ブログ記事をYouTubeでらららが配信しています!

ブラックホールに侵入する方法 ~人は生きたまま入れるのか?~

ブラックホールに侵入する方法 ~人は生きたまま入れるのか?~科学
ブラックホールに侵入する方法 ~人は生きたまま入れるのか?~

あらゆる物質を吸収し、光さえも吸い込んでしまうブラックホールですが、人間が死ぬことなく生きたままブラックホールの中に侵入する方法はあるのでしょうか?

そこで今回は、人間が生きたままブラックホールの中へ侵入する方法とその研究について ご紹介したいと思います。

 

LALALAちゃんねる!の動画で見る
スポンサードリンク

 

2種類のブラックホール

ブラックホールにも、多様な種類のものがあります。ブラックホールの電荷やサイズは多岐にわたっており、中には回転する種類のブラックホールも存在しています。

しかし、今回の研究に携わったアメリカ合衆国・グリネル大学のシャンシャン・ロドリゲス助教とレオ・ロドリゲス助教は、今回の研究において ブラックホールを2種類に分けて考えています。

その2種類のブラックホールとは「超大質量ブラックホール」と呼ばれるものと「恒星ブラックホール」と呼ばれるものです。

超大質量ブラックホールは、太陽の数百万倍もの質量があり、それよりも大きいものは太陽の数十億倍にもおよぶといわれています。

恒星ブラックホールは、プラスの電荷もマイナスの電荷も持たないブラックホールで、質量は太陽とほぼ同程度のようです。また、回転しないブラックホールでもあります。

 

2種類のブラックホールの異なる点

2種類のブラックホールには、質量以外にも異なる点があります。それは、中心から事象の地平面までの距離の違いです。

ブラックホールには光でも到達できない場所があり、その境界となる部分を事象の地平面と呼んでいます。
事象の地平面の半径には、ブラックホールの質量が関係しています。

太陽と同程度の質量である恒星ブラックホールであれば、事象の地平面の半径は3.2キロメートルほどです。

それと比較すると、天の川の中心部に位置する超大質量ブラックホールの事象の地平面の半径は1170万キロメートルにもおよぶといわれています。

スポンサードリンク

 

恒星ブラックホールの中心部に侵入すると、引っ張られて死ぬ

事象の地平面の半径が短い恒星ブラックホールは、理論上は事象の地平面を通過することなく中心部にまで近づくことが可能です。

しかし、あくまで理論上は近づくことができるだけで、身体は頭部とつま先にかかる引力の差の影響で細長く引っ張られて死んでしまうといわれています。

 

超大質量ブラックホールであれば、死ぬことなく侵入できる

引っ張られて死んでしまう恒星ブラックホールとは異なり、超大質量ブラックホールであれば生きたまま侵入することが可能です。

超大質量ブラックホールは事象の地平面を通り過ぎてしまう可能性がありますが、万が一通り過ぎてしまっても大丈夫です。

なぜなら、ブラックホールの入口から中心部までたどり着くにはかなりの距離があり、頭部とつま先部分にかかる引力に大きな差は見られないからです。

しかし、1つ問題があります。これまで発見されてきたブラックホールの多くは、小さく細かな星々や塵、ガスなどから成る非常に高温な円盤に包まれています。

この非常に高温な円盤は降着円盤と呼ばれ、人間にとって大変危険なエリアです。そのため、死なずに侵入するのならば、物質を吸収していない超大質量ブラックホールの中でなければなりません。

それ以外のブラックホールに侵入した場合、人間は死んでしまいます。

スポンサードリンク

 

帰還できる可能性は限りなく低い

理論上は、物質を吸収していない超大質量ブラックホールの中であれば、生きたまま侵入することができるでしょう。

しかし、そのようなブラックホールの中に侵入したとしても、無事に帰還できる可能性はゼロであるといっても過言ではありません。

事象の地平面を通り過ぎれば、光さえも元の場所に戻ることができないのですから、人間が無事帰還することは不可能なのです。

 

いかがでしたか?
人間が生きたままブラックホールの中へ侵入する方法とその研究についてご紹介しました。残念ながら、ブラックホールの中まで生きたまま侵入することはできても、帰還することはできないようですが、もし無事帰還できる方法が見つかれば、それは科学者や研究者にとって非常に大きな発見となることは間違いないでしょう。
スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました