ブログ記事をYouTubeでらららが配信しています!

脳に知識をアップロード ~アメリカの研究報告より~

脳に知識をアップロード ~アメリカの研究報告より~ 科学
脳に知識をアップロード ~アメリカの研究報告より~

 

普通に生活していても、ある日突然、新しいスキルが必要になるかもしれません。それは重要なプレゼンのスキルかもしれませんし、あるいは非日常的で緊迫した状況での戦闘スキルや爆弾解体スキルが求められるかもしれません

これまで そのようなスキルは一朝一夕で身につくものではないと思われてきましたある研究グループが、新しいスキルを身につけさせるために人間の脳に情報を直接アップロードする方法を開発したと主張しているのです。

果たしてそれは、一体どのような内容なのでしょうか。詳しく紹介していきます。

 

LALALAちゃんねる!の動画で見る

 

スポンサーリンク

脳を電極キャップで刺激する 

HRL研究所のグループ、限られた効果ではあるものの、学習効率が向上する方法を開発したと専門紙に発表しました。

発表された研究では、まず飛行機操縦時のパイロットの脳の電気信号をデータとして記録して、次に飛行機の操縦経験がまったく無い素人に電極が取り付けられたキャップをかぶせ、記録したデータに基づく刺激をに流し込みながらフライトシミュレーターで練習させる実験行った結果データに基づく刺激を受けたグループは、刺激を受けていないグループよりもフライトシミュレーターの成績が33パーセント優秀だったそうです

「神経可塑性」を狙った実験 

この実験を行った研究グループのマシュー・フィリップス博士によれば人間の脳において言語や記憶を司る特定の機能は、小指の先程度狭い領域に位置していると言います

そして、学習するとき「神経可塑性」というプロセスを通じて、この特定の領域における神経細胞同士の結合が増加するという物理的な変化が生じているそうで、この「神経可塑性」という変化こそが電極キャップによる狙っているものだそうです

フィリップス博士は、この学習強化システム技術が車の運転や外国語の習得などに応用されるだろうと考えています

 

スポンサーリンク

古くからある「新しい方法」 

この「脳を刺激する」方法は、実はかなり古くから存在し例えば約4000年前の古代エジプトでは発電する魚を使って頭を刺激し、痛みを和らげる治療法があったそうです

この他、18世紀のアメリカの政治家であり物理学者でもあったベンジャミン・フランクリンも、頭に電気を流していたことが知られています

このように古くから電気によって刺激を与える方法がある一方、実際に研究が盛んに行われるようになったのは、2000年代に入ってからのことです

人間の意識をAIにアップロードする 

スウェーデンの葬儀屋が故人に関する情報を人工知能によって網羅し、故人の生き写しのような受け答えができるボットプログラムを開発中であるというニュースがありました。 

そして、グーグルのエンジニア部門レイ・カーズウェル氏によれば、今後30年以内には人間の意識をアップロードすることで故人を蘇らせるAIクローン技術実現が可能だそうです 

スポンサーリンク

人間の意識を記録したAIロボット 

科学技術が著しく発達した、脳内の神経細胞の位置を極めて正確に確認することができる上、30年以内に発明されるとされている血液に注入可能なスキャニング技術を合わせれば、人体の全てのマッピングが可能となります 

さらにナノボット技術を使えば、人間の性格や意識までもが正確にマッピングすること可能となります 

日系アメリカ人3世で、理論物理学者であるミチオ・カク博士によるとそう遠くない未来、人間の記憶や意識をそのまま機械にすることが可能とり、結果「人間は不死となるそうです 

今の若い人はいずれ、記憶や意識をAIに残した人間とコミュニケーションをとることになるのかもしれません。

2045年は脳へのアップロードが実現する技術的特異点となるのか 

「技術的特異点」とは、人工知能などの科学技術の発展によって、人間の能力を著しく超越する知能を有した機械が登場する時のこと、あるいはその出来事そのもののことです。 

また、人工知能と融合した人類の思考速度が生物学的な限界を超越し、現在の人類から見て、人類の進化速度が無限大に到達したと感じられる瞬間のことでもあります。 

人類の進化速度が無限大になることはありませんが、進化の速度が極限となることで数学的な特異点と同じ様に見えるため、「技術的特異点」と名付けられました。 

グーグルの技術部門責任者で発明家でもあるレイ・カーツワイル氏は、「技術的特異点」を2045年とし、この時までにテクノロジーが人類の脳力を凌駕する「超知能」を作り出すと考えているそうです。 

「ムーアの法則」に則れば、コンピューターの演算性能は隔年で2倍向上し、DNAシーケンシングや3Dプリントなどのように指数関数的に発展する技術分野は他にもあることから、人工知能の分野においても急速な進歩は不可避と言えるでしょう。 

カーツワイル氏は、人間の脳の機能をシミュレートする演算性能を控え目に見積もっても、2045年までには知能を10億倍まで拡張することが可能だと言っています。 

スポンサーリンク

人工的に脳の働きを補う仕組み 

米カリフォルニア大学バークレー校のホセ・カルメナ氏とマイケル・マハービズ氏は、脳の運動野が発する神経シグナルを記録できる錠剤ほどの大きさの装置を開発中で、この神経シグナルをコンピューターで解析することで、義肢などの操作が可能になるといいます。 

また、南カリフォルニア大学のセオドア・バーガー氏は、脳コンピューター・インターフェースを新しい次元に引き上げるため、人工記憶装置を開発し、短期記憶を長期記憶に変換する海馬の一部として活用しようとしています。 

この装置の主な仕組みは、まず短期記憶を長期記憶に変換する際の電気的活動を記録し、これをデジタル化します。 

次に、デジタル化されたシグナルをコンピューターで処理した後、脳に再入力することで長期記憶として固定するというものです。実際、マウスやサルの実験ではすでに成功していて、現在は人間で研究が進められているそうです。

精神を肉体から「転送」する 

弁護士や著作家といった多彩な才能を持つマルティーヌ・ロスブラット女史は、バイオテクノロジーの究極の目的は死を終わらせることだと考えているようです。 

彼女は「心のクローン化」を提唱していて、具体的にはフェイスブックのようにインターネット上に人格をデジタル化して「心のファイル」として保存するもののことだと言います。 

果たして、これが生きていると言えるものか否か、疑問が残るのも事実です。しかし、彼女は生命を「無秩序にならないよう自身を維持する自己複製コード」と定義し、ハードウェアもソフトウェアも、生物的物質と同様に優れたものなのだと言います。 

これに対して、心とは生身の体に留まるものであると論じ、彼女の見解を「不気味なデカルト主義的二元論」とする批判もあります。 

スポンサーリンク

脳とは「量子論的な世界」 

れまで紹介してきたように、や心に直接情報をアップロードする技術に関する研究が着々と進められている一方で、脳を単なるコンピューターのような機械同一であると解釈することに反対する研究いることも事実です 

その一人、ックスフォード大学の物理学者ロジャー・ペンローズ氏は私たちの意識というものは宇宙の裾野から発生した量子論的現象だと説いています 

ペンローズ学派』と言われる人々は、脳情報のアップロードには量子コンピューターが必要だと考えているようですが、これ2045年までに開発ことは相当困難なようです 

 

いかがでしたか?
 これまで紹介してきた「脳に直接、情報やスキルをアップロードする方法」、労せずして学習を完了できるソフトウェア開発への第一歩となり、本当に私たち人間にとって幸福な未来をもたらしてくれるのでしょうか?「攻殻機動隊」や「マトリックス」のようなSFの世界が実現するのか2045年を待ちましょう
スポンサーリンク

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました