ブログ記事をYouTubeでらららが配信しています!

人類も被害者になる未来 ~大量絶滅はそこまで来ている?~

人類も被害者になる未来 ~大量絶滅はそこまで来ている?~ 科学
人類も被害者になる未来 ~大量絶滅はそこまで来ている?~

 

突然ですが、クイズです。これまでに誕生した生物のうち、現時点で何%が絶滅を迎えているでしょうか?正解は、なんと99%。大変多くの生物が誕生する一方で、絶滅する種も大変多いということがわかります。

これらは、何か特殊な環境や要因で絶滅を迎えた種も含まれていますし、大量絶滅の波に耐えきれなかった種も含まれています。大量絶滅は大変恐ろしく、あらゆる生物にとってかなりのダメージを受けます。

直接自身が属する種が絶滅しなくても、種に深く関わる種が絶滅することで、大きなダメージを受けることがあります。今回は、今きているかもしれない大量絶滅の波についてご紹介していきたいと思います。

 

LALALAちゃんねる!の動画で見る

大量絶滅とは?

大量絶滅の特徴は、一定の期間に大変多くの種が絶滅することです。大量絶滅が起こると、今までバランスが保たれていた生物界が大きく揺らぐこととなります。

そのため、いなくなった種の位置にとってかわるように、生き残った他の種がその位置に入ろうとします。そのため、生き残った種は急激に新しい環境に適応し、急速な進化を遂げます。

つまり、絶滅した種だけでなく、あらゆる種に影響を与える機会となっていることがわかります。

人類の祖先を含め、今生き残っている種はこのような環境変化に適応したり、新しい環境に適応するに伴い誕生した新しい種なのです。

スポンサーリンク

過去の大量絶滅

過去には何度か大量絶滅があり、それら5回の大量絶滅はビッグファイブと呼ばれています。

そのビッグファイブというのは、オルドビス紀末、デボン紀末、ペルム紀末、三畳紀末、白亜紀末で、特に白亜紀は恐竜が絶滅したことからも有名なのではないでしょうか?

これらビッグファイブをはじめとして、多くの研究者たちが過去の大量絶滅の原因について研究しています。すべてが確定しているわけではありませんし、いくつもの仮説が存在しています。

しかし、過去の大量絶滅らには共通することがあります。それは、自然、つまり地球が起因になっているということです。

現在、6回目の大量絶滅の期間に入りかけているのではと 専門家らは主張していますが、今回はどうやら 今までの大量絶滅とは様子が違うようなのです。

大量絶滅の原因

先ほどもお伝えしましたが、これまでの大量絶滅は地球が起因になっているのではないか と言われています。

しかし、今回 起ころうとしている、もしくはすでに起きている大量絶滅は、人間が原因になっている可能性が非常に高いのです。

人間が生きていくため、そして自身の生活を豊かにするために、人類は多くの技術を生み出してきました。

その結果、森林が伐採されたことや、二酸化炭素などの温室効果ガスを生み出したことが地球の環境を大きく変化させたのです。

これまでとは異なる絶滅の原因に、これまでと同じ背景・条件で6回目の大量絶滅に関する予想をすると、大幅に崩れていく可能性があります

今の状況、今後の人類の発展も考慮して、今後地球がどのような変化を迎えるのかを検討する必要があります。私たち人類において 重要なことは、どうしたら少しでも生物にダメージを与えないかを 考慮することです。

絶滅する種が増えれば増えるほど、人類も大きなダメージを受けるようになるのです。私たちは、加害者にも被害者にもなりうるということを認識しておく必要があります。

「今 自分にできることは何か?」このように、一人一人が問いかけることが重要なのかもしれません。

 

いかがでしたか?
人類のせいで地球の姿が大きく変化する可能性があります。もしかすると、もう手遅れだという声も聞こえてくるかもしれません。それでも、大量絶滅が未来に種を全く残さないという大惨事を引き起こさないよう、私たちがコントロールする必要があります。
参考 : dailymail, など
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました