ブログ記事をYouTubeでらららが配信しています!

グランド・キャニオンの謎 ~地下に眠る未知の文明~

グランド・キャニオンの謎 ~地下に眠る未知の文明~ 地球
グランド・キャニオンの謎 ~地下に眠る未知の文明~

 

アメリカ合衆国のアリゾナ州北部広がる雄大な景観で有名なグランド・キャニオンは、長年にわたるコロラド川の浸食によって削り出された、全長446キロメートル最大29キロメートルの峡谷です。

うした素晴らしい自然愛されているグランド・キャニオンには、はるか昔に滅んだ文明の遺跡が峡谷の地下に残っているという噂があるのです

今回は、もし噂が本当であれば従来の歴史観が覆されてしまう可能性がある、グランド・キャニオンの謎を ご紹介します。

 

LALALAちゃんねる!の動画で見る
スポンサーリンク

古代文明の証拠

1909年4月5日アリゾナガジェット紙記事に、スミソニアン協会のサポートを受けている言われる2名の考古学者、ジョーダンキンケイドが、グランド・キャニオン東側地域の洞窟から、すでに滅んだ古代文明の証拠つけ、とあります

崖下(がいか)で洞窟を発見

彼らは、洞窟の入り口は自然環境が過酷なエリアの、急峻(きゅうしゅん)な崖の450メートル下にあったと主張しています。

キンケイド氏は、小型船に乗ってコロラド川を下っていた時、エル・トバー・クリスタル・キャニオンから70キロメートル進んだ東の壁の上に川からは隠れて見えな洞窟を見つけたのです。

洞窟の入り口から洞窟に人が暮らしていた頃は川の水面だったと推測される所まで階段が続いていたと言います

スポンサーリンク

複雑に続くトンネル

洞窟の中は、人が手で掘ったような複雑なトンネルが続いていました。主通路の幅は約3.6メートルで、奥に進んだ一番狭い所で2.7メートルったと言います

入り口から17メートルの所に最初の分岐点が現れ、地中に1.6キロメートルった場所広間があり、その広間から放射状に広がる複数のトンネルの先には入り口楕円形のドアがあり、丸い通風孔のある部屋が数多くりました

壁の厚さは大体1.8メートルほどあり、部屋の天井の多くは中央収束する造りだったようです

東洋の文明に由来する遺物

洞窟内寺院で見つかった武器銅製器具、像、飾り、瓶などの遺物東洋文明が起源と考えられるものらしいのです。

入り口から30メートル以上にある十字型のホールでは顔がブッダに似ていて手に蓮の葉や百合を持ち、脚を組んだ神像や絵見つけられました

また、大理石のような石でできたサボテンが像の台座の両に置かれていましたさらに別の部屋からはエナメルやガラスなどで加工され美しい意匠が施された壺や銅杯も見つかりました。

他には、穀物庫もあり、そこからは数種類の種子も見つけらした穀物庫に入ることのできる上部屋根の縁には梯子がかけられるようになっていたこと分かっています

スポンサーリンク

ミイラを安置する棚

洞窟で見つけられた、ひときわ大きな空間ミイラを安置するために、石の壁を削って35度くらい後ろに傾斜させ段になった棚が作られていました

頭の部分は小さな台に乗せられ周りには銅杯や剣などが設置され、一部を除いて樹皮でできた布で巻かれたすべてミイラ男性ったのでこの空間は兵舎として使われていた可能性も考えられます

設備が整った、広大な「地下都市」

この洞窟は兵舎の他にも食堂などが見つかるほど十分な広さがあったためキンケイドは、この「地下都市」5万人が生活できるだろうと推測しています

スポンサーリンク

古代エジプトに由来する文明

この「地下都市」古代エジプトに由来する文明を発達させたもので、ネイティブ・アメリカンりも前から存在し考えられます

象形文字が刻まれた石板を解読できれば、北アメリカ先史時代の人々の正体やその時期、持っていた技術などの謎が解明されるはずです

の暁には、エジプトとメリカ合衆国ナイル川とコロラド川が、小説家ですら想像できない歴史の連鎖繋がることになるのです

フェイクニュースの可能性

グランド・キャニオンの地下に存在する、古代エジプトに由来する都市話は極めてセンセーショナルなものです遺物や遺構の写真など、この話を裏付けるものはほとんど無く、キンケイドが実在の人物なのかどう証明できていません

キンケイドスミソニアン協会に回収した遺物を搬入したと主張していますが、スミソニアン協会はワールド・エクスプローラーズ・クラブで「北アメリカや南アメリカでエジプトの遺物が発見された事例は一切なく、当協会がこうした発掘に関与したことは一度もありません」と、述べています

証拠報告内容もあまりにも突飛ものなので、作りである可能性はかなり高いと考えられます一方で証拠が全く無いにも拘らず地下文明存在に関する話が忘れられることなく、これまで様々なメディアで取り上げられてきているのも事実です

スポンサーリンク

「洞窟」は、秘密結社の本拠地か、「レプティリアン」の根城

地下文明存在信じる人たち嘘をついているのはスミソニアン協会、現在の歴史パラダイム維持、継続のために遺跡発見に関する証拠や記録を隠滅したとっています

さらに洞窟の存在を証明できるという人物まで現れました。例えばジャック・アンドリューズという人物1972年に場所を突き止めたと語っていたのですが、実際には具体的な場所について謎めいたヒントを残しただけで、明言していません

ジョン・ローズという人物も1909年4月5日アリゾナガジェット記事にある「洞窟地下施設の場所を知っていると主張していましたが、は相当口が堅く口を開いても、その場所は秘密結社の本拠地になっているため武装した警備員が常駐しているということすだけでした

一方、奇抜で風変わりな説を提唱するデーヴィッド・アイク氏は、キンケイド見つけた「洞窟レプティリアンの根城となっている、という説を主張しています。

1999年に出版した著書「大いなる秘密」で、アイク氏1909年にキンケイドによって、グランド・キャニオン付近でエジプト・ギザの大ピラミッドに勝るとも劣らない精度で構築された「地下都市」見つかったことに触れ、調査隊を率いたジョーダンの報告として、その「地下都市」の規模万人が生活可能なくらい大きく、東洋、恐らくエジプトに由来するミイラ見つかった書いていました。

さらに、アイク氏の調査結果として、それが別次元、つまり下位次元である第四次元ものだと判明していると言い、「レプティリアン」による支配と操作が画策されているそうです

謎の洞窟の真相

キンケイドが見つけたと言われている「謎の洞窟についての議論これから私たち人類の想像力を刺激し続け、衰えることはないのかもしれません。

「洞窟」や「地下都市」文明が伝説の通り存在するのであれば、私たちが認識する歴史がガラリと書き換えられることは確実ですが、現実的な証拠が一切無いことを考慮すれば新たな陰謀論の出処程度にしかならないのかもしれません

 

いかがでしたか
グランド・キャニオンの地下に文明の遺跡あったという噂には、本当にらかの真実が隠されているのでしょうか?それらの文明を持った「地下都市」本当に存在するのだと仮定すれば、それは一体どこにあるのか?そしてその「地下都市」で暮らしていた人々は一体何者なのか?疑問が尽きることはありません。
参考 : mysteriousuniverse, など
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました