ブログ記事をYouTubeでらららが配信しています!

SNS企業が駆使する10のテクニック ~人間の心理・動向分析から~

SNS企業が駆使する10のテクニック ~人間の心理・動向分析から~ 科学
SNS企業が駆使する10のテクニック ~人間の心理・動向分析から~

 

現代の経済社会において、企業が顧客の生活様式や、行動様式趣味・嗜好などの多角的なデータを分析して商品やサービスを販売するための様々な戦略を構築するのは常識となっていますが、Web上のSNSを運営する企業も例外ではなく、様々なテクニックを駆使して、人々の心理や動向を分析し、関心を引きつけようとしています

今回SNS企業が駆使する10のテクニックをご紹介します

 

LALALAちゃんねる!の動画で見る
スポンサーリンク

赤色の心理的効果

は人目を惹きつけ、行動力を上げる効果がある一方、危険緊急性、警告を連想させる効果もあります。

フェイスブックがサービスを開始した当初、通知アイコンにはサイトの色統一した青色を採用していましたが、ユーザーへの訴求効果が低かったため、赤に変更されました。

色のアイコンは人目を惹きつけるのに非常に効果的で今では数多くのアプリ色のアイコン採用、ユーザーの注意喚起と利用促進につなげています。

スポンサーリンク

承認欲求の充足

SNSでは常識となっている「いいね」や「リツイート」は、SNSユーザーが持っている「他者からの承認欲求」充足させるツールであると言えます

他者から評価をもらった人の脳では、ドーパミンが放出されているとも言われていて、人によっては「いいね」の通知が来るだけでドーパミン放出されることもあるそうです。

このようにSNS企業はユーザーが他者からの承認欲求満たすツールを組み込むことで、ユーザー常にSNSの場に戻るように仕向けているのです

スポンサーリンク

不定期・断続的報酬システムの利用

報酬に対する機能を有する人間の大脳の中脳皮質・辺縁系は、報酬を期待させ、その報酬がいつもらえるのか予測できない状況で、最も活性が高くなるそうです。

こうした不定期・断続的報酬システムを利用したものがスロットマシンでこのメカニズムギャンブル依存症を引き起こすとも言われています。

そしてSNS企業は、SNSの場に不定期・断続的報酬システムを利用して、ユーザーの欲求を高めているのです。

ツイッター情報のアップデートにプルダウン法を用いることで見えない新着情報への期待感を高めています。

フェイスブックでは、ニュースフィード関連性の高い情報そうでない情報混在させ、知りたい情報を探すためにユーザーに画面をスクロールさせるという方法で不定期・断続的報酬システムを実しています。

ユーザーが知りたい情報という報酬を求めて画面をスクロールするということは、長時間SNSの場に留まることになり、結果として多くの広告を見ることになるのです。

スポンサーリンク

負の感情を利用

人は、退屈な時や不安な落ち込んだ時などマイナス思考、負の感情を持っている方がSNSの利用回数やメールの確認回数が増え、軽いドーパミンの放出を生じさせているそうです。

SNS企業も、ユーザーが負の感情を持っている時にSNSを習慣的に見てもらうため、SNSのフィードバック・システムを操作し、どのような状況で、どのタイミングで情報を流すのが最も効果的なのか、計算していると言います。

例えば、インスタグラムユーザーが投稿した写真への「いいね」を保留しておいてユーザーが不安を覚えた頃に、突然「いいね」を一気に流すことがあるそうです

ただこの戦略は、SNSの長時間の利用が人の幸福度を低下させることが判明していることから、問題となっています

スポンサーリンク

社会的証明の利用

社会的証明とは、他人の行為や大々的に報じられた情報などによって、その後の私たちの行動や判断が影響を受けてしまう人間の心理的原理のことで、演劇などで観客の一部が拍手をすると、つられて残りの観客も拍手をしてしまったり、有名な大企業に対して投資家が安心して投資を行ったりする人間心理の性質の総称です。

SNSでは、ユーザーに友達の投稿メールなどで知らせることで閲覧するよう催促してきます。

フェイスブックでは、ユーザーがオンラインであることを公開ると、同じようにフェイスブックを使用しているあなたの友達ことを必ず知らせるようになっています

スポンサーリンク

返報性の原理の利用

返報性の原理とは、他人から何らかの施しを受けた場合に、お返しをしなければならないという感情を抱く心理のことで、SNSでは、自分のページを頻繁に閲覧している人を表示することで、ユーザーが相手のページを見るように仕向ける手法です。

フェイスブックでは、メッセージが既読になるとそれが相手に通知され、相手はそれに対応するよう仕向けられスナップチャットでは、友達と連続でメッセージを送りあった日数が分かる「ストリーク」という機能があります

スポンサーリンク

権威に従う人間の心理を利用

は権威に対して盲従する心理的性質があります。医師や警察官など、高い専門性を持ち、社会を律する人物の指示には従いやすいものです

SNSではユーザー志向で使いやすく、サポート体制整っていると権威があるとみなされ、ユーザーは安心して自分の個人情報を開示するようになります

個人情報の保護に関するページでは、ダークカラーで落ち着いた雰囲気を演出し、南京錠のマーク表示することで情報セキュリティが鉄壁であるかのような印象を与え

しかし、その裏では個人情報を広告販売に利用する仕組みがあります例えば、フェイスブックでは携帯電話と同期を促すメッセージがあり、その回答の選択肢は「はい」か「後で」しかなく、最終的には連絡先が同期される仕組みとなっています

こうした情報を基に、総合的な個人情報データベースを作成しているのです。

スポンサーリンク

友達の情報を広告表示に利用

今や世界中で多くの人がSNSを基本的には無料で利用していますそして、その運営にかかる経費を賄うため、ユーザーに適した広告を表示しています

広告の表示には、友達がシェアした情報と同じフォーマットを利用し、その広告も各ユーザーのSNSの履歴データを分析して最適な広告を自動選択しています。

スポンサーリンク

フェイスブックは集めたユーザー情報を利用している

SNS企業はユーザー情報を広告主に開示・販売することがありますが、フェイスブックはユーザーのインターネットの閲覧履歴も収集しています。閲覧したサイトにフェイスブックのアイコンが表示されてい場合、その人の個人情報が自動的にフェイスブックに報告される仕組みとなっています

さらにフェイスブックはクレジットカード情報を扱う企業からユーザーの所得や訴訟の有無などの情報スーパーマーケットのポイント情報を買い、支払い状況をチェックしているのです

その他、ユーザーの位置情報電話やメールの履歴情報まで収集していることが明らかになりました。フェイスブックが集めた情報は、基本的にはユーザーへの広告表示に利用されていすが、一方で個人情報を誰にでも売ってしまうことが問題となっています

スポンサーリンク

サイコグラフィックスの利用

サイコグラフィックスとは、心理学的属性のことで、個人の生活様式、行動、価値観、購買動機、商品使用程度などによって顧客を分類する基準となるものです

ある研究では、フェイスブックの「いいね」を300ほど解析するだけで、高い精度でユーザーの性格を判断することが可能だと言います。

そうした中、ケンブリッジ・アナリティカ社がフェイスブックの大量個人情報を政治広告に利用していたことが発覚しました。同社は、この手法が人の心理に影響を与えることが可能だと考えているのです

 

いかがでしたか?
企業は様々な心理的テクニックを利用して、顧客の満足度を上げ、利益を上げようとしています私たちも、自分で選択し、行動しているつもりが、実は操られてい場合もあるかもしれませんSNSユーザーも、個人情報をしっかりと自衛する方法を考えなくてはならない時代なのです。
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました