ブログ記事をYouTubeでらららが配信しています!

プロジェクト セルポ ~ロズウェル事件の裏にあった極秘計画の噂~

プロジェクト セルポ ~ロズウェル事件の裏にあった極秘計画の噂~ UFO 異星人
プロジェクト セルポ ~ロズウェル事件の裏にあった極秘計画の噂~

 

地球人の間で最も有名なUFO事件といっても過言でないのが「ロズウェル事件」です。アメリカロズウェルに墜落したUFOがアメリカ軍に回収されたというこの事件には、続きがありました。

なんとアメリカ政府とエイリアンの間で極秘プロジェクトが立ち上がっていたというのです。今回は、そんなトップシークレットのエイリアン交流計画「プロジェクト・セルポ」迫ります。

 

LALALAちゃんねる!の動画で見る

極秘の人的交流プログラム“プロジェクト・セルポ” 

1947年のロズウェル事件でUFOが墜落した際、残骸の中からエイリアンが見つかりました。4体の死んだエイリアンと、1体の生きているエイリアンです。

彼らには「地球外生物学的存在」を意味する「イーブ(EBE)」という呼び名が与えられ、生きていたエイリアンはイーブ1号と呼ばれるようになりました

イーブ1号は友好的かつ知能の高いエイリアンで、短時間で英語をマスター人間とのコミュニケーションを図りました。

そして自らの身の安全と引き換えに人間側、つまりアメリカ政府にエイリアンの先進技術を提供したのです。

同時に、墜落したUFOの中にあった通信機器を使い故郷の星「セルポ」との通信手段を取り戻そうとしていました。ちなみにセルポは、地球から約39光年離れた所にあるとされます。

なおイーブ1号は墜落事故で大きなダメージを受けており、故郷との通信が叶わぬまま1952年に死亡しましたその後アメリカ軍がセルポとの通信を試み、成功したのです

そしてセルポに棲む「エベンス(Ebens)」というエイリアンとコンタクトを取りました。エベンスは当時の大統領ケネディ氏の指揮の下、人的交流プログラム実施のために地球に招待されました。

このアメリカ政府とセルポの間で立ち上げられた人的交流プログラムが今回のテーマであるプロジェクト・セルポなのです。

このプロジェクト地球人がエイリアンの社会で暮らして彼らの文明を学び、新しい知識と技術を習得することを目的としていました。

スポンサーリンク

セルポへ向かった12名の“留学生”

エベンスはアメリカ政府との約束で、1965年、巨大な宇宙船でネバダ州の極秘施設へ来ました。そこでアメリカ軍から選び出された男性10名、女性2名、合計12の人間が宇宙船に乗り、セルポへと旅立っのです

選ばれた12名が乗ったセルポの宇宙船での旅は、高度な「反重力技術」を用いて光速の40倍の速さで飛行するというものでした。そして セルポに到着するまで10かかったといいます。

派遣されたチームメンバーは、反重力技術での飛行によるダメージに耐えなくてはならず、また宇宙放射線も容赦なく彼らの体に多大な影響を与えまし

その過酷な旅の途中で、メンバーのうち2名が亡くなったのです。何とか生きてセルポに到着したメンバーは、“留学生”としてセルポにいるエイリアンのテクノロジーを地球で再現する方法を学びました。

10年以上の滞在期間で一定の成果を得ると、メンバーのうち2名はセルポに残ることを選び、8のメンバー地球に戻りましたちなみにその時も、彼らの宇宙船に乗って帰ってきたということです。

戻ってきた8その後セルポで学んだ先進技術をアメリカ軍に提供したのです。一説ではこの時提供された技術によって軍の極秘の飛行機「TR-3B」などが開発されたといわれています

プロジェクト・セルポの極秘情報が漏えい?

2005「自分はプロジェクト・セルポの情報を握っている」と述べる人物が現れました。

この人物は当初名前を伏せていましたが、後に彼の正体が 空軍特別捜査局に所属する、リチャード・ドーティ氏であることが判明します。

彼は国防情報局の元メンバーおよび現在のメンバーから、セルポから戻った8名による3000ページもの報告書を手に入れたというのです。

この話は瞬く間にインターネット上で話題となり、やがて他の内部告発者も登場し、ややこしい展開を見せました。

UFO研究者であり、空中現象調査委員会およびMUFON(ムーフォン)こと相互UFOネットワークにも所属していたレン・カステン氏は、セルポ遠征チームリーダーが保管していたとされる日記をはじめ、様々な情報を文書にまとめ上げました。

文書では、遠征チームがセルポで何をしていたかが極めてかく説明されています。加えて、アメリカ政府が現在まで エベンスとの交流を続けていることも明かされているのです。

そして この文書を元に、陰謀論者のビル・ライアン氏がプロジェクト・セルポ 専門のウェブサイトを開設し、誰でも文書の内容を閲覧できるようになりました。

インターネット上で公開されたプロジェクト・セルポの流れ、そして“公式文書”である内部告発情報には、当然多くのUFOマニアが飛び付きました。加えてUFO研究者たちも、ウェブサイトの情報に夢中になったのです。

ウェブサイトで公開された情報はUFO関連サイト 超常現象の関連サイトで拡散されまた超常現象を扱うラジオ番組や 雑誌でも取り上げられるようになりました。

同時に、プロジェクト・セルポの話題全体に亀裂が入り始めたのです。

スポンサーリンク

プロジェクト・セルポは捏造?不可解な要素が発覚

プロジェクト・セルポのストーリーについて、複数の点が問題視されています。

まず、事件の主な情報提供者の1人であるドーティ氏は、別のUFO関連事件に関する情報の拡散に関与しており、UFOコミュニティでは不信感を抱かれている人物です。

また 他の様々な内部告発情報についても、それらを裏付ける要素がつかみ取れておらず、真偽の判断が不可能なのです。そして内部告発者の多くは、矛盾点のある情報を提供しています。

錯綜(さくそう)する情報のつじつまを合わせるために、話の細かい部分はあらゆる人の手で上書きされていきました。

こうしたことに加えて、“公式文書”に記載されている情報には科学や天文学、物理学の観点において説明がつかないものがありました。

例としては「宇宙船はどのようにして光速の40倍の速さで移動したのか」、また「わずか10月での39光年の旅はどのような様子だったのか」という点が挙げられます。

加えて、ロズウェルからセルポへの通信はどのように行われていたのかという点も不可解です。

地球とセルポでメッセージのやりとりをした場合、常識的に考えればメッセージを送信してから返信を受け取るまでに80年かかるはずなのです。

実際UFO研究者ですら、プロジェクト・セルポ全体の流れに疑いの目を向けています。しかし、今もなおプロジェクトの自称関係者の多くは、このプロジェクトをめぐる情報はすべて事実と主張するのです。

 

いかがでしたか?
今回はロズウェル事件の陰に隠れていた壮大な計画、プロジェクト・セルポに迫りました。非現実的なテクノロジーを駆使して遂行されたというこのプロジェクトですが、果たして本当の出来事だったのでしょうか?もし手の込んだ捏造であったとしても、UFOマニアの間では魅惑的な都市伝説という立ち位置を獲得するに違いありません。
参考 : mysteriousuniverse, など

コメント

タイトルとURLをコピーしました