YouTubeでもチェック&チャンネル登録!

ブラックホールがしでかす驚くべき活動

ブラックホールがしでかす驚くべき活動
ブラックホールがしでかす驚くべき活動

 

宇宙空間に漂い、何でも吸い込んでしまう不気味な真っ黒の穴。 

SFのアニメなどでたまに描かれることのあるブラックホールを、このように捉えている方多いのではないでしょうか。

宇宙には、氷や鉱石などでできた岩のようなものから、大小様々な惑星やそれを周回する衛星、自ら光り輝くことができる恒星というように、色々な星が存在します。 

ブラックホールは、そのような星の仲間の一つなのです。

厳密にいうと、寿命を終えた恒星の最期の姿の一つなのです。

恒星というのは太陽のように核反応を表面で行い、そのエネルギーで協力な重力と均衡を保っています。 

しかし、核反応も永遠に出来るわけではなく、反応が進むについて、エネルギーとなる元素は安定的な鉄へと変わってしまいます。

そうして、エネルギー源が無くなってくると、核反応で発生するエネルギーと重力との均衡が取れなくな最後には強い重力によって星が収縮を起こすのです 

 

LALALAちゃんねる!の動画で見る

 

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました