ブログ記事をYouTubeでらららが配信しています!

金星に潜む微生物? ~黒っぽいシミの正体とは~

金星に潜む微生物? ~黒っぽいシミの正体とは~ 科学
金星に潜む微生物? ~黒っぽいシミの正体とは~

 

金星は太陽系に存在する惑星の1つで、表面温度はとても高く、その温度はおよそ464度にもおよぶといわれています。

生命が住めるとは思えないほどの環境下におかれている金星ですが、実は金星に微生物が潜んでいるのではないかという研究がなされるようになりました。

その微生物は雲に隠れており、外側から見ると黒っぽいシミのように見えるのだそうです。今回は、金星に潜む微生物と黒っぽいシミの正体についてご紹介します。

 

LALALAちゃんねる!の動画で見る
スポンサーリンク

過去の金星は穏やかな環境だった?

金星は、表面温度は500度におよぶこともあるという厳しい環境にある星です。気圧は地球の92倍であるともいわれており、生物が住めるような環境とは思えません。

しかし、過去の金星には水が存在し、生物が住むことのできる環境であったといわれています。しかも、その環境が20億年以上も保持されていたそうです。

ところが、いつの間にか温室効果ガスの影響で存在していたはずの水は失われ、今のような厳しい環境に変化してしまったといいます。

スポンサーリンク

生物は雲の中に隠れた?

穏やかだった過去の金星に生物が潜んでいたとするならば、金星の環境が大きく変貌してしまった際にかつて地球に存在していた恐竜のように絶滅していたと考えられました。

しかし、新たに行われた研究では、偶然生き残った微生物が雲の中に隠れて過ごしているのではないかといわれています。雲の中は比較的安全な環境であるためです。

そしてその雲の中に隠れ身を守った微生物が金星の表面に黒っぽいシミのようなものとして見えているといいます。

この黒っぽいシミのようなものはおよそ一世紀ほどに観測され、紫外線の光を当てながら見ると、謎の光や濃度が濃い硫酸を粒子が吸い込んでいる様子が分かるそうです。

スポンサーリンク

金星に潜む生物の存在可能性

アメリカ・ウィスコンシン大学に所属するサンジェイ・リマイェ氏によると、金星に何らかの生物が潜んでいると断定することはできないが、金星の雲には生物が潜んでいることを示すものがあるといいます。

金星に生物が潜んでいると考えられたのは、アメリカの天文学者であ作家でもあるカール・セーガン氏が始まりでした。その後、1977年にもデビット・グリーンスプーン氏がこの考え方を支持しています。

 とはいえ、当時はこの考え方にはあまり根拠はありませんでした。その理由は、金星は生物が住むのに適した環境ではなかったからです。

スポンサーリンク

金星に潜む生物とその研究

金星に生物が潜む可能性を 根拠あるものにするためには、生物は金星に住むことができるのかということについて検証・研究しなければなりませんでした。

1999年に執筆された論文によると、気温がとても低く凍ってしまいそうなところであっても、微生物は死ぬことなく生きながらえることが明らかになりました。

また、2004年に行われた研究によると、金星の雲は二酸化炭素、硫黄、酸性エアロゾルといった物質でできており、表面温度はおよそ0度〜60度ほど、気圧は0.4〜2気圧ほどであるということが判明しました。

これまで金星は生物が潜んでいるとは思えないほど厳しい環境であるといわれてきましたが、この研究により金星にも生物が住むことができるということが分かったのです。

スポンサーリンク

地球の微生物と金星の環境

地球微生物には、CO2を取り込み硫酸をつくる種類のものがいます。また、41キロもの上空で生命を維持することのできる微生物もいます。

金星の雲の中の環境は、これらと非常に類似しているものであるため、金星のような厳しい環境下でも微生物が生きながらえることができるといわれています。

さらに、金星で生きる微生物は光を自らの体内に取り込みながら空中で生命を維持しているそうです。

いかがでしたか?
金星に潜む微生物と黒っぽいシミの正体についてご紹介しました。高温で生物が潜んでいるとは思えない金星という星に生物が潜んでいるかもしれないとは驚きです。宇宙学に携わる研究者や学者は将来的に地球以外への惑星に人類を居住させる計画を立てていますが、もしかしたら私たち人類が居住することになる惑星は金星かもしれません。
参考 :  liebertpub, mysteriousuniverse, など
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました