ブログ記事をYouTubeでらららが配信しています!

古代エジプト文明の記号と文字 ~秘められたメッセージ~

古代エジプト文明の記号と文字 ~秘められたメッセージ~ 地球
古代エジプト文明の記号と文字 ~秘められたメッセージ~

 

紀元前5000年ごろ、ナイル川流域に文明が開かれました。エジプト文明の始まりです。エジプト文明では太陽暦やピラミッド、ヒエログリフといったものが発明されていきました。

現代においてもピラミッドは当時の原型を留めたまま遺されており、ヒエログリフはアルファベットの元となった文字であるといわれています。エジプト文明ではそのほかにも、色々な記号や文字を用いられてきました。

今回は、古代エジプト文明で用いられた記号や文字と、それらが表すものについてご紹介したいと思います。

 

LALALAちゃんねる!の動画で見る
スポンサーリンク

女神ウアジェトを表す「ウラエウス」

ウラエウスはアスプコブラというコブラの一種が鎌首をもたげているところを表しており、古代エジプトにおいて王権、主権、神性のシンボルとなっていました。

ウラエウスのような蛇をモチーフとしたシンボルはまさに女神ウアジェトを表していたといいます。そのため、エジプト神話における女神ウアジェトはコブラとして扱われることも多々あるそうです。

スポンサーリンク

神聖な虫「スカラベ」

スカラベはヒジリタマオシコガネという虫のことを指しますが、古代エジプト文明では神聖なものとして崇められていました。ヒジリタマオシコガネは、フンコロガシのように塊を作成します。

古代エジプト文明の人々はヒジリタマオシコガネが作成する塊を太陽のようであると考え、太陽神ケプリと同じように神聖視したといいます。

スポンサーリンク

王権のシンボルである「杖とからざお(クルックとフレイル)」

杖は牧畜のときに用いられる道具のことをいい、からざおは農業を営むときに用いられる脱穀のための道具のことをいいます。

これらは王権のシンボルであるとされ、ツタンカーメン王の棺桶に写し取られるなど儀式の際に使われるモチーフの1つです。

杖とからざおはオシリス神と深い関わりがあり、オシリス神が地球を治めていた時代のことを表しています。

スポンサーリンク

安定を願う「ジェドの柱」

ジェドの柱は安定を表しており、オシリスの間などの壁画にも記されています。さらに、ジェドの柱はエジプトの安定を願うために地球を支えるように建てられ、地球の安定を願い、保持していたという言い伝えもありました。

スポンサーリンク

月と太陽を表す「ホルスの目」

ホルスの目は、王権、健康、保護のシンボルであるといわれています。古代エジプトでは、月と太陽は天空神ホルスの目であるという言い伝えがありました。

そのため、ホルスの右目はラーの目で月を表しており、左目は女神ウアジェトの目で太陽を表しているといいます。

スポンサーリンク

信仰する者は蘇生する「アンク」

アンクはヒエログリフに用いられている文字で「生」や「命」を表しており、エジプト十字ともいわれています。装飾品の模様やお守りとしても用いられ、ファラオやそのほかの神々とともに壁画に記されています。

また、アンクを信仰する者は1度だけ蘇生することができるという言い伝えがあります。

スポンサーリンク

神聖な睡蓮の花「ロータス」

ロータスは古代エジプトの太陽神および最高神のシンボルとされ、創造、再生、生命を表しています。ナイルの花嫁ともいわれているロータスは、日が昇ると花が開き、日が沈むとすぼみます。

古代エジプト文明の壁画にも記されているロータスは、エジプトの国花にも認定されており、古くから親しまれてきた花であることが分かりますね。

スポンサーリンク

アテム神が佇む神聖な丘「ベンベン」

ベンベンは永遠を表す言葉で、古代エジプトのヘリオポリスという場所にあった丘のことを指します。アテム神が世界を創った際に佇んでいたとされる丘で、とても神聖な場所でありました。

さらにベンベン石というベンベンの丘をコピーしたかのような石造記念物も存在し、太陽光を当てると、ベンベン石自体が煌めきを放ったといいます。

また、ベンベン石はピラミッドの元になったともいわれています。

 

いかがでしたか?
古代エジプト文明で用いられた記号や文字とそれらが表すものについてご紹介しました。今回紹介したのはごく一部であり、古代エジプト文明ではこのほかにも色々な記号や文字が用いられ、時には神聖なものとして祭り上げられたり崇拝されたりしたそうです。しかし古代エジプト文明は遥か昔に切り開かれた文明であるため、私たちにはまだ知られていない未知の記号や文字が存在するでしょう。果たしてそれらの未知の記号や文字について解明される日は来るのでしょうか?
参考 :  ancientcode, など
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました