ブログ記事をYouTubeでらららが配信しています!

SETI検出後プロトコルとは? ~宇宙人が存在したときの対応策~

SETI検出後プロトコルとは? ~宇宙人が存在したときの対応策~ UFO 異星人
SETI検出後プロトコルとは? ~宇宙人が存在したときの対応策~

 

もしも、地球上で宇宙人やエイリアンなどの地球外生命体が見つかった場合、私たち人類はどのような行動をとるべきなのでしょうか?

1998年、国際宇宙旅行アカデミーは、そのような場面に遭遇したときの対応策として「SETI検出後プロトコル」を定めました。

今回は、地球上で地球外生命体と遭遇した場合の対応策と、SETI検出後プロトコルについてご紹介します。

 

LALALAちゃんねる!の動画で見る

電波望遠鏡が受信したシグナル

1997年、ウェストバージニア州にあるグリーンバンク電波望遠鏡は、特異なシグナルを受信しています。

カリフォルニア州に本部を置くSETI協会の会長であるセス・ショスタク氏は、このシグナルは、地球外生命体が宇宙から送ったものではないかと考えました。

しかし、セス・ショスタク氏の考えは当たりませんでした。グリーンバンク望遠鏡が受信したシグナルは、ヨーロッパの人工衛星から送られたものだったのです。

ジョージア州にある望遠鏡が機能しなかったためにシグナルの詳細が明らかになることはありませんでしたが、この出来事は国際宇宙旅行アカデミーがSETI検出後プロトコルを定めるきっかけとなりました。

スポンサーリンク

電波シグナルの送信

SETI協会が調査している電波シグナルは、宇宙マイクロ背景放射のノイズから送信されます。また、それらの電波シグナルは人工衛星や未だ解明されていない現象から送信されることもあります。

発信されたシグナルが低周波であるとき、そのシグナルは自然に発生したものではなく、何者かが故意に送信したものである可能性が高いといわれています。

シグナルが故意に送信したものであると分かった場合、電波望遠鏡の皿の向きや位置を変えることでシグナルを送信した者の位置を明らかにすることができます。

電波望遠鏡の付近から送信されたシグナルであれば低周波になるスピードは遅くなりますが、はるか遠い彼方に位置する星から送信されたシグナルであれば一瞬で低周波になります。

 

知的生命体からのシグナルを受信したあとの対応策

シグナルがはるか遠い彼方に位置する星から送信されたものであったとき、ほかの研究機関や天文台などにシグナルが地球外生命体から送信されているかもしれないことをチェックしてもらう必要性があります。

再度シグナルをチェックできた場合、国の当局、国際天文学連合、国連事務総長、他の国際機関などに知らせなければなりません。さらにその後、世界中の研究機関や天文台にも知らされることになるでしょう。

これらの機関に知らされたあと、シグナルの送信に第一に気づいた天文学者が世の中にシグナルのことを公開することもあるかもしれません。しかしそれは天文学者次第ともいえるでしょう。

スポンサーリンク

情報が漏れてしまう可能性

セス・ショスタク氏は、世間にシグナルや地球外生命体のことが公開される前に、情報が漏れてしまう可能性があると語ります。SETI検出後プロトコルはファンタジーのようなもので、定めた通りに事が進むとは限りません。

マスメディアはいち早く情報をゲットします。シグナルや地球外生命体のことを研究機関や天文台に知らせる際は注意するべきですが、それでも高確率で情報は漏れてしまうでしょう。

スポンサーリンク

地球外生命体と世間

カール・セーガン氏の小説をもとにしてつくられたSF映画「コンタクト」に登場する人々は、未知のものに喜んだり、恐怖したり、神のように崇めたりしています。

リヴァプール大学のポール・ジオロ氏は、もしも 地球外生命体の存在が世間に公開されたとき、人類はこの映画に登場する人々と同じような感情を抱くだろうとのコメントを残しています。

 

いかがでしたか?
地球上で宇宙人やエイリアンなどの地球外生命体が見つかった場合の対応策と、SETI検出後プロトコルについてご紹介しました。SF映画「コンタクト」の主人公のモデルであるターター氏は、宇宙人やエイリアンなどの地球外生命体は私たち人類に明るい未来を与えてくれるのではないかと考えているそうです。その理由は、地球外生命体が持っている高度なテクノロジーを人類に受け継いだのであれば、人類はテクノロジーを長い間持ち続けることができるからだとターター氏は語ります。それは「コンタクト」という映画がもたらした人類にとっての希望なのかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました