ブログ記事をYouTubeでらららが配信しています!

増加する未知との遭遇 ~南アフリカのUFO目撃情報11選~

増加する未知との遭遇 ~南アフリカのUFO目撃情報11選~ UFO 異星人
増加する未知との遭遇 ~南アフリカのUFO目撃情報11選~

 

南アフリカではUFOや宇宙人の目撃情報が極めて多く、1970年代頃からどんどん増えてきています。それぞれの情報の信憑性こそまちまちですが、いずれも我々の興味をそそるものばかりです

今回は、南アフリカのUFO目撃情報の中でもインパクトのある事例を紹介します

 

LALALAちゃんねる!の動画で見る
スポンサーリンク

ロスミード小学校事件

1972年11月、夜のロスミードを運転していた小学校の校長は、校内のテニスコート上空に緑色の発光体がある事に気付きました。

校門に車を停め校内に入るとそこは不自然な程静かで、車のエンジンの音すら聞こえなかったのです。そして油が焼けたような臭いを感じ、それはテニスコートに近付くにつれ強まりました。

フェンスからコートを覗くと、アスファルトが焼けて割れていたのです。またアスファルトの地面には、奇妙な穴ができていました。

駆け付けた警官も何の穴か見当が付かない様子でしたが、彼らによればその晩、近隣住人からUFOを見たと通報があったというのです。

スポンサーリンク

ミンダロー事件

1079年1月ミンダローに住むミーガン一家の飼い犬深夜に外で激しく吠え出したのですミーガンがドアを開けると、犬暗い道路へ飛び出していきました。

彼女12歳の息子と共に犬を追うと、道路ではピンク色の光が見えたのです光は空から降りてくる乗り物を縁取っていました。着陸した乗り物からは6人の乗組員が降りてきて、周囲を調べ始めました。

うち2人がミーガンらに付き、聞いた事もない言葉で挨拶してきたのです彼女が恐怖から逃げ出そうとする、6人はUFOに戻り出入口が閉まりました。それ数秒で遠く飛び去ったといいます。

スポンサーリンク

サソルバーグのUFO

1993年11月のある夜、UFOがサソルバーグの方へ飛んでいくのが目撃されました。それは数秒間浮遊し、突如閃光を放ち消えたのです。

分後に同じ物体が戻ってきましたが、丸みを帯びた形から細長い形に変形し、色も黄色だったものがオレンジや黒へと変わり、またもや元の形に戻ると上空に静止しました。

更に機体から青いビームが地上に照射され、物体は再び強い光を放ち消えました。2ヶ月後、同じUFOの痕跡とみられるものが現場付近で見つかったのです。

スポンサーリンク

ロボットによる誘拐事件

1972年、ある女性が誘拐されました。ベッドで横になっていた彼女は外でヘリコプターのような音がしているのを耳にし、その後つむじ風に包まれたような感覚に襲われたのです

次の瞬間、彼女は知らない場所におり、数体のロボットのようなものに囲まれていました。彼らは実験をしている様子で、テレパシーで彼女に話しかけてきたといいます

何の実験だったのかは不明ですが、彼女は痛みや恐怖を感じませんでした。そしてしばらくすると自室に戻っていたのですその後、ロボットは再び彼女の前に現れ、足に器具を残してあると告げてきたのです。

スポンサーリンク

夫婦誘拐事件

1974年5月、マクノーマン夫妻は旅行の帰り、夜通し曲がりくねった道を運転していました。午前2時半頃、妻が背後の奇妙な光に気付いのです光は車に近付き、ついには追い付きました。

自分の車時速145kmのスピードが出ている事に気付き、アクセルを緩めました。しかし減速せず車は暴走状態にあったのです。

次の瞬間、目指していた南アフリカの国境が目と鼻の先にある事に気付きました。国境で時計を見ると朝の8時半を過ぎていましたが、車内の時計と腕時計は7時半を指していたのです

それまでの帰路の記憶も曖昧で、夫妻は曲がりくねった道を運転していたはずが真っ直ぐな長い道路を走っていたと記憶していました。

に不思議のは、320km走ったにもかかわらず車のガソリンが満タンだった点です。タイヤも新品のようでした。後日、夫セラピーを受けて記憶を取り驚愕の事実に気付きます。

車の後ろに光が現れてすぐ、夫妻は車ごとUFOに吸い込まれていたのです。UFOの中で夫は何らかの検査を受け、近くには妻や他の人もいたのですまたは、車は宇宙人らによって修理されていた事も知りました。

スポンサーリンク

三角形のUFO

1991年4月7日の夕方、プレトリアでUFOが目撃されましまた、このの別の場所では4月8日、9日と連続してよく似たUFOが目撃されたのです

奇妙なのはベルギーでも類似した物体が目撃されている事です。プレトリアで目撃されたUFOはベルギーで見られたものと同じなのでしょうか?

スポンサーリンク

レーダーにUFOの機影

南アフリカ共和国プレトリアで、1996年8月にも光る物体が目撃されました。第1発見者は警官で、彼は警察署の上空に「この世のものではない」と思える光が浮かんでいたと述べます。

ヘリコプターで調査が試されましたが、ヘリが近付くと物体は動き出し、パイロットが追跡しようとするも追い付けませんでした。また燃料が切れた事もあり、調査は断念されたのです

スポンサーリンク

ハート型UFO

プレトリアでは2010年7月、2晩連続で空に発光体あるのが目撃されました。町から離れた場所でも浮遊する物体が目撃されています。

当局は事件の手がかりを得るため空軍とヨハネスブルグ・プラネタリウムに問い合わせました。しかしいずれもわからないとの回答を出しました。

スポンサーリンク

ケープタウンの緑の光

2015年11月、ケープタウンで緑色の光が目撃されました。南アフリカ天文台は曖昧な表現で「光はスポーツスタジアムの照明機器によるもの」と説明しました。

しかしスタジアム側は、「そのような機器はない」と主張したのです。その後、同じような光が別の複数の地域で目撃されました。人々の中には、光の正体は別次元への入口だと推測する人もいます。

スポンサーリンク

オレンジ色の光

2011年は南アフリカ全域でオレンジ色の光が目撃された年であり、ティールプアルトでは空を高速で移動する光が20個目撃されました。

またクルーガーズドープワーレントンでも、光の目撃情報があったのです。目撃情報は5月に集中していますが、光の正体は隕石群だという人もいます。

UFO研究者はその可能性を踏まえつつも、目撃された光には隕石と思えないものもあると主張します。

スポンサーリンク

タバコを吸う男

ルースブームに住むドリスと娘は、ある8月の朝に川で水を汲んでいると、タバコを吸身長3m程の男を見つけました。ドリスが彼を見つめていると、男の胸から光が出てきて、大量の煙が広がりました。

そしての体は浮遊した後勢い良く飛び上がり、一瞬で消えたのです。ドリスらはその間、皮膚に電気ショックを受けたような感覚を覚えたと述べており、その原因は電子波動が関連する技術だと推測されています。

またこの地域では、他にも煙を上げる怪物を見たという情報あります。

 

いかがでしたか?
UFO、宇宙人に関する騒動はアメリカで確認される事が多いですが、南アフリカもUFOや宇宙人の目撃情報はいくつも確認されているのです。今回ご紹介した事例以外にも、南アフリカにはグーグルアースにUFOが映り込んだという事例や、宇宙人と接触し身ごもったという女性の事例が存在します。そして2009年に公開されたエイリアン映画「第9地区」の舞台も南アフリカです。南アフリカはもはや、アメリカ以上のUFO聖地といえるでしょう。
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました