ブログ記事をYouTubeでらららが配信しています!

知性は数種類ある!~IQだけで語れない人間の能力~

知性は数種類ある!~IQだけで語れない人間の能力~ 科学
知性は数種類ある!~IQだけで語れない人間の能力~

 

突然ですが「あなたの知性はどのくらいですか?」こう聞かれた際に、多くの方はIQか偏差値を答えるかと思います。私たちは、特に学生の頃にはこの2つで自身の学力を把握し、それが知性だと思ってきました。

しかし、多くの人々が認識していないだけで、なんと9つもの知性が人間にはあることをご存知でしたか?今回は、人間に備わった9つの知性をご紹介します。あなたはどの知性に自信があるか、ぜひ考えてみてください。

 

LALALAちゃんねる!の動画で見る
スポンサーリンク

論理的知性

これが、最も皆さんのイメージする知性に近いものだと思います。論理的知性とは、簡単にいえば情報処理能力です。

現象を分析して、今までの経験から導かれる計算を重ね、その現象にパターンを見出すためには、この論理的知性が大きく関わっています。

論理的な推論ができるので、仕事をする上でこの知性が高いと、多くの人に認められやすいかもしれません。

スポンサーリンク

空間的知能

空間認識能力などの名称で、この知性のことを話題にあげる方もいらっしゃるかもしれません。対象物が目の前になくても、頭の中で思い描くことができる能力で数学やスポーツにおいては特に重要です。

スポーツで空間的知能を発揮する人「鷹の目の持ち主」などと呼ばれ、まるで試合を空の上からみているかのような感覚になるそうです。

遊園地のアトラクションで迷路をしていても、一般的な人よりも早くゴールができることも特徴の1つです。

スポンサーリンク

音楽的知性

音楽の才能のある人を見たことはありますか?一度しか聞いていない曲を再現することができる、聞いた音を他の楽器で表現することができるなど、普通では考えられないほどの才能を持つ人もいます

物事を理解するために、その物事が持つリズムやパターンを意識せずとも把握しています。音楽のカリスマと言われる人は、この能力が大変高いケースが多いです。

スポンサーリンク

運動感覚的知性

運動音痴と運動が得意なスポーツマンでは、そもそもの能力に違いがあります。

「この人の動きを真似してください」「イメージした動きを自分で表現してください」などと言われても、運動感覚的知性が低い人にとっては大きな課題となります。

自分の脳内でイメージした動きと、実際の身体の動きがリンクしている人は、運動感覚的知性が高いといえます。かえって、運動音痴の人は「身体の動かし方が上手い人を見ても、真似できない人」ともいえるかもしれません。

スポンサーリンク

自然主義的知性

これが知性に含まれていることに驚く方もいらっしゃるかもしれませんが、自然とコミュニケーションをとれる人も一種の知性が高い人なのです。

植物を育てるのが上手な人、動物のしつけが上手な人は、自然の表情を読み取って、対応することに長けています。

スポンサーリンク

自己感覚的知能

就活する時に、自己感覚的知能の高低がわかることも多いかもしれませんが、この知性が高いと自分自身の理解が深いです

自分の感覚を的確にとらえ、世界を把握することができ、自分自身の生き方、動きなどを理解することに長けています。

スポンサーリンク

創造的知性

これは「センス」ともいえる知性ではないでしょうか?今までのしきたりなどを完全に無視するわけではないですが、これまでの考え方に完全にはまるのではなく、自身の考えを柔軟に表現することができます。

いわずもがな、物語や芸術作品の創造に長けています。そして、創造的知性が高いと、物事の解決方法も柔軟に導き出しやすいことが特徴です。

スポンサーリンク

感情的知性(EQ)

感情的知性に長けている人は多くの人に好かれている人であることが多いのですが、自分の感情に敏感になれるだけでなく、他者には他者の感情があることを認識して、的確に見分けることができるのです。

感情のコントロールが上手な人や、相手の感情に合わせて対応できる人は感情的知性が高いといえます。ですので、他者との関係が良好になるカギとなる知性なのです。

スポンサーリンク

直感的知性

直感が知性だと言われると、驚く方もいらっしゃるかもしれません。今までご紹介した知性の多くは科学に基づいているものでしたが、これはその科学でさえ凌駕した知性ともいえます。

あらゆる世界同士をつなぐ、いわゆる橋の役割を担います。たとえば、現実世界と空想世界、物質的領域と精神的領域などをつなぐ役割です。

直感的知性が発達した人は、成熟した魂の持ち主ともいえ、自身と自身以外のつながりを築くことができます。

 

いかがでしたか?
人によって高い知性は異なりますが、IQや偏差値にとらわれない知性の捉え方をすることで、それぞれの長所を見つけることができるかもしれません。自分はどの知性が高いか、これがわかるだけでも、自分の向き不向きを把握・推測しやすくなります。
参考 :  lifecoachcode, など

コメント

タイトルとURLをコピーしました