ブログ記事をYouTubeでらららが配信しています!

「オリンピック号」の数奇な運命 ~タイタニック号の姉の物語~

「オリンピック号」の数奇な運命 ~タイタニック号の姉の物語~ 地球
「オリンピック号」の数奇な運命 ~タイタニック号の姉の物語~

 

大型の豪華客船「タイタニック号」は処女航海途中で沈没するという不幸に見舞われ、後に映画化されたことによって世界的に有名ですが、その「タイタニック号」にがいたことを知っていますか?

実際には「オリンピッククラス客船」と称され、1900年代初頭に建造されたオリンピック号」「タイタニック号」「ブリタニック号」の三大姉妹船があったのですが「オリンピック号」「タイタニック号」が同時期に造船され、4本の煙突が並ぶ外観や大階段などの内装が瓜二つだったため双子の姉妹と言われることもあるようです

一番船として先に竣工した姉「オリンピック号」は、悲劇の運命をたどった「タイタニック号」異なり、24年におよぶ長い就航期間経て引退しました。今回は、この「オリンピック号」の数奇な運命について紹介します。

 

LALALAちゃんねる!の動画で見る
スポンサーリンク

同じ時期に造船された「オリンピック号」と「タイタニック号」

「オリンピック号」「タイタニック号」、当時、大型の豪華客船の建造でライバル関係にあったキュナード・ライン社が所有していた「ルシタニア号」と「モーリタニア号」という姉妹船に対抗するべく、ハーランド・アンド・ウルフ社がホワイト・スター・ライン社に、隻の大型豪華客船の建造を発案したのが発端で

これには、アメリカの大富豪J.P.モルガンその資金の一部を提供していて実は「タイタニック号」に乗船する予定だったそうですが、直前にキャンセルし難を逃れたそうです

そして、同じ時期に造船された2隻は、外観や内装などのあらゆる点でよく似ていたそうです。当時、世界一を目指す造船業者にとって豪華客船を建造する意義や目的は、技術的なもちろん、その名誉と実績面でも現在の宇宙開発競争に匹敵するものだったようです

スポンサーリンク

贅を尽くした2隻の豪華客船

「オリンピック号」「タイタニック号」、スピードよりも設備の豪華さに重点を置き、ゆとりある優雅で快適な船旅をセールスポイントにしていたため、船内にはジムやプールトルコ式風呂をはじめ各種店舗エレベーターなどが完備されていました。

特に、「オリンピック号」二等船室三等船室旅客あっても図書室やダイニング、専用エレベーターなどの設備が用意され、かなり贅沢な旅ができたようです

スポンサーリンク

「タイタニック号」を紹介する写真は「オリンピック号」の写真を流用

「オリンピック号」は「タイタニック号」と外観も内装もよく似ていて区別がつけられなくなるほどでしたインターネットなど「タイタニック号」の内部を紹介する写真を見るかもしれませんが、実は「タイタニック号」の大階段のオリジナル写真は存在しないので、すべて「オリンピック号」の大階段の写真を流用しています。

スポンサーリンク

「オリンピック号」の処女航海の船長がたどった運命

「オリンピック号」は1911年6月に就航し処女航海はフランスからアメリカに向かう航路でした。この処女航海を担ったのがエドワード・J・スミス船長でした彼は、1912年4月10日、船長として「タイタニック号」の指揮に当たり、イギリス・サウサンプトン港の専用埠頭からニューヨークに向かう処女航海に出発し悲劇的な最期を遂げたのでした

スポンサーリンク

「オリンピック号」は「タイタニック号」の救難に向かった

「タイタニック号」北大西洋で氷山に衝突し、遭難信号を発信した時、「オリンピック号」800~900キロメートル離れた場所で信号を傍受し即座に進路を変更して全速力で救難に向かったそうです

しかし、すでに現場に到着し、乗客の救助を行っていた客船「カルパチアアーサー・ロストロン船長は、残り185キロメートルにまで近づいていた「オリンピック号」に対して、救難活動への参加を断り、進路を変えるように進言したといいます。

それは、救助したばかりの生存者が、たった今沈没したとよく似た船に乗ることでパニックに陥ることを危惧しての判断でした。

「オリンピック号」は、その後も航海を続ける中で、沈没した「タイタニック号」への弔意として、船内の娯楽をすべてキャンセルしたそうです。

スポンサーリンク

「タイタニック号」沈没後の「オリンピック号」

「タイタニック号」が沈没した際装備していた救命ボートの数不足によって多くの犠牲者を出したことを受け「オリンピック号」は急遽、救命ボート装備数を増やしたのですが、これには「タイタニック号」に装備していた救命ボートを流用した可能性があるそうです

また、アメリカやイギリスが「タイタニック号」沈没事故を調査する際にも「オリンピック号」重宝されました。

同様の事故を防止する方法を確立するため「タイタニック号」の沈没状況を再現するシミュレーション活用したそうです。

スポンサーリンク

「タイタニック号」沈没に関する陰謀説

「タイタニック号」の沈没事故は大きな社会的な関心事となり、沈没に関する陰謀説が出るようになりました。一つは、保険金搾取を目的に、航海前に「タイタニック号」「オリンピック号」すり替え故意に事故を起こし「オリンピック号」を沈没させたという説です

これは「オリンピック号」1911年9月にイギリス海軍防護巡洋艦「ホーク」と接触、船尾が大破したことで、修理する時に建造中「タイタニック号」の部品を使わなくてはならなったことや、1912年2月に大西洋航海中に障害物に乗り上げてスクリューブレード1枚を欠損した、キールむほどの損傷を受け、長期間の修理が必要だったことから、廃船予定となった「オリンピック号」を「タイタニック号」とすり替え、故意に氷山に衝突させたというものです。

もう一つは「タイタニック号」のオーナーであったウォール街の帝王、J.P.モルガンが、ジョン・ヤコブ・アスター四世ベンジャミン・グッゲンハイム、イシドー・ストラウスといったライバルたちを計画的に消すために仕組んだ事故だったというものです

実際、モルガン氏本人は乗船予定だったにも拘らず、直前にキャンセルした上、彼のライバルであった人物たちは事故の犠牲となっていたのです。

スポンサーリンク

第一次世界大戦で活躍した「オリンピック号」

1914年に勃発した第一次世界大戦において「オリンピック号」はヨーロッパから逃れる人々を乗せ、大西洋を航行し続けていました。

また、ドイツのボートの脅威が増す中、乗客153人を乗せて最後の商業航海に出ていた際にも、イギリスの戦艦から救助要請を受けて250人の乗員を救助しており、1915年に「オリンピック号」イギリス海軍省の命を受けて正式に軍用輸送船として徴用されたのです

ダズル迷彩でカモフラージュされた「オリンピック号」は、のべ20の兵士を、29万6100キロメートル以上も輸送し続けただけでなくドイツ潜水艦「U103」に体当たりを行い沈没させるなど、第一次大戦の海上戦を生き延び、頼もしいおばあちゃんいう愛称で親しまれました。

スポンサーリンク

引退後の「オリンピック号」

第一次世界大戦終結後「オリンピック号」再び客船として就役し、その後20年近く現役の客船として航行を続けました。

1935年に引退し、1937年には、豪華な内装の一部オークションにかけられ、新たな建物や船の建材として使用されました。

 

いかがでしたか?
かつて大西洋航路を賑わせた豪華客船「オリンピック号」は、約四半世紀にわたって栄光を築き上げてきましたただ、その陰には姉妹船の沈没事故や、自身が遭遇した事故、戦争への徴用などもあり、その数奇な運命に不思議なものが感じられると思います。
参考 :  RMS Olympic など
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました