YouTubeでもチェック&チャンネル登録!

人工知能の2045年問題とは ~人工知能が人類を超える技術的特異点について~

人工知能の2045年問題とは ~人工知能が人類を超える技術的特異点について~科学
人工知能の2045年問題とは ~人工知能が人類を超える技術的特異点について~

 

科学技術が発展し、人間の能力を超越したAI、いわゆる人工知能が登場すると技術的特異点が起こる言われています。

この技術的特異点という言葉は、米国の数学者ヴァーナー・ヴィンジ1993年自身の著作で「30年以内に技術的に人間を超える知能がつくられる」と表現し、人工知能研究の権威であるレイ・カーツワイル博士「2029年に人工知能が人間並みの知能を備え、2045年に技術的特異点が来る」と提唱する概念で、これが「2045年問題」と呼ばれています。

今回は、レイ・カーツワイル博士が、アメリカ・テキサス州オースティンで開催されたSXSW カンファレンスで発言した内容技術的特異点について紹介します。

 

LALALAちゃんねる!の動画で見る

 

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク

 

参考 : dailymail, futurism, など

 

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました