ブログ記事をYouTubeでらららが配信しています!

宇宙人の船は発見済み!? ~オウムアムアは宇宙人が作ったのか~

宇宙人の船は発見済み!? ~オウムアムアは宇宙人が作ったのか~ UFO 異星人
宇宙人の船は発見済み!? ~オウムアムアは宇宙人が作ったのか~

UFO、それは宇宙人が作った飛行型の乗り物として知られていて、たびたび目撃されてはニュースになり、UFOをおさめたと思われる動画などが世界中から発信されています。

しかし、最近ではそのUFO以外にも宇宙人が作った可能性のある物体が確認されています。天体のように見えて、実は船なのかも?という意見が出ている、とても不思議な物体なのです。

その宇宙人が作った船かもしれない天体というのが、オウムアムア。オウムアムアに対して議論はされてきましたが、様々な考察がされて、正体についても多く考えられてきました。

現在はどのような案が登場しているのか、その案は現実的に考えてありえるのか等についてご紹介します。

 

LALALAちゃんねる!の動画で見る
スポンサーリンク

注目を集める天体「オウムアムア」

オウムアムアは天体の1つで、天体観測史上初の「太陽系外から飛来した恒星間天体」として有名です。細長い見た目で、まるで葉巻のようなフォルムが特徴的です。

2017年に発見されて以降、この正体については多くの議論がされてました。ただの天体だったら納得もできるのですが、動きを観測していると、どうやらただの天体でもないようなのです。

オウムアムアが動き出したかと思えば、何かに押されるような加速をしたりと、なにやら人工物のにおいもします。

オウムアムアの正体については、主に2つの案がささやかれており、今回はその2つの案についてご紹介します。

スポンサーリンク

オウムアムアの正体1

1つ目の案ですが、「実はオウムアムアは彗星なのではないか?」というものです。

何かに押されたような加速も、水素が表面から噴出されていることによるもので自然現象の1つとして認識すれば、彗星であったとしても不思議ではありません。

太陽系に飛来してから飛び去ったこと、そして、加速をしていることを加味すると、彗星であるという可能性は十分にあります。しかし、この案がいまいち納得されていない原因もあります。

の原因というのが、オウムアムアの姿にあります。

小惑星よりも遠いところからやってきた彗星というのは、表面が氷で出来ているので、太陽に接近した時にコマや尾ができるのが1つの特徴ですが、このオウムアムアはそれが観測できません。

また、水素が宇宙空間でオウムアムアほどの彗星になる可能性は大変低く、この案は否定されつつあります。

一方で、オウムアムアはできてから4000万とみられており、本当にそれ程の年齢なのであれば水素氷山でも話の筋は通るという声もあり、完全に否定はできない状況です。

スポンサーリンク

オウムアムアの正体2

もう1つの案が、冒頭でもお話しした、宇宙人が作った船なのではないか?という説です。

現時点ではオウムアムアの正体を特定することはかなり難しく、先ほどご紹介した水素氷山の可能性も完全否定はできませんが、水素氷山以外である可能性を検討することは重要なことです。

動きが何かに押されているように見えますし、自然現象以外の可能性を検討すると、宇宙人が作った可能性も大いにあります。

「これが作られたもの?」という少し歪(いびつ)な見た目をしていますが「これはこれでUFOの形に似ている」と既存のUFOの形や既存の人工物の形と比較する声もあり、地球外生命体の技術を用いて作成した可能性について議論されています。

まだまだ 検討は必要ですが、造られた可能性なども含めて様々な案が出てくることで、真実に近づく可能性はありますので、今後も議論を発展させることが重要です。

 

いかがでしたか?
あなたはオウムアムア姿を見て、人工物のように感じますか?それとも、自然の過程でできた産物だと思いますか?オウムアムアに関して判明していることはまだまだ少ないですし、正体は明らかではありません。もしも本当に宇宙人が開発した船だったら…そう考えるとワクワクしてきます。
参考 : livescience, など

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました