ブログ記事をYouTubeでらららが配信しています!

イギリス空軍のレーダーが捕らえた未確認飛行物体の謎 ~目には見えないUFO~

イギリス空軍のレーダーが捕らえた未確認飛行物体の謎 ~目には見えないUFO~ UFO 異星人
イギリス空軍のレーダーが捕らえた未確認飛行物体の謎 ~目には見えないUFO~

 

日本語では「未確認飛行物体」と訳されるUFO。1947年に空飛ぶ円盤の姿が報告されて以来、今もなお人々の好奇心をかき立てています。現実にも、UFOに関する様々な報告が大量にあります。

今回は、その中でも特に興味深いケースの報告について 見て行きましょう。

 

LALALAちゃんねる!の動画で見る
スポンサーリンク

目視できないUFO?

「UFOのイメージは?」という質問をした時、大半の方は円盤型の宇宙人の乗り物を思い浮かべるのではないでしょうか。それらは皆、目で見ることができる一般的なUFOです。

しかし、今回は「目に見えないが、レーダーには映っている」という特殊なUFOの存在を示唆した、イギリスでの3件の報告を見て行きましょう。

軍事テスト中の観測

1949年の8月、最新のイギリス防空体制テストとして、「ブルドック作戦」という計画が行われていました。この作戦の最中に、正体不明の飛行物体は観測されました。

レーダー内に、高度約100,000フィート(約30.48km)の位置突如として、1点の飛行物が現れたのです。通常、レーダーの範囲内において、存在を気づかれずに飛行することは不可能です。

その後、この飛行物は西から東に向かって少しの間飛んだと思うと、突然進路を変え、テムズ川の河口に近づいて行きました。この時、飛行物はレーダーの範囲外に消えてしまいました

レーダーに記録された情報から分析すると驚くべきことが発覚しました。謎の物体はこの時、高度約50,000フィート(約15.24km)上空を、なんと時速約4,828kmで飛行していたのです。

また、サイズは15,000~20,000tの積載をもつ大型の船舶と同様であると推測されました。

レーダーは再び巨大な飛行物体を捉えたものの、イギリスのベンプトン基地のレーダーに近づくと、飛行物体は上昇速度を上げ、高度100,000フィート(約30.48km)で忽然と姿を消してしまいました。

スポンサーリンク

レーダー管理員の報告

イギリス空軍のレーダー管理部に勤めていたウィリアム・マグワイヤ氏は、ケント州のサンドウィッチ基地という軍事施設でのUFOとの出会いに関して「それは軍艦と同じような質量で、信じられない高さに存在していた。

確かに存在していたんだ。」と語りました。この報告に人々は「レーダー管理上のミスが原因だ」としてマグワイヤ氏を非難しました。

軍の機器によって追跡も図られましたが、結局その姿を肉眼で捉えることはできませんでした。

空軍基地教会からの報告

1957年3月26日にローフォード空軍基地教会から異様な飛行物体の存在が報告されました。この報告によると、問題の飛行物体は静止状態から時速約2,253kmの速度まで加速したそうなのです。

今でも、この不可思議な飛行物体の正体は解明されていないそうです。

 

いかがでしたか?
UFOは時を超えて人々の興味を引く魅力を持った存在です。ほとんど得体の知れない飛行物体についての報告が昔からあったと考えるとやはりUFOは存在するのではないかと思えてきませんかUFOはいつの時代も私たちの好奇心刺激してやみません。このようなUFOの謎が、少しでも解明される日が来るといいですね 
参考 : livescience, wikipedia, など
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました