ブログ記事をYouTubeでらららが配信しています!

地球の姉妹星「金星」~生命体発見の可能性~

地球の姉妹星「金星」~生命体発見の可能性~ 衛星
地球の姉妹星「金星」~生命体発見の可能性~

 

地球によく似た惑星であることから「姉妹星」と呼ばれることもある金星。質量は地球とほぼ同じくらいで、太陽系惑星の中で、2番目に太陽に近く位置しています。

大部分を炭酸ガスと窒素の分厚い大気と、有毒な硫酸を含む雲に覆われていて、大量の二酸化炭素の影響もあり、地表の平均温度は460度以上にもなると言われています。

私たち地球の生命には考えられないような環境ですが、この星に、生命が存在する可能性はあるのでしょうか?

 

LALALAちゃんねる!の動画で見る
スポンサーリンク

金星には安定した水が存在したのか?

40年前、NASAによって行われたパイオニア・ヴィーナス計画により、金星にはかつて豊富な水の海があった可能性が示唆されました。

しかし、本当に太古の金星の気候は、水が存在できるほどの安定したものだったのでしょうか? ゴダード宇宙科学研究所の研究者たちが、スイス・ジュネーブで開催されたEPSC-DPSジョイント・ミーティング2019で「地球の姉妹星」の気候についてひもといています。

ゴダード宇宙科学研究所のマイケル・ウェイ博士らはかつて水があった範囲を5つ想定し、シミュレーションする事にしました。

まずは、比較対象として地球に310メートルの海が存在するモデルと、158メートルの海で全体が覆われているモデルが想定されました。

5つのうち3つは現在の近世の地形を基にしており「土壌中に少量の水が閉じ込められている」「平均10メートルの浅い海がある」「平均310メートルの深い海がある」と言う状況を設定しています。

そのうえで、42億年前・7億1500万年前・現在の各時点の環境条件を三次元大循環モデルでシミュレートし、太陽放射や大気の成分の変化の影響を考慮しました。それによると、30億年間ほど、金星は50~20度の安定した気温を維持できていたことが判明しています。

しかも、驚くべき事に7億万年~7億5000万年前に放出された大量の二酸化炭素がなければ、その温暖な気候は今でも保たれていたかもしれないと言うのです。

スポンサーリンク

地球にそっくりな惑星が太陽系に存在した可能性

これまで多くの研究者達が、現在の金星は太陽に近すぎるため、地球の2倍もの太陽放射を浴びており液体の水を保持することは難しいと考えていました。

しかし、今回の研究によるとどのシミュレーションでも液体の水が存在できる表面温度を保持できる事が分かったとマイケル・ウェイ博士は語りました。

金星が42億年前に誕生し、まもなく急激な冷却期を迎えます。その後大気はほぼ二酸化炭素で構成されるようになりました。

もしも、地球と同じよような進化を経ていたとすればケイ素岩塩によって二酸化炭素は閉じ込められていたと予想されます。

そして、7億1500万年前頃には地球とよく似た大気構成が生まれていたと言います。つまり、地球のような惑星が太陽系にもう一つ存在していたかもしれないのです。

スポンサーリンク

金星が地球と違う進化を遂げた理由

しかし、実際には金星は地球のようには進化しませんでした。火山活動が原因と思われる大量のガスの噴出により、金星の環境は大きく変わってしまったのです。

火山活動により噴出したマグマから大量の二酸化炭素が発生したことが可能性として考えられますが、そうしたマグマは結果固まり栓となり、発生したガスは再吸収されなくなってしまいました。

そうして二酸化炭素による温室効果が発揮され、表面温度が約460度という灼熱の惑星へと、金星は変化したのです。

スポンサーリンク

ロシアの科学者が見つけた生命存在の可能性

皆さんは「ベネラ計画」と言う旧ソビエト連邦が行なった金星調査プロジェクトをご存知でしょうか?

ロシア宇宙科学研究所の科学者レオニド・サンフォマリティ氏によると、その時に撮られた写真の中に、金星に生命が存在していた可能性を示す証拠が埋もれていたというのです。

ベネラ計画とは金星探査のために1961年から1983年までの間、16回にわたり惑星探査機「ベネラ号」が打ち上げられ、さまざまな初の調査が行われたものです。

この探査計画により、惑星からの映像の転送や高解像度レーダーによる地図の作成と言った画期的な試みも行われ、探査機は金星の撮影に成功しました。

しかし、多くの機械は金星の気温に耐えることができず、故障により不鮮明なものばかりでした。その後レオニド氏の手で最新の技術を応用した復元が行われ、解析されました。

スポンサーリンク

なんとその結果、地球外生命体と思われる物体が約18種類も写っていたというのです。レオニド氏は「トカゲやサソリのような小さな生き物がいたようです。

地球上の生物に似ていて、金星の地表とは異質な上に、画像によって移動しているので、生命体であることは間違い無いでしょう。」と発言しています。

他の科学者からは「画像ごとに生命体であると言われている物体の大きさが異なるのは何故か?」と言った指摘がされましたが、レオニド氏は「地球上の生物は水素を基盤にして生み出されています。

それに対して金星は摂氏460度もあるので、生物の特性も形状も異なるのでしょう」と答えています。実際に金星の生物がどのような姿をしているのかはわかりませんが、旧ソビエト連邦(現ロシア)は遅くとも2025年には再び宇宙探査計画を始動する予定だと言います。

果たしてその時、どんな調査結果を得ることができるのでしょうか?

スポンサーリンク

地球の月は金星の月?

夜空に浮かび、私たちにとって最も馴染みが深いと言ってもいい「月」。地球の月は1つですが、天王星には27個、土星にはなんと50個以上の月が存在しています。

同じ太陽系にあり、誕生の仕方も質量もほとんど同じなのに何故金星には月がないのでしょうか?そんな疑問に答える新たな説が浮上しています。

米カリフォルニア工科大学のデイヴ・スティーヴンソン教授曰くなんと「金星の衛星だった月を、地球が自分のものにしてしまった」と言うのです。

英ロンドンで開かれた「月の起源」 会議で発表されたこの新説で、地球の月の大きさがほかの惑星の月に比べて大きい理由も証明できると言うのがスティーヴンソン教授の考えです。

ただし、この説には筋の通らない部分もあります。金星の月だったとすると、地質学上月と地球が似過ぎているのです。この理由を説明するにはジャイアントインパクト説が最もしっくりきます。

これは45億6000万年前に、他の惑星が地球と衝突して2つに割れたことにより、小さい方が凝縮し月ができたとする説で、元々1つの星だったのだから地質も同じと言うものです。

また、惑星科学者のウィム・ヴァン・ウェストレネンは、45億年前に起こった地球のコアの大爆発で月ができたのだとしています。

どちらの説も、地球のカケラから月ができたと言っておりスティーヴンソン教授の説を否定しています。

 

いかがでしたか?
「地球の姉妹星」と言われるほど共通点のある金星。しかし地球の生命には、決して命を繋ぐことのできない環境を持っています。7億1500万年前、もしも地球と同じような進化を遂げていたとしたら私たち生命体の進化も違ったものになっていたかもしれません。過去、金星には生命が存在したと言う研究結果が数々発見されてきています。これからも新たな発見がなされていくことでしょう。実際に発見され、私たちが生きている間に目にする事が出来たらと好奇心が止まりません。

参考 :  Phys.org,Wikipedia.など

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました