ブログ記事をYouTubeでらららが配信しています!

死者との会話が実現 ~データ化された意識の言語化の可能性~

死者との会話が実現 ~データ化された意識の言語化の可能性~科学
死者との会話が実現 ~データ化された意識の言語化の可能性~

 

 私たちは身内や親しい友人が亡くなった時、死者とは二度と言葉を交わすことができないことを悔やむことがあります。しかし、そういったこれまでの常識を覆す技術が開発されたというのです。

マイクロソフト社のダスティン・アブラムソン氏らが「特定人物の対話チャットボットの制作」について2017年に特許申請し、2020年1月に特許を取得しました。

この人工知能を搭載した新しい対話型チャットボットシステムは、画像や動画を使って特定の人物を作成できると説明されていることから、例えば死者を正確に再現し、故人に成り代わって会話ができるようになるかもしれないというのです。

今回は、人工知能によってもたらされる新たなコミュニケーションの在り方について ご紹介します。

 

LALALAちゃんねる!の動画で見る

スポンサードリンク

人間と人工知能との会話

現代社会においては、人間と人工知能が会話することは珍しいことではなくなりました。

特に近年の人工知能の技術向上は著しく、若干の違和感や不自然さは否めませんが、様々な話題についてスムーズな会話が可能となっています。

今回マイクロソフト社が取得した特許について開示した情報によると、新しいチャットボットは、ソーシャルメディアに投稿された画像や音声データ、テキストデータだけでなく、本人または関係者から提供される個人データなど、多くの情報を収集することで、特定の人物に酷似した人格を自動形成し、リアルな音声で会話が可能になるそうです。

つまり使用者が希望する「特定の人物」に似せた、「別の存在」が手に入るということです。

 

人工知能が作成する「人物」との会話

チャットボットの人工知能は、個人の音声データを元に「音声フォント」を作成し、本人の肉声に近い合成音声を発することができます。

また、本人の画像データが複数収集できれば、それらから奥行きの情報を抽出し、三次元画像として出力することもできるそうです。

さらに様々なデバイスにも対応していることから、使用者はスマートフォンやパソコンなどを使い、人工知能が作成した特定の人物に酷似した「人物」と、いつでも会話を楽しめるようになるのです。

もし人工知能に死者の情報を与えたとしたら、疑似的なものであるにせよ死者と会話をしているような感覚になるはずです。しかし一方で、この技術は倫理的な問題も孕んでいます。

生きている人であっても、必要な情報が揃えば「本人に酷似した人物」が作成可能であるということは、知らない所で誰かが自分に酷似した「人物」を作成し、毎晩会話をしている、という不気味な事態が起こり得るのです。

こうした事態を回避するためにも、今後は個人データの利用に関する明確な規定が必要になってくるはずです。

スポンサードリンク

 

「脳」と「意識」

脳科学の分野では、脳が活動することで意識が生まれ、脳が死ぬと同時に意識も途絶えると考えられています。

しかし、ロンドン大学キングスカレッジの神経精神病理学者ピーター・フェンウィック博士は「脳が無くても、意識は存在する」と主張しています。

フェンウィック博士は、約50年にわたる脳や意識、臨死体験に関する研究の中で「人間の死後も意識は持続する」と主張していて、しかも、意識は人間の死後にこそ完全な存在になると言うのです。

 

意識は宇宙全体にあり、その一部が脳内に存在している

フェンウィック博士によれば、「意識」というものは宇宙全体に存在するもので、その一部が脳を通して抜き取られているので、決して一人一人の人間固有のものではないのだそうです。

例えば、人間の目は光の全スペクトルの一部しか認識できず、耳も一定の周波数の音しか認識できませんが、実際には地球を含めた宇宙全体には、はるかに多くの光や音が存在しています。

全宇宙に存在する意識を「海」とするならば、個人の脳は「バケツ」であり、バケツですくえた水、即ち脳が認識できた部分だけが個人の意識になるという考え方です。

スポンサードリンク

 

意識は、人間の死後に完全なものとなる

では、人間の死後、脳が機能しなくなった後の意識はどうなるのでしょうか?

前述の例えを引用すれば、壊れたバケツからこぼれ出した水が海に戻るように、脳が機能しなくなれば個人の意識は宇宙全体の意識に戻ると考えられます。

また、自己と他者は分離され、個人は独立しているという考えが、自分の意識が自分だけのものであるという錯覚を生み出しているのですが、フェンウィック博士によると、生前も死後も関係なく自分の意識と他人の意識は水面下でつながっているそうです。

 

人工知能が脳の電気信号を「言葉」に変換できる

脳性麻痺の患者や、様々な理由で話すことができない人であっても、脳の中には「言葉」があります。ただ、脳の中にある「言葉」の電気信号は、そのまま解読することは不可能です。

しかし、新しい研究では、脳に電極を埋め込み、そこから得た電気信号をニューラル・ネットワーク経由で再構築し、人工知能を使用することで人間の言葉に変換できる可能性が示されました。

スポンサードリンク

 

脳内の電気信号データの収集は困難

もし、本当に人工知能を使用することで脳内の電気信号が言葉に変換できるのであれば、その言葉を発する際に抑揚をつけたり、会話の途中に割って入ったりすることが可能になるかもしれません。

しかし、脳内の電気信号に関して正確なデータを得るためには、実際に頭蓋骨を開いて脳に電極を直接埋め込まなくてはならず、実験のためだけで人間の脳に電極を挿すことは、倫理的に認められていないのです。

つまり、脳内の電気信号のデータを取得する機会は、脳腫瘍の切除手術や、てんかん患者の手術の際に、事前に問題がある場所を特定することを目的に脳に電極を埋め込んでいる、わずかな時間しかないのです。

 

成果を示した3つの研究結果

実際、コロンビア大学の研究チームは、5人のてんかん患者から電気信号のデータを収集しています。

彼らは、発話と傾聴の両方で活発に活動する「聴覚皮質」に着目し、5人のてんかん患者が人の名前や数字などを聞いている時の電気信号データを分析、再構築して「話す」ことに、75%という高い確率で成功しています。

また、ブレーメン大学とマーストリヒト大学の合同研究チームは、脳腫瘍の手術中の患者6人から電気信号データを収集しました。

声道に命令を送る脳の部位に電極を埋め込み電気信号データを記録し、ニューラル・ネットワークによって言葉を再構築したのですが、それらの言葉の内の約40%が人間にとって理解可能であると判断されました。

さらに、カリフォルニア大学の研究チームは、3人のてんかん患者から得た電気信号データから「文章」を再構築しました。

再構築した文章の正確性を試すオンラインテストでは、166名が参加し、80%以上の正答率を出した文章も複数あったそうです。

スポンサードリンク

 

「想像の言葉」を形にする

ただ、これら3つの研究で用いられた電気信号データはすべて「話すことができる人」たちから収集されたもので、究極の目標は「話すことができない人」が脳内で「想像している言葉」を形にすることなのですが、この「想像している言葉」を解読することは相当困難であると言えます。

究極の目標を達成するには、このインターフェイスを継続して使用し、フィードバックも合わせて継続することが必要です。

つまり、使用者が常時コンピューターの解釈を修正しニューラル・ネットワークを訓練することで、「想像している言葉」と現実の言葉が高確率で一致する可能性が高くなるということです。 

 

いかがでしたか?
人工知能の実用化には、まだ多くの障害がありますが、ある特定の人物に酷似した「人物」が話し相手になってくれたり、言葉を失った人が「想像している言葉」を話してくれたりする機械が誕生すれば、多くの人々に「会話する喜び」を与えてくれることは間違いありません。

参考 : techxplore, sciencemag, など

ミステリー関連>>

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました