ブログ記事をYouTubeでらららが配信しています!

地球から脱出した生命体がいる?  ~地球人の起源が宇宙だという説も~

地球から脱出した生命体がいる?  ~地球人の起源が宇宙だという説も~ UFO 異星人
地球から脱出した生命体がいる?  ~地球人の起源が宇宙だという説も~

 

ハーバード大学の研究者が「かつて地球を離れ、別の太陽系へ移住した生命が存在した」という説を発表しました。あり得ない話にも聞こえますが、ロマンの広がる説でもあります。

また、これまで人類は何度もまさかの発見をしてきたため、そのような説が事実であったとしても不思議ではないのです。 

 

LALALAちゃんねる!の動画で見る
スポンサーリンク

新たに生命が宿った星

こんな場面を想像してみてください。数百万年前、または数十億年前巨大彗星が地球の大気に触れるか触れないかぐらいの部分を通過しました。ハイスピードで動いていたその彗星は、大気の摩擦でわずかに減速したのです。

そして、その彗星の軌道には微生物が存在してました。その微生物は非常に丈夫で、高速で通過する彗星と接触してもなお生き延びていたのです。

そして微生物は、彗星に空いていたの奥に入り込み、そのまま宇宙へ連れ去られました。彗星の穴に閉じ込めらために微生物は宇宙空間の危険な放射能からも守られました。

やがてこの彗星はこの太陽系を脱出し、極めて長い年月をかけ別の太陽系に到達しのです

その後彗星は、太陽の周りを公転する惑星と衝突しましたが、彗星にいる微生物はこの時も生き延びましたこうして1つの巨大彗星が、生命の宿る新たな星となったのです。

長い宇宙の歴史の中で、今お話ししたような出来事があったとしても、不思議ではありません。

スポンサーリンク

星間パンスペルミア説、実はあり得る?

先程の巨大彗星のお話を「星間パンスペルミア説」と呼びましょう。突拍子もない説にも見えますがその一連の出来事が事実であるという根拠もあるのです

1970年代の小型ロケットを使った実験では、大気の上部でバクテリアの集合体が発見されており、また、時折太陽系にやってきて去っていく彗星も存在するのです

研究者のアミール・シラージ氏らは、そうした彗星が地球をかすめるように動く事はあり得ると述べました加えて彗星小さな穴が多く空いており、そうした穴が、宇宙空間の危険な放射線から微生物を長期間守る可能性もあるのです。

これだけの根拠がある以上、天文学者や生物学者、星間パンスペルミア説検証する余地はあるシラージ氏は主張します。

スポンサーリンク

星間パンスペルミア説のような出来事は起こり得る

星間パンスペルミア説で提示されている出来事が実際に起きたのかは不明であり、疑わしい点も多いです。

しかしシラージ氏らは、地球の微生物が彗星と共に移動しこの太陽系を脱出した部分までの出来事なら地球の歴史上1、2ダースは起きているだろうと考えています。

こうした事から、一見信憑性の低い星間パンスペルミア説もいつかは実証されるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

星間パンスペルミア説否定派の意見

カリフォルニア大学のスティーブン・ケイン氏は、星間パンスペルミア説否定派です。この説を否定する理由について、彼はこう説明しました。

まず、この星間パンスペルミア説では、微生物の中には高速で移動する彗星でも、生存できるものがいる事が示されています。しかし、そうした微生物が、運良く彗星に付着する具体的なメカニズムは不明なのです。

そしてケイン氏は、彗星周囲のの動きや、大気中を漂う物質の影響がある中、微生物が彗星の表面にくっつき、宇宙の放射能から保護してくれるに入り込む不可能だと考えます。

また彼は1970年代のロケット実験に疑問を呈し「彗星に付着できる程高く舞い上がる微生物が存在するだろうか」と指摘しました

実際現在の大気においても、その上部に漂っているとされる生物の実態が掴めていないようです。そのため数百万年前、数十億年前の大気の事など分かるはずもありません。

スポンサーリンク

微生物が宇宙で生存できる期間

星間パンスペルミア説の最大の疑問点は無事彗星に着地した微生物が、その後どうなるのか」という点です。一部のバクテリアなら、数十年程度であれば宇宙空間でも生存する可能性があります。

かし、別の太陽系まで行く場合、数万年から数百万年はかかるでしょう。いかに丈夫なバクテリアでも、そこまで期間生存する直接的な証拠はほぼありません

そして、かねてから示唆されてきたのは大きな衝突で発生した彗星の破片によって、微生物が吹き飛ばされてしまうという事です

スポンサーリンク

隕石の中から糖が発見される

NASAや東北大学の研究者をはじめとする研究グループにより、数十億年前に地球に衝突した隕石の中から糖が発見されました。糖は生命の起源と深く関連する物質です。

この発見は地球の生命誕生のきっかけもたらしたのが隕石である可能性示唆します。

もし隕石が本当に生命誕生に関わっているとしたら星間パンスペルミア説の彗星と微生物のエピソードも、実際起きた事である可能性が高まります。

スポンサーリンク

生命体を構成するものは宇宙でできた?

時折地球に落ちてくる隕石の多くは、地球近傍(きんぼう)天体という地球に接近する事がある小惑星から来ているのです。そのような小惑星の中で、生命に不可欠な元素が生まれたという仮説があります。

米国科学アカデミーの機関誌『PNAS』の、2019年11月18日付のものに、このような研究報告が掲載されました。

1969オーストラリアに落下した十億年前の隕石など3つの隕石から糖の抽出を試みたところ、生命の誕生に欠かせない「アラビノース」や「キシロース」が発見されたという報告です

スポンサーリンク

リボ核酸はDNAが登場前から存在していた?

生命の誕生に関わる糖の中でも重要なのは「リボース」という糖ですリボースはRNA、つまり”リボ”核酸を構成する糖であり、DNAに書き込まれた情報を伝える事で人体に必要なタンパク質を作る手助けをしているのです。

またリボースの発見は、RNAがDNA登場前に進化していた事を示すものとなります。

DNAは長らく「生命の鋳型(いがた)」とみなされてきましたが、実はRNAはDNA以上に有能で、他の分子の助けがなくても自己を複製できるのです

RNAにこうした機能がある点や、DNAに含まれる糖が過去に隕石から見つかっていなかったから、RNAはDNAが登場する頃には既に存在しており、生命の働きをコントロールしていた事がうかがえます。

スポンサーリンク

地球人の故郷は宇宙だった!?

地球の外にあった糖が隕石と共に地球に落下し、その糖がRNAが作られるのを助け、生命の誕生に繋がったのかもしれません。

問題の隕石が地球の生物によって汚染されていた可能性も指摘されますが、検査の結果、その可能性はかなり低く、糖は宇宙に由来するものである可能性が高い事が分かりました。

なお2019年1月には、2つの隕石からアミノ酸、炭化水素などの生命の材料といえるものが発見されていますこの発見は、地球人含む生命体の故郷が上ではなく、宇宙である可能性がある事を意味します。

 

いかがでしたか?
「かつて地球から生命体が出ていった」という星間パンスペルミア説については、研究者のでも肯定派と否定派に分かれるのです。どちらの考えが正しいかは、今は分かりません。その答えを示してくれる研究者がいつか現れれば、れに伴い「地球人の起源が宇宙にある」という好奇心をそそる説研究も進でしょう。
参考 :  NASA,  wikipedia, など
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました