これらの効果が実現するとすれば、死後の世界という一般的にはオカルトに分類される世界を信じることは、合理的な判断であるということができます。

一方で、この考えに傾倒しすぎることは、違う危険を伴うことになるともスザンヌ・ニューカム氏は述べています。

死後の世界に傾倒しすぎると、そこにばかり意識の焦点が当たってしまい、現在の身体への注意が疎かになり、結果として身体に様々な悪影響を及ぼしてしまう危険があるということです。

 

いかがでしたか?
今回は、死後の世界についての体験談やそれを信じることによって生じる効果について、説明させていただきました。現時点で分かっていることは、死後の世界と上手くつきあっていくことは、この世を生きるためのポジティブな材料になるということです。死後の世界が解明されるのは、まだまだ先の未来だと思われますが、様々な体験談にもあるように、きっとその世界は私たちのすぐそばに存在するのは間違いないでしょう。
スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました