ブログ記事をYouTubeでらららが配信しています!

ナチス・ドイツの避難先 ~元米国防総省の職員が語った話とは?~

ナチス・ドイツの避難先 ~元米国防総省の職員が語った話とは?~ 衛星
ナチス・ドイツの避難先 ~元米国防総省の職員が語った話とは?~

 

アドルフ・ヒトラーをリーダーとする全体主義国家であった、ナチス・ドイツ。しかし、1945年の5月、連合国軍に敗れます。

一般的には、アドルフ・ヒトラーの死因は自決であるとされていますが、元米国防総省の職員の口からアドルフ・ヒトラーは月に避難したということが告げられました。

今回は、ナチス・ドイツの避難先と元米国防総省の職員が語った話についてご紹介します。

 

LALALAちゃんねる!の動画で見る

映画のような現実

2012年に公開された映画「アイアン・スカイ」ナチスが連合国軍に敗北する前に月に避難し、秘密基地を建て、地球征服を目論むというSFアクションコメディ作品です。

驚くべきは、まるで「アイアン・スカイのような出来事が実際に起こっているかもしれないという点です。

「The Dawn of a Nazi Moon : Book Oneを執筆した本人であり、ホワイトハウスの元職員であり、元米国防総省の職員でもあるダグラス・マッキノン氏は、米ソ冷戦の終結後、ソ連軍の司令官から不思議な話を伺ったそうです。

スポンサーリンク

ダグラス・マッキノン氏が聞いた話

ソ連軍と米国防総省の間で、軍の縮小のための会議が開催されていた1990年ごろ、ダグラス・マッキノン氏は米国防総省の職員として働いていました。

その後の1991年に、米国とソ連の間で第1次戦略兵器削減条約、通称 START I が結ばれ、やがてソ連は解体されました。

米国とソ連の間で兵器を断滅するための会議が開催されていたある日、会議に参加していた2人のソ連軍の司令官がある言葉を口にしました。

ソ連は解体の直前であったため、様々な権利は米国にあったも当然のような状態でした。それゆえ、ソ連軍の人々は本音を包み隠さず打ち明けることもあったそうです。

 

ソ連軍の司令官が打ち明けた言葉とは?

個人的な話も行われていた会議は核兵器断滅の話にさしかかりました。そこで、ソ連軍のとある1人の司令官が「ソ連が持つ核兵器をすべて手放すときが来たならば、我々はすべての核兵器を棄てたことを宣言します。

その一方、5つの核兵器だけは手放さずに保持します。なぜなら、宇宙を漂う小惑星が我々人類を絶滅させることが判明した時、我々は核兵器を用いてドイツを襲撃するためですと告白しました。

この言葉は、第二次世界大戦時のロシア人がナチス・ドイツを異様なほど嫌っていたことを表しています。

さらに、もう片方の司令官第二次世界大戦も終わりに近づいたころ、ナチス・ドイツが秘密裏にしていた実験場を見張っていたロシア軍部隊からいくつもの大型ロケットが発射されたことを告白しました。

また、こうも言いました。「我々は、その大型ロケットが地球に帰還したところを目撃したことがありません。もしかすると、誰かが乗っていたのかもしれません。

また、誰かが搭乗しているならば、何人乗っているかなども非常に気になるところです。

スポンサーリンク

ナチス・ドイツが有人ロケットに搭乗していた?

ダグラス・マッキノン氏は2人の司令官が放った言葉を記録しました。

それからというもの、ダグラス・マッキノン氏はその記録のことを忘却していたのですが、2018年の某日にその記録のことを思い出し、振り返りました。

その記録を読みながら思考にふけっていると、ダグラス・マッキノン氏の脳内にある考えが浮かびました。それは、1945年、ナチス・ドイツは有人ロケットに乗ってへ避難していたのではないか?というものです。

マッキノン氏は語ります。

ナチス・ドイツが有人ロケットを保持していたとするならば、彼らはどのようにしてそれの技術をどこから取り入れ、どのようにして作ったのでしょうか?また、月でどのような暮らしをしているのでしょうか?

 

いかがでしたか?
ナチス・ドイツの避難先と元米国防総省の職員であるダグラス・マッキノン氏語った話についてご紹介しました。この話が本当なのかどうかは分かりませんが、ソ連軍の司令官が放った言葉からは、当時の米国とソ連、ドイツの情勢が伺えます。また、世界各国で核兵器のない世界を目指していくつもの会議や会談が開催されていたり、条約が結ばれていたりしますが、核兵器のない平和な世界実現するには莫大な時間がかかりそうです。
参考 : The Sun, など

コメント

タイトルとURLをコピーしました