ブログ記事をYouTubeでらららが配信しています!

人工知能の2045年問題とは ~人工知能が人類を超える技術的特異点について~

人工知能の2045年問題とは ~人工知能が人類を超える技術的特異点について~ 科学
人工知能の2045年問題とは ~人工知能が人類を超える技術的特異点について~

 

科学技術が発展し、人間の能力を超越したAI、いわゆる人工知能が登場すると技術的特異点が起こる言われています。

この技術的特異点という言葉は、米国の数学者ヴァーナー・ヴィンジ1993年自身の著作で「30年以内に技術的に人間を超える知能がつくられる」と表現し、人工知能研究の権威であるレイ・カーツワイル博士「2029年に人工知能が人間並みの知能を備え、2045年に技術的特異点が来る」と提唱する概念で、これが「2045年問題」と呼ばれています。

今回は、レイ・カーツワイル博士が、アメリカ・テキサス州オースティンで開催されたSXSW (サウスバイサウスウェスト)カンファレンスで発言した内容技術的特異点について紹介します。

 

LALALAちゃんねる!の動画で見る
スポンサーリンク

レイ・カーツワイル博士の発言

レイ・カーツワイル博士、人工知能「機械が人に近い振る舞いができるかどうかを判別すること」を目的としたチューリングテストをクリアし、人工知能が人間の知能に到達するのが2029年であると予言しました。

そして、人工知能が人間の知能を超越する「技術的特異点」を2045年と予言したのです「技術的特異点」を迎えた時人工知能が融合することで、私たち人間の知能は10億倍になるそうです。

ちなみに、ここで言う技術的特異点」とは、科学技術の進歩によって人間の知能を超える知能を搭載したマシンが登場することで、ソフトバンクの孫正義氏など超知能マシン登場を予測した2047年という時期とほぼ一致しています。

そして、レイ・カーツワイル博士人間の知能と人工知能の融合はすでに始まっていると述べています

それは人工知能を搭載しコンピューターを脳に装着し、クラウドに繋がることで、意識の拡大を可能とする、いわゆる脳の拡張装置として活用する方法です。

それは単なる未来の予測ではなく、部分的には既に実現していて今後はさらに加速することは間違いありません。

スポンサーリンク

技術的特異点に対する心構え

人工知能が人間の知能を超える時は、そう遠くない未来に必ずやってきます。そして私たちは誰もが「技術的特異点を迎えた時、人間は人工知能に支配される危険性は無いのか」と考えるでしょう

スティーブン・ホーキング博士、イーロン・マスク氏、ビル・ゲイツ氏など、各業界を代表する人物が人間の知能を超えた機械によって世界が支配されてしまうという未来について警告してきました

しかし、レイ・カーツワイル博士は、人工知能の進化など科学技術に関しては楽観的であるべきだと考えています

SFの世界で描かれている、技術的特異点を迎えた後、単一の人工知能が人類を支配するという考え方は非現実的だと言うのです。

実際、世界に存在する人工知能は一つだけということはなく、ポケットのなかのスマートフォンにも人工知能は搭載されているので人工知能無数に分散化されている状態と言えるのです

スポンサーリンク

技術的特異点によって人類は進歩する

レイ・カーツワイル博士は、人工知能が向上する技術的特異点は人類が大きく進歩、向上するチャンスだと考えています。

そして、2030年代には人工知能を搭載したデバイスを人間の思考を司る大脳新皮質に接続さらにクラウド「合成新皮質」と言えるようなものを作り出し、アクセスすることで、私たち人間は本来の知性と人工的な知性のハイブリッドな存在になっていくというのです。

これによって、今まで以上に大脳新皮質の活用が可能になり、言語や音楽、アートのセンスが向上し、より良く、スマートになるそうです。

スポンサーリンク

技術的特異点は世界が機械に支配される日なのか

レイ・カーツワイル博士は、技術的特異点は世界が機械に支配される日ではなく、人間と機械が融合す日であると言います。

実際、パーキンソン病の患者の中には脳にコンピューターを接続している人がいること挙げ、2030年代中には記憶を補助するために脳にコンピューターを埋め込ようになるだろうと予測しています

スポンサーリンク

2029年までに「超人」が登場

人間の脳は100兆個の極端に遅いシナプスしかなく、2029年には、すでに人工知能の思考能力が人間の脳の演算能力をはるかに超えるだろうと予測しています。

これによって、2029年には人間のが人工知能と融合し、これまでの人間を超える魅力・知性・強さを備えた「超人」が登場すると考えられています。

スポンサーリンク

脳にコンピューターを内蔵

まるでSF映画のような話ではありますが、現代のサイバネティック社会で暮らす人間は、自分の脳の中に人間の知能を上回るコンピューターを内蔵するようになるそうですすでにスマートフォン依存症の人々は、こうした状況に近いものがありますが、次のステップとしてそうした技術と脳との接続が考えられるのだそうです

スポンサーリンク

人間の知能を上回るコンピューター

繰り返しになりますが、人間の知能を上回るコンピューターを自分の脳に内蔵するようになると次にそのコンピューターがクラウドに接続することで自己の拡大が可能となります

それは単純な未来予想図というだけでなく、部分的にはすでに実用化されていてさらには進化、発展しているところもあるそうです

スポンサーリンク

コンピューターを脳に内蔵することがもたらす人類の進歩

レイ・カーツワイル博士によると、すでに人間は機械によって知能が向上していて機械を大脳新皮質に接続することで、さらに思考能力向上する可能性があるそうです。

つまり、コンピューターを脳に内蔵、接続することで、人類がさらに進歩すると信じていると言うのです

機械が人類を支配、駆逐するという未来像ではなく、人間と機械の協調によって人類がさらに進歩するというのが、レイ・カーツワイル博士が信じる未来像なのです。

10年以上前、アメリカ国立科学財団はネットワークを利用したテレパシー」、つまり脳に電極を接続し人間と機械がインターネットを介して直接思考を送信する技術が2020年代にまでに実用化されると予測しました。

このような技術の進化、実用化は、究極的にはあらゆることに影響すると予測されます。例えば、人工知能によって身体的に拡張され、全人類の身体的な欲求はすべて満たせるようになるかもしれません。

更に、私たちは心の拡張も可能となり、私たちが重んじる芸術的資質強化されるかもしれないのです。

スポンサーリンク

機械を活用した人類の強化

約100年前、眼鏡やラッパ形補聴器といった単純な機器が誕生し私たちの生活は劇的に改善されました。

次に心臓のペースメーカーや人工透析器、人工心肺装置といった高度な医療機器が現れ2010年代までには、iPS細胞からのヒト臓器創出遺伝子手術デザイナーベビーといものまで実現しているのです

ちなみに「特異点」という用語を最初に用いたのは、数学者ジョン・フォン・ノイマンであると言われていますが、彼は1950年代半ばに「常に加速しつづける進歩を見るとどうも人類の歴史において何か本質的な特異点が近づきつつあり、それを越えた先では我々が知るような人間生活はもはや持続不可能になるのではないか」述べています

そして1993年、サンディエゴ州立大学の数学者ヴァーナー・ヴィンジが「技術的シンギュラリティの到来」という論文で「30年以内に我々は、人間を超える知能を生み出す技術的手段を手にするだろう。それからまもなく、人間の時代は終わる」と言っています

 

いかがでしたか?
いずれ訪れる「技術的特異点」とされる2029年は、あと数年でやってきます。その時、たちの脳には本当に人工知能を搭載したチップ埋め込まれているのでしょうか?日常生活が、本当に充実して豊かに送れるのであれば、そうした未来も悪くないのかもしれません。
参考 : dailymail, futurism, など
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました