ブログ記事をYouTubeでらららが配信しています!

5次元世界に繋がる扉がある!? ~鍵となるのはダークマター~

5次元世界に繋がる扉がある!? ~鍵となるのはダークマター~科学
5次元世界に繋がる扉がある!? ~鍵となるのはダークマター~

 

皆さんは、私たちが生きている次元とは別の次元に行きたいと思ったことはあるでしょうか。もしかしたら、この世の中には5次元世界へと通じる扉があるかもしれません。

新たに出てきた理論物理学によると、5次元世界が存在する可能性は充分にあり、その存在を立証することも可能であるといわれています。

また、5次元世界に繋がる扉のヒントとなるのは、宇宙空間のほとんどを占めている暗黒物質(ダークマター)であると唱えられました。今回は、5次元世界に繋がる扉とダークマターについてご紹介いたします。

 

LALALAちゃんねる!の動画で見る
スポンサードリンク

 

新たな理論を組み立てるヒントは、余剰次元とダークマターである

個室のトイレに複数人で入り、同時に用を足すことは不可能です。しかし、そこで別の次元がそれぞれ存在するのであれば、複数人で同時に1つのトイレを利用して用を足すことは可能になります。これが5次元世界です。

ドイツヨハネスグーテンベルク大学マインツ所属の理論物理学者たちは、素粒子物理学の基盤である「標準モデル」というものにのこされた問題を解決するために、新たな理論を組み立てようと試みています。

そこでそのヒントとなるのが、余剰次元と、宇宙空間のほとんどを占めているダークマターになります。

 

ダークマターは観測できない

多くの科学者や研究者たちは、余剰次元とダークマターについて仮説を立てることはできても、それらが本当に実在するのか立証できず、どうすれば立証できるのか思い悩んでいました。

ところが、今回組まれた研究チームが世間に公表した研究では、その悩みは解消されることになりました。5次元世界や5次元世界に繋がる扉を知るためには、ダークマターについてより理解を深めていかなければなりません。

宇宙空間の85%がダークマターといわれていますが、実態については未だ明らかにされていないままです。現代のテクノロジーでも、望遠鏡などを用いてダークマターを観ることはできません。

そのため、ダークマターが持つ質量がほかの物質にどんな影響があるのか調査するという方法を利用することで、ダークマターについての見解を深めていくというかたちになります。

スポンサードリンク

 

ダークマターはフェルミ粒子でできている?

研究チームははじめ、フェルミ粒子の質量の起源を解説できるようにすることを目標にしていました。研究チームは「新たなスカラー場は余剰次元に並行しながら、少し特殊な動きをしています。

この粒子が実在するのであれば、ダークマターはフェルミ粒子から成っていると考えられます。そうすると、観測可能な物質とダークマターの成分に繋がりを見出すことができます」とのコメントをのこしています。

 

フェルミ粒子がダークマターの謎を解き明かすヒントになる?

フェルミ粒子は、中性子、陽子、電子、ニュートリノ、クォークといった素粒子をまとめて呼んだもののことをいいます。研究チームは、5次元世界にあるフェルミ粒子が実在するのではないかと考えました。

そして、その5次元世界に存在する素粒子がダークマターなのではないか?というのです。このことは、フェルミ粒子は5次元世界へと通じる扉・入口のようなものであるといえるでしょう。

今回行われた研究では、フェルミ粒子がダークマターの謎を解き明かすヒントになるかもしれないことを表しています。

ダークマターについてより理解を深めていくことができれば、観測不可能な宇宙空間のこともだんだんと見えるようになるかもしれません。

スポンサードリンク

 

これからの研究

研究チームは、フェルミ粒子と呼ばれる粒子が、ダークマターと観測可能な粒子の間で新たな力をお互いに伝達している役割を果たすことを見つけました。

このことは、ダークマターの成分を調べる手段を増やしていくことにも繋がります。これについて研究チームは、「ダークマターと観測可能な物質の間にある互いの伝達力を見つけたことは、これから検証・調査を行っていく上で必ず役に立つでしょう」と語っています

 

いかがでしたか?
5次元世界に繋がる扉と、そのヒントとなるダークマターについてご紹介しました。これから、5次元世界の扉についてより深く追求されることとなるでしょう。もしも私たち人類が5次元世界に行けるようになることを思うと、これからの研究に期待大ですね。
スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました